スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特養入所

母は、明日(6月15日)>もう今日ですね特養入所することになりました。
例の夜なべ仕事(笑)をメインに、ここ2-3日準備に追われていました。

特養入所は、通常、住民票を自宅から特養の住所に移さなければならないそうで、これは施設の見学に行ったときに、初めて知りました。
こちらの特養入所のため、準備しなければならない書類は以下のとおりです。
・転出証明(転居届)
・健康保険証
・介護保険証
・年金証書又は支払通知書
・銀行口座用の印鑑
・現金(約1カ月分のホーム利用料相当)
・介護保険負担限度額認定証→母の場合は該当しないようです??

市役所での転出手続き、これに伴う健康保険・介護保険の変更手続き、銀行関係の手続き・・・現在の病院でお世話になった看護師さん・ヘルパーさん・ソーシャルワーカーさん、理学療法士の先生たちへ、せめて気持ちだけと思い、お菓子を買い・・・衣類や日用雑貨品等の準備・名前張り、名前書き・・・洗面器や歯ブラシ、コップその他諸々の備品には、防水のネームシールをPCで作成(これは単なる自己満足?)等等・・・大きな荷造りをようやく先ほど終えました。

最近自分のやることに自信がなくなり、何度も確認して、ようやく準備完了>大分アブナイ自分です・・・

昨日に続き、今日も病院に行きましたが、今日は明日の準備に時間がかかるかもしれないと思い、母のところにはあまり長居をせずに帰ろうとしたところ・・・母は私の手を握り「もう帰っちゃうの?」

母に時間の感覚(いつも私がいる時間と比べる)があるとは思えませんが・・・
淡々と入所の準備をし、でも罪悪感を感じている自分…母のこの言葉は嬉しかったです。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

お母様の入所準備、お疲れ様でした。やっぱりいろいろ大変なんですね。すごく参考になります。

罪悪感をお感じになる必要はないと思いますが、やはり少しずつ遠くに行ってしまうような寂しさはありますよね・・・。親の老いというのは、誰もが経験する普遍的な出来事ですし、認知症というのも比較的よくある病気ではありますが、自分にとってはたった一人の母親で、たった一回の特別な経験ですものね。いろいろ万感の思いはあると思いますが、お母様が新しい生活環境に慣れて、翡翠さんが心安らかに日々を過ごせるよう祈っています。

NoTitle

初めまして、ほののと申します。
実は、我が家は要介護3の義母を特養のショートステイに、3日前に連れて行ったところです。私は、まるで姨捨山に義母を連れて行くかのような何とも切ない気持でした。
そんな時ブログを読ませてもらい、もう気持が切なくみんな同じだ~と思いながら、みんな色んな葛藤を持ちながら頑張っているんだなって、勇気をもらいました。

お母様が、いいスタッフに恵まれ楽しく心穏やかな日々が過ごせますように!

NoTitle

もう、お手続き等終わりましたよね。
ひとまず、お疲れさまでした。

罪悪感は、もうしょうがないですよね・・・
でも、どこにいても、家族です。
お母様も、翡翠さんご自身も、新しい環境に早く慣れるといいですね。

ときどき思うのですが、介護は大変ですけれど、介護があるからこそ、こんなに親のことを一生懸命考えることがあるのだから、そういう意味では幸せでもあるのかな、と。
「そう思わなきゃやってられない」という側面もありますが(^^;

NoTitle

もう お母さんは施設でおられるんでしょね?

毎日の 夜なべ仕事 御苦労様でした。

お母さんが、施設での生活になれられるまでは

翡翠さんも、心配でしょうが・・・在宅でみるだけが介護
じゃありません(自分にも言い聞かせてます(´д`;))

翡翠さんお母さんに1日も早く穏かな日々がこられること
心から祈ってます。

皆さんどうもありがとうございます

まつこさん

そうですね・・・いろんな意味で少しずつ遠くに行ってしまうんだな~という寂しい思いはあります。自分だけが特別な状況ではないけれど、やはり自分のとって大きな意味のある経験なのだと思います。

ほののさん

お越しいただきどうもありがとうございます!
人それぞれ事情や環境、介護の段階も違いますが、皆同じようにその時その場で切なく、辛い思いをしていて・・・だからこそ、愚痴ったり、励ましあったり、元気がもらえるこのような場は有難いですね。これからも宜しくお願いします。

絵莉さん

ありがとうございます。無事手続きは終わりまして、何だか虚脱状態です(笑)
いろんな複雑な気持ちをずーっと抱きながら、これから新しい段階の介護にかかわるのだと思いますが、確かに介護がなければ、こんなに親のことは考えませんでしたね。私たち親孝行!?娘ですね~(苦笑)

うさぎさん

どうもありがとうございます。
介護の新しいステージに進んだと自分に言い聞かせ、母が早く新しい環境に慣れて落ち着いて生活ができること、そのために自分が最大限できることを今は考えたいと思います。うさぎさんもご自愛くださいね。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。