スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑いのツボ

デイやショートで、また、老健や特養といった施設では、原則、利用者・入所者の方は「佐藤さん」「鈴木さん」と名字で呼ばれていると思います。母のホームでも、もちろんそうなのですが、母の入所にあたり、特別に母のことは名前で呼んでいただくようにお願いしました。
母は若い頃から、親戚や姉、友人から名前で呼ばれていて、私達姉妹や私の夫と義母、妹の子供たちも、母のことをよく名前で呼んでいたことから、母は名字で呼ばれるよりも名前で呼ばれた方が、自分のことだと分かり、また名前で呼んでくれる人は自分の味方、親しい人であると認識できるだろうと考えたからです。
理由を話すと施設長さんは快く承知してくださり、入所当日に母を必ず名前で呼ぶように、とのお達しをスタッフ全員に回してくださいました。

あれから3ヶ月余りが経ち、以前は無反応のことが多かった母が、最近名前を呼ばれると、ほぼ反応するようになりました。それも「ハイ~」と妙な調子をつけて、声がした方に顔を向けます。これもスタッフの皆さんが心をこめて母の名前を呼んでくださった結果だろうと、とても感謝しています。

もうひとつ、これも最近のことなのですが、母は突然「笑いのツボ」にはまったかのように笑います。
特に私が可笑しなことを言ったわけではないのに、「ククッ・・」とか「フフッ・・」と小声で笑い始め、しばらく笑いが止まらず涙目になったりしています
昨日は突然「スリッパ」と言いだした後、笑いのツボにはまっていました。

余所の人から見たら、何でもないところでいきなり笑い出すなんておかしい、気味悪い、と思われるでしょう。まぁ、認知症の人の行動は、健常者と異なるという意味で、既におかしいのでしょうが。。。

私にしてみれば、口癖のように「コワイ」「コワイ」と言っていた母が、たとえ意味不明であっても、笑ってくれる、それも涙目になるほど笑う、きっと母の世界で何か可笑しい?楽しい?ことが起きているからだと思うと、とても嬉しいです。

最近、母に会って帰る道、心が軽くなっていると感じます。母をホームにお願いしていることに対し罪悪感とか後ろめたさは常にあるのですが、それとは別に、母と過ごした時間そのものが私を元気にしてくれるようです。
いつも良いことばかりではないと思いますが、こういう状態ができるだけ続いてほしいものです。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

笑顔はよいですね

こんばんは~!

お母様が笑って過ごせて…いいですね。こちらまで笑顔になります。笑いのツボでもなんでも、本当に爆笑してくれるのって嬉しいですよね!
認知症の方って、表情が堅くなりがちな気がするんで、尚貴重で嬉しい。
お母様と良い距離感で穏やかに過ごされているんですね。涙出そう。母が持つ安心感って偉大ですよね。

幸せな気持ち♪

いつも良いことばかりではないけれど、時々、こうして、笑顔をみられることは、本当に幸せな一瞬ですよね。
笑っている時には、脳の前頭葉は活性化して、いろいろな所に良い指令を出すようですよ♪
笑顔がでていらっしゃるということは、施設の方に溶け込まれて、良い心の状態になられたのでしょうね。
母は本当に何時どんな時でも、元気をくれますよね。
良かったですね。私も、とっても嬉しいです^^

NoTitle

本当に嬉しいですね。
私が特養に毎日通うのは母を笑わせるためで、うまく笑ってくれているときは食事や排便・排尿がスムースにいきます。
頭がハッキリするほど笑いの質も良くなりませんか。
8月にセロクエルを止めて24日からハーフを3包にしているのですが、日曜日にTBS系の番組で、「サスケマニア」を見ていた母が、選手が失敗するたびに声をあげて大笑い。これまで薄笑いや含み笑いはあったけれど声を出してというのは3月以来でした。
今日の夕食もクック笑いながら他の方のペース+5分で終わり、これで強いパーキンソン症状と噛みつきや頭突きがなければ私も癒されるのですが…
私も翡翠さんから元気を頂いて頑張ろう。

NoTitle

翡翠さん おはようございます。

A施設では 下の名前を呼んでいただいてますがT施設では苗字で呼ばれてます。
そのことでT施設に下の名前で呼んで欲しいと頼んだ所・・
良い返事ははもらえませんでした。
ここでは皆さん苗字で呼んでおられ、義妹だけを下の名前で呼ぶと、利用者さんの家族から色々いわれるそうです??なんで?と思います。
同名の方がおられた場合 どうするの?って思います。
笑いのツボ・・・・うちもあります 全然会話とは関係ないことで大笑いしたり・・・でも怒るよりいいか? 以前は急に怒り出すことがおおかったので、笑うと言う事は心が穏かになったのではと思ってます。

皆様どうもありがとうございます♪

シマちゃん

どうもありがとうございます。認知症が進行してくると無表情になりますよね。だから、笑ってくれるだけで、本当に嬉しいですね。
お互い、「母」との時間を大切にしていきましょうね。

hiroさん

そうなんです。調子が悪いときは、こんな日もあるさ~と気を取り直し、笑顔があったら、素直に嬉しいと喜びたいと思います。
母もようやくホームに慣れてきたと実感しています。どうもありがとうございます。

mizuhoさん

本当に毎日お疲れさまです。お母様、テレビを見て声をあげて笑って・・・嬉しいですね!
一喜一憂、まだまだ難しいこともありそうですが、少しずつ頑張っていきましょう。
mizuhoさんがいつもお1人で頑張っておられることが、私にもとても励みになります。
でも、どうぞご自身の健康にも気をつけて無理なさらないでくださいね。

うさぎさん

そうですか・・・名前で呼ぶことに難色を示すところもあるのですね。もう少し利用者それぞれの立場に立ってどうしたら一番良いかを考えてくださると良いのですが、難しいですね・・・
私達には理由が分からなくても、きっと義妹さんも母も、何かを楽しい、面白いと感じて笑っているのでしょう。良い兆候と考えましょう♪どうもありがとうございます。

NoTitle

こんにちは、翡翠さん
「笑い」ってほんとうに大切ですよね。
私も、2階の自室で仕事をしていたりして、階下から父と母の笑い声が聞えると、安心します。
なんでもなくても笑ってしまう。
きっと箸が転がってもおかしいお年頃に戻ってしまったのかもしれないですね(笑)
お母様の状態がよろしいことで、翡翠さんの気持ちが少しでも軽くなるのであれば、言うことなしですよ。

NoTitle

絵莉さん

ご両親の笑い声が聞こえてくるって良いですね♪
そうか~「お箸が転がってもおかしいお年頃」かもしれません。今度、母に言ってみますね!
どうもありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。