スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通知不要

母の高校時代の同級生の方から「さつき会」という会のお知らせが届きました。
同級生が何年かに1度集まる同窓会&懇親会のようですが、私の記憶では、昔から母はそれほど熱心に参加していなかったように思います。はがきに書かれた同級生の方々のお名前も何となく私の記憶にある程度で、今現在お付き合いはありません。
もちろん、5月に開催されるその会に母は出席できませんが、はがきに「今後の通知が不要な方はその旨をお知らせ下さい」と書いてありました。

うーん、悩みました。この先母がそのような会に出席できる見込みはまずありません。
だとすれば、今後の通知は確かに不要です。が、「通知不要」のお知らせは、今までの人生の中で母が築いてきた世界や社会との繋がりを断ち切ってしまうように思えて、ちょっと抵抗がありました。
考えすぎ?感傷的すぎ?

冷静に考えれば、今後の参加が不可能な以上、お知らせを送っていただくことは通信費や紙の無駄であり、余計なお手間を取らせることになります。
結局、母は現在療養中で社会復帰が難しいことから今後のお知らせは不要である旨を、今までお世話になりましたというお礼と共に、娘の私からという形ではがきに書いて投函しました。

この手のことはこれから何度も繰り返されることでしょうね。。








にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

翡翠さんこんにちは。

着妹も、4~5年前 以前勤めてた会社のOB会がありました
その頃は、同じ事を繰り返すだけで、お友達の事もわかってる状態だったのですが、待ち合わせ場所には一人でで行く事は無理なので、色々口実をつけ義妹を待ち合わせ場所まで連れて行ききました・・・・お友達には事情を話しました。
それから、2年後また、はがきがきましたが、今回は義妹になり欠席のはがきをだしました・・・義妹は言えば行きたかったと思います。 しかしその頃の義妹は、友達の顔も名前もっわかってませんでした・・・・行けば、中には興味本意に義妹をみられるんじゃないか? 勝手に欠席のはがきを出した事に胸を痛めました。
すみません、コメなのに自分の事を書いてしまいまいた。
翡翠さんもお辛かったでしょね!

いいと思いますよ

翡翠さんの判断は正しいと私は思います。
そして、通知不要の連絡も心のこもった文章で送られたのですからそれで