スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自分なりに

皆さんからの暖かいお言葉や励まし、どうもありがとうございました。本当に嬉しかったです。
たくさんのお言葉をいただきながら、言い訳となってしまいますが・・・

mizuhoさんが書いてくださったように、施設に入れっぱなしなんてことはもちろんできませんが、特養入所は一応終の棲家として考えざるを得ない、母の住民票をいずれ自宅から動かさなければならないことにも、自分の気持がついていけず、心が落ち着かなかったこと、
日頃、エラソーなことを言っていた罰?が当たったのか?!我ながら信じられないのですが、仕事上で今までには考えられなかったような単純なポカ、うっかり忘れの大きなミスをしてしまい、ますます落ち込んでしまったこと、そして、こんな程度の仕事しかできないのなら、いっそ、仕事を辞めて母を自宅で介護した方が正しい生き方なのではないかと正直思ったこと、
おまけに自身の病院通い(病気ではありませんのでどうぞご心配なく、いずれ笑い話としてお話しできるかと)・・・諸々で、長い間放置の状態となってしまいました。申し訳ありませんでした。
でも、皆さんからのコメントに胸がつまり、とても有難く、思い出したように何度も読んでは泣いてを繰り返し、少しずつ立ち直ってきました。

hiroさんが教えてくださった施設入所をされて違う介護をされている方のところにも、こっそり訪問してみました。その他いろんな介護の局面を迎えている方の思いを読んだり聞いたりしました。
皆さん同じなのですね。自宅介護でも、遠距離介護でも、デイ・ショート利用でも、施設入所でも、人それぞれの介護の段階で葛藤・深い悩みや迷いがあること、その中で今自分ができることを精一杯やること、分かっていたつもりでしたのに・・・

まつこさんが仰ってくださったように、母は自身が定年近くまで仕事をしていて、寝たきりとなった自分の母(私の祖母)を自宅で介護できずに病院にお願いしたので、私が仕事を辞めたり負担を感じることは望んでいないであろうと思います。

結果、絵莉さんが仰ってくださったように、介護の次の段階に移行した、ということなのだと思うようになりましした。
まだまだ、気持は行きつ戻りつですが、また新たな段階に向けて頑張ります。
またどうぞよろしくお願いします。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

皆支え合っているんですね

翡翠さん、お早うございます。
自分の心に納得することがもしかしたら、一番大変な介護の一つなのかもしれませんね。一番要介護者を向き合った者が、心奥深くの所で葛藤をする・・・それぞれの環境で、それぞれの段階で。
そして、答えは、ひとつではなくて。でも、一番そばで考えている介護者の出した答えが、正解なのだと思います。
(自分にも言い聞かせて)
でも、人には言葉で言えてもいざ自分のこととなると悩み迷い、苦しく、悲しくなるのも事実なんです。悲鳴をあげたい気持ちになるのも事実なんです。

お互いに、介護者の介護者になって、みんなで支え合って、乗り切りましょうね。そういう存在は貴重ですよね。

翡翠さんにはいつも優しい言葉で励まして頂いて来ましたので、私も前に進めているんです。

どうか一人で抱え込まないで下さいね。きっとここに集う皆さんは自分のことにダブらせて、自分のこととして心配で翡翠さんを心の底から応援していると思いますので。

いろいろな事で精神的にもギリギリのところにいらっしゃる事と思いますが、まずは睡眠&食事・・・どうか、ご自身のために何が一番なのかも考えて下さいね。(翡翠さんが精神的にも体力的にも楽で居られる事)それが一番周りの方にとっても良いことなのだと思うから。


久しぶりの更新・・・嬉しかったですよ♪

NoTitle

落ち着かれたようで、良かったですね。
病院がよい、病気ではないとのことですが、大丈夫ですか?
ブログの更新なんかは、時間のあるとき、書けるときに書けばいいんだと思いますよ。
私なんて、放置なんてしょっちゅうですから(^^;

みなさん、いろんな局面でいろんな気持ちを抱えてらっしゃいますよね。
そんな記事を読んで、「あぁ、同じだー」と共感したり、未経験のことなら「そうなのか~」と思って読んでいたことが、あとで「これがあれかぁ」と思い当たったり。
ブログってすばらしいな、って思います。
ですから、介護形態が変わっても、ぜひ続けてくださいね。
気持ちが行きつ戻りつ。きっとどの段階でも同じです。
ブログで吐き出しつつ、ほどほどに頑張りましょう。

NoTitle

お久しぶりです。
私も かなり いろいろな葛藤をかかえています・・
しかし 自分にも限界があると 今 言い聞かせて
日々送っております・・・
皆 同じ思いなのですね・・・
いきつ もどりつ ですか

