スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6年の後に

ちょっと前置きが長くなってしまう話なのですが・・・

2003年早春、ずいぶん前からもの忘れがひどくなっていた母を、ようやくもの忘れ外来に受診させることができました。
その時偶然、同じもの忘れ外来で同級生のお母様が受診されているのを見かけました。
高校まで一緒だった同級生の彼女とは卒業後お付き合いはありませんでしたが、家が比較的近いので、現在は彼女の弟さんがご両親と同居されていて、ご両親ともご健在である位のことは知っていました。

病院には弟さんのお嫁さんが付き添って来られていましたが、そのお嫁さんが私の妹とその昔アルバイト先で一緒だったことがあるという関係(世間は結構狭いです・・・)で、妹が同級生のお母様の状況をお嫁さんから聞いてくれました。
もの忘れがひどくなり、半年程前から受診していること、同居の家族が積極的に外に連れ出して、いろいろ刺激を与えるよう努力をしていること、出来ないことが少し増えてきていること等々・・・
その後、母が病院には断固として行かないと言い出したため、その病院で同級生のお母様やお嫁さんにお会いすることはありませんでしたが、数年前まではご夫婦で近所を散歩されているお姿を何回かお見かけしていました。

今日、あれこれとしなければならい所用があり、仕事を早退して、車で出かけました。
家の近所のお総菜屋さんの前をで通ったとき、あっ!と思いました。
そのお母様がお1人でお総菜屋さんで買い物をされていました。一瞬ではありましたが、以前と全く変わらないようなお姿でした。何だか嬉しくなりました。
もの忘れといっても認知症だったとは限りませんし、認知症でも母と同じアルツハイマー型ではないかもしれませんし、母と比べること自体無意味なのですが、6年余りの間にすっかり変わってしまった母と、今もお1人で買い物ができる(ように見えた)同級生のお母様と・・・う~ん、と、正直、一瞬だけ考え込んでしまいました。私に足りなかったことは何なんだろうかと。

でも、そう考えたのはほんの一瞬だけです今となっては他の方と母を比べることは全く無意味なことです。
とにかく、同級生のお母様はお元気そうで良かった!どうか、できるだけ長い間お1人で買い物ができますように~と切に思いました。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

一瞬複雑になってしまったお気持ち、わかります。
何かが足りなかったとか、そんなことは決してないと思いますが。
私なんか、元気な高齢者を見るだけで、うちの父と母とこの人との違いは何か・・・・と思ってしまうことがあります(^^;
でも、そんなの意味ないですよね。
隣の芝生は青いもんですし(^^;
翡翠さんが、同級生さんのお母様の健康を祈ることができること、それが大事だと思います。

NoTitle

ありがとうございます。
少し、落ち着いてきました。
dekapomeの出来る範囲での介護をしようと。
まわりを眺めるとためいきばかりなんで、
我が家の芝生を見つめなきゃ。
雑草だらけです・・・

NoTitle

私も同じように感じることあります。母が父の介護をしていた時期に、もう少し母のサポートを私がしてストレスを軽減してあげていたら、違っていたんじゃないか・・・なんて。考えても仕方ないってわかっているんですけど。

最初に診断を受けた時に、「何が悪かったかとか、誰かが引け目を感じるとか、そういうこと、いっさいないようにしてください。これは病気なんですから」とお医者さんに言われました。ときどきその言葉を思い出しつつやっています。



どうもありがとうございます

絵莉さん

絵莉さんもそうですか~比べることに意味はないと分かっていても、どこが人生の分かれ目だったのだろう、なんて時々思ってしまいますね・・・
そう仰っていただき、嬉しいです。どうもありがとうございます!

dekapomeさん

書きこんでいただき、どうもありがとうございます。すごく嬉しいです。
どこのお家の庭も大小の差はあれ雑草がはびこっていると思いますよ~無理しないでくださいね。

まつこさん

今更言っても考えても意味ないことと分かっていても、そう思ってしまいますよね・・・親への感謝・愛情はあっても、自分の生活・人生も大事で、その結果がこれなのか・・・とつい思ってしまいます。

