スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

面談

母の病院にて、特養の介護士長、看護師長、相談員の方々と面談してきました。

最初は母への質問です。
母は、自分の名前だけは何とか言えました。
年齢はもう自宅にいた時から分からなくなっていましたが、生年月日は少し前までは分かっていたのに、昨日は口から言葉が出てきませんでした。微熱と抗生物質のせいでボンヤリしているから、と信じたいです・・・

その後、母の生い立ちや性格、趣味、食べ物の好み、これまでの経緯等細かいことの質問を受けました。
また、家族から施設に望むことを聞かれましたので、3つお願いしました。

1.オムツ替えで非常に精神的に不安定になるので、可能であれば、トイレへの誘導を試して欲しい、上手くいけばリハパンまで戻せるかもしれないと私達は考えていること。
2.出来るだけ普通の生活に近い形で過ごさせたいので、日中は本人が疲れない範囲で離床、着替え、イスに座らせて欲しい。
3.フェルガード100の服用

施設側からは、現状維持が最低の目標で、母の場合はまだ若いのでQOLの向上をも目指したい、もともと、可能な限り自宅と同じような生活をすることを基本としているとのお話があり、こちらの要望は受け入れてくださるようです。
フェルガードについては、資料として、きのこエスポアール病院での報告書と老年医学に掲載された治験報告のコピーを持参し、自宅で母が服用を始めた時のことから説明したところ、興味をもって聞いて下さり、看護師長さんが、家族が切らさずに持ち込んでくれれば、必ず毎日服用させますと約束してくださいました。

現在の病院の看護師長さんから入院中の母の状況、現況の説明が施設の方々になされ、最後に入所までの準備について私が説明を受けて、面談は終了しました。
途中母は、ウトウトしていましたが、最後に施設の方が声をかけると、大きく頷いていました。
最終的な入所判定・決定通知は明日以降になりますが、これはもう形式的なことのようです。

昨日は妹が病院まで送迎してくれ、面談も一時間半弱で終了、大変なことは何もありませんでしたが、自宅に帰ってきたら、ものすごい疲労感におそわれ、へたりこんでしまいました。やっぱりトシですかね~
今日はもう元気になりましたが。。。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

お疲れ様でした・・・

面談、いろいろな不安と気遣いがおありだったことでしょう。大変な日々を過されて、お母様にとって、一番良い形となるように、一生懸命に考えてこられて、お疲れが出たのではないでしょうか?
病院とは違って、できるだけ、起こして、規則正しい生活に向けて、ケアを受けられるのですね。
お母様が、1日1日、スタッフさん達とも信頼関係を深められて、穏かな日々を過せますようにとお祈りしております。
お母様の笑顔を見られますように。
一歩一歩・・・・ですね。
少し、体を休めて下さいね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

おつかれさまでした。

面談とかあるのですね。
1回の面談では、わからないこともありますが、誠実な対応をしてくれそうな施設で良かったですね。
これから、ちょっとずつ、お母様も、翡翠さんご自身も慣れて、よりよい介護の形が見つかるといいですね。
あわただしくて慣れないことだし、不安や緊張もあるので、短時間でも疲れてしまうのでしょうね。
どうぞ、「たった1時間半なのに」と思わずに、ゆっくり休んでください。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

ずっと読ませていただいていたのですが、コメントもせずにごめんなさい。

一つ一つ変化があるたび、精神的にも大きなご負担でしょうけれど、お母様が新しい環境に慣れて、落ち着いて生活できるようになる日も、それほど遠くないことと思います。お体に気をつけて頑張ってくださいね。

お母様はフェルガードをずっと服用していらっしゃるのですね。私も母に毎朝、毎晩一包ずつ飲んでもらっているのですが、効果があるのかないのか、よくわからないのです。イチョウ葉のサプリメント、ローズマリーのアロマ、モーツァルトの音楽など、藁にもすがる思いであれこれ試してみましたが、とりあえず今はフェルガードだけ継続しています。

どうもありがとうございます!

hiroさん

デイやショートと異なり、今後の母の生活全てを委ねることになるので、自分でも気がつかないうちにかなり気負いがあったようです(苦笑)
仰っていただいたように、まずは母と私たち家族とスタッフの方々との良好な人間関係の確立があって初めて母が穏やかに過ごせる状態になるのだと思います。
焦らずゆっくり、でも一歩一歩前に進んでいくつもりです。本当にいつも温かいお言葉をありがとうございます。頑張る力が湧いてきます!

絵莉さん

いつもありがとうございます。いただくコメントに救われています。
入所する特養は30年近い実績を持つところで、各人の状態にあわせきめ細やかな対応をしてくれると聞き、母をお願いする決心がついたのです。
これからのことに不安はありますが、絵莉さんが以前仰ってくださった「次の段階に移行した介護」の良い形が早く見つけられれば良いな~と思います。

S様

コメントいただきどうもありがとうございました。S様のご経験をお聞きして、私の母も・・・と希望と勇気と元気が湧いてきました。
そして温かいお言葉に泣けてしまいましたが、同時に、とても嬉しくて、細々と拙いブログを書いてきて本当に良かったと思いました。焦らずに頑張っていきたいと思います。
S様もどうぞお体に気をつけて・・・これからもよろしくお願いいたします。

まつこさん

いつも励ましていただき、どうもありがとうございます。

イチョウ葉は私も母に試してみましたが、効果は分かりませんでした。まぁ~その頃は母も記憶力はかなりひどい状態であるものの普通に1人で日常生活を送ることができていたので・・・母の場合は少なくとも記憶力の回復はなかったです。
フェルガードは人によって効果の出方が違うようですね。母の場合は明らかに良く言葉が出る、反応が良くなる等の違いが分かりますが、これは母がかなり認知症が進んでしまったから分かることなのかもしれません。
まつこさんのお母様には、少しでも進行を遅らせるような効果が出ますように。。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。