次の段階 すごく いい言葉です
心に 響きます。

嬉涙・・・

hiroさん

「自分の心に納得することがもしかしたら、一番大変な介護の一つなのかもしれません」というhiroさんのお言葉、あまりに優しくてまた泣けてしまいました。そう思って良いのでしょうか?・・・介護者としての自分がしたいこと、やらなければいけないこと。でも、できないこと、被介護者が今されたいこと、したくないこと、でもやらなけれならないこと・・・本当に難しいと思いました。
人にはそれが正しい!と言えても自分のことでは難しいというのは・・・その通りですね。
hiroさんの早速のコメント本当に嬉かったです。ありがとうございました。。。

絵莉さん

はい、どうもありがとうございます!
皆さんからの励まし&コメントをいただき、本当に泣いてしまい嬉しかったのです。ブログって本当に素晴らしいと思いました。
自分と同じレベルの介護、過ぎてしまった状況、実感できないけれどいずれやって来る未来の認知症の状態・・・
これからは、報告だったり過去の振り返りログが多くなるかもしれませんが、ほどほどに頑張って続けていきます。あ~ブログの世界でも一人ではない!って本当に有難かったです。

まめおさん

しばらくご無沙汰してしまいましたが、その後お母様の具合はいかがでしょうか?
言い聞かせ、行きつ戻りつ、次の段階へ・・・仕方がありませんが、わが母のこと、お互いに辛いですね。。



NoTitle

翡翠さん 少しは元気になられたでしょうか?

この間ははメールで失礼しました。

非公開の意味はなかったのですが、コメントの文字制限

では、いつも励ましていただいてた翡翠さんへの想いを

書きつくせなかったので・・・・・。

でも良かったです・・・ゆっくりゆっくり元気になってください・・・・翡翠さんの周りにはこんなにも沢山の、お仲間がいます  私もいれてくださいね!(笑い)

自分の心のために・・・

翡翠さん、

翡翠さんの疲れきった心のために、良いことを日々の中に取り入れる努力を忘れないで下さいね。
お母様ご自身のあれこれを考えてあげる事と同じ位の重さで、自分の心の声を聞いてあげて下さいね。

ご自分を大切にする事が結局は笑顔に繋がり、お母様へのいたわりの気持ちへと繋がって行くのだと、
自分自身へも戒めの意味でも、あえて言葉にしています^^
私も頂いた言葉ですが、
翡翠さんの出された結論が今の最善の方法だと信じてくださいね。応援しています。
仲間がいるって、本当に心強いですね。

NoTitle

うさぎさん

どうもありがとうございます。私の方こそ、うさぎさんの「お仲間に」に入れていただければ嬉しいですし、心強いです!

だいぶ元気になってきました~もう大丈夫です。

hiroさん

ご心配いただきどうもありがとうございます。こうして皆さんに励まされ、支えられ、本当に嬉しく有り難いです。

新しい段階に進む踏ん切りがつきました。
今の自分が置かれた状況のなかで、自分を大切に、そして母に出来るだけのことをしてあげたいと思います。まだまだ頑張れそうです♪

NoTitle

住民票のことで何とも言えない気持ちになったことは、私にもありました。「自分なりに」を見て、そうか翡翠さんもそうだったんですね。
特養って楢山節考の姥捨て山のイメージがどこかにあるから余計応えるんでしょう。
それと今回は皆さんのコメントを見てさらに熱いものがこみ上げてきました。

母には今夜も叫声を上げられ、噛みつかれて帰ってきました。でもこの数日、不思議と深く落ち込むことはありません。

このブログを見て泣いたからかな。実は大泣きしたのです。

人生思い通りにいかないことばかり。翡翠さんは愚痴らないから私がいうけれど、ショートの対応がもう少し良ければこんな辛い思いをしなかった。そんなショートに入れたのがご自身だから余計苦しまれたのでは?
でもはたから見ていると翡翠さんはスゴイんですよ。経験した人でなければ分からない壮絶な自宅介護を乗り切り、肺炎の後も諦めずリハビリ病院を見つけ、医療機関がバックにある特養も見つけたのだから。
お母様に最高の看護、介護をされてきた。私はそう思います。

辛い時は泣いていいんですよ。思考停止にさえならなければ道はあるんだ。凡ミスをするからと言って仕事をしないより、これまでの仕事はされた方がずっといい。百点を採れず、それが十点でも積み重ねていくことが人生←自分に言い聞かせています。
最善、最善でいきましょう。

















NoTitle

mizuhoさん

どうもありがとうございます。
私の本当の気持ちを私自身より的確にmizuhoさんが仰ってくださっているように思います。
後悔あり、忸怩たる思いあり、迷う気持ちあり・・・でも、思考も行動も止まっているわけにはいかないですよね、自分自身のためだけではなく、母親のためにも。
失敗も後悔も経験も積み重ねていくのが人生・・・普段分かっているようなつもりになっていますが、実は本当に理解して実践して生きていくには重い言葉ですね。。。

お母様、一時期落ち着いて穏やかに過ごされていたようでしたので、またそのようなサイクルが早くやってきますように。

皆さんからのコメント、本当にありがたいですね。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。