でも、お医者様のお言葉、認知症患者本人にとっても家族にとっても救いとなる言葉ですね。それでよいのかな~と私もまた納得です。どうもありがとうございます。

はじめまして

はじめまして、こんばんは。
シマ(´V`)と申します。

ほかの方と比べて考えてしまうお気持ち、わかります!と思ってコメントしています。
翡翠さんは一瞬のようですが、私はずーーっと考えてしまっています。まだ、考えてもしょうがないって割り切れていないのだと思います;
あ、若年性アルツの母を介護しているのですが。
どうしても母世代の元気な方を見る機会が多いし、認知症の方であっても、母の場合診断後1年の割には進行が早いように思い、何で?何が違った?とアレコレ悩んでしまっています(´V`;)

所で、間違っていたら大変申し訳ないのですが・・・
ひょっとして私のブログにコメくれた方ではないかな??と思っているのですが…URL記載したのでご確認いただければ…。
今朝、こちらのブログ読んでコメしようと思っていたのですが、今もう一度訪問したら翡翠(かわせみ)さんって読むのに初めて気付いたので、ひょっとして?と…。違ったらごめんなさい。

それでは失礼します。ほかの記事も読ませていただきます!


どうもありがとうございます

シマさん、お越しいただきどうもありがとうございます。
シマさんお名前とお母様のご病気のことは、うさぎさんのところで何となく存じ上げていました。
シマさんの場合は、お母様がまだお若いですから、そう簡単にはお気持ちが割り切れないこととお察しいたします。
私がシマさんの立場でも同じだと思います。

シマさんへのところにはおじゃましたことがないのですが、これも何かのご縁!?ですので、今後ともよろしくお願いします♪

NoTitle

つい 介護してると 他の人と比べてしまう事がありますよね

でも、それぞれ おかれてる立場や環境で介護のかたちも
違う・・・そうわかってても となりの芝生は青く 感じてしまいます(^^;
>どうか、できるだけ長い間お1人で買い物ができますように~と切に思いました。

この言葉に翡翠さんの優しさを、改めて感じます。

それぞれに出来る範囲が一番♪

歩んできたそれぞれの人生の中で、何が良いかは比べる事もできませんものね。

これから、自分に何ができるかを見つめる事

きっと、それぞれの立場で、その人なりの「一番良い形」を見つければ良いのですよね。


うさぎさんの仰ったように、私も翡翠さんの優しさ&心の広さを感じました。

人の事を気持ちを考えながら過す事は本当に大変な事ですね。

NoTitle

翡翠さ~ん、こんばんは♪

お元気ですかぁ~。
比べることの無意味。私もそう思いながらも、我が家も東京での介護ではなく、義母が生まれ育った町で介護してあげられたら進行は違ったかも?ほんとは、その方が一番いいことは解ってるつもりだけど、現状は無理。そんな思いが未だにあり、主人の妹さんから先日「東京に連れて行ったからひどくなった」と言われ、いつも、考えちゃいます。

皆さまどうもありがとうございます♪

うさぎさん

そうなんですよね~分かっていても隣の芝生は・・・なのです。
私はそれほど優しい人間ではないと自分では思っているのですが^^;;;うさぎさんのような方にそう仰っていただけると、少し救われたような気がします。どうもありがとうございます。

hiroさん

「これから自分に何ができるのかを見つめること」・・・はい、肝に銘じておきます。いろんな意味でそれが最も大切なことの一つになってきたように切に思います。
もし、私に優しさと心の広さがあるとすれば・・・それは母の介護を通して学ぶことができたのだと思います。

ほののさん

急遽プチ夏休みを取ることができたので、PC等電磁的媒体を敢えて避け・・・ご無沙汰でしたが、元気になりました♪
ほののさんの前向きな元気な姿勢にはいつも学ばなければと思います。私だったら、義妹さんのお言葉、キレてしまいます>やっぱり心が広くない自分・・・^^;;;
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。