スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

入所1週目

週末母に会ってきました。退院・入所から1週間足らずですが、肌にハリがでて、顔の表情もかなり穏やかになっていると感じました。
こちらの問いかけにも少しずつ反応が良くなっていて、母は、何か言いたいのだけれどうまく言葉が出てこない、という様子でしたが、これからもっと言葉は出てくるような気がします。
私がベッドの柵に顔をぶつけた時はクスっと笑っていましたし・・・

ただ、食事は自ら取ろうとはせず全介助、量も日によってマチマチのようです。
私が行ったときには、昼食は三分の二程食べさせましたが、一時間程かかってしまいました。
一時間も経つと母も同じ姿勢で座って食べていることに疲れてくるようで、結果失敗だったと思います
朝や昼に食事の量が少ない時には、途中の時間で、カロリーの高い飲み物やゼリー等補助食を出してくださるので、そんなに心配はしていないのですが、食事がしっかりとれて体力がつけば、もっといろんなことが出来るのですが・・とホームのスタッフの方も言ってくださっているので、できるだけ食事の介助には行きたいと思いますし、それなりの工夫ができれば良いのですが、何か良い案はありませんでしょうか。

母が入所してホーム側の対応に驚き・安心することもありました。

明日?それについて記しておこうと思います。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

翡翠さん

こんばんは。
おかあさん、落ち着いていたようでよかったですね♪
この一週間、心配だったでしょ?
なんとなくこちらの罪悪感みたいなものが、邪魔して・・・。

でも、
>ホーム側の対応に驚き・安心することもありました
きっと、大きな安心を得られたんだなぁ~って、うれしくなっちゃいました♪。
明日が楽しみ♪
明日、またお邪魔しま~す♪

食事介助

お母様はパーキンソン症状がないので参考にはならないかもしれないですが、母の場合1回毎に口に入れる食事の量は少なめにしています。

母のいる特養のスタッフはよくやってくれていると感謝はしていますが、人出がない、時間がないということもあるのでしょう、1回にスプーンにそそる量が多い。その結果?口をあまり開けない、スプーンを歯や舌でブロックする癖がついてしまいました。さくらんぼ大の物が口に入らないのです。
あるいは舌をうまく動かして食べ物を咀嚼する能力が落ちているようでもあり、飲み込まずにリスのように口にため込みます。
この春に入ってフルーツトマトが好きなのがわかり、1㎝角にして食べさせてみました。人間というのは現金なもので最近は少しなら3㎝くらいなものや、出来なくなっていたすするといったこともフルーツトマトのときは出来るようになっています。
母にはスプーン半分くらいの量を飲み込みを確認しながら食べさせることがいいようです。

NoTitle

翡翠さん お母さんのご様子・・読んでいて、私までほっとしました。
これまで、日々心身共に悪戦苦闘されてこられ、そして
今があるように思えます!
>できるだけ食事の介助には行きたいと思いますし
翡翠さんの 気持ちよくわかりますが、あまり無理なさらないでくださいね!
これまでの、お疲れがでないかと・・心配です!

NoTitle

翡翠さん

おはようございます。
今日も楽しみにしていますね♪
ところで、翡翠さんのブログ、リンクさせてもらっていいですか?

NoTitle

お母様、お元気そうでよかったですね~~
どちらかというと、環境が変わって気落ちなされてたりするのが普通かとおもっていましたが、なんと肌にハリまで出ているとは。
どんな魔法なんでしょう~~
ホーム側の対応の記事を楽しみにしてますね!!

NoTitle

ほののさん

母に会ってみて、先週一日一日過ぎるのがとても長く感じられたのは、疲れや忸怩たる思いだけでなく、母に早く会いたいがため週末が来るのが待ち遠しいという気持ちもあったのだな~と思いました。
これからまたホームでの様子を細々と書いていきますので、宜しくお願いします♪

mizuhoさん

早速アドバイスどうもありがとうございます。
実は書きそびれていたのですが、退院前から、母に薬剤性パーキンソニズムの症状が現れていて・・・現在抗精神病薬を止める方向へ進んでいます。
やはり好きなものは、頑張って食べられるのですね♪母は果物が大好きなので、そこから攻めたいと思います。

うさぎさん

どうもありがとうございます。うさぎさんが仰ってくださったとおり、母は夜ぐっすり寝ているようです(笑
母が良い状態で過ごせていると思うと安心して私も休むことができ、それで元気が出た分を母にまた力を注ぎこむことができれば~と思います。

絵莉さん

そうなんです!入所にあたりホーム側の対応に不安を感じることはありませんでしたが、それでも母自身はどう変化するのか心配していたのですが・・・取り越し苦労でした>苦笑
まさに魔法、プロの技なのだと思います。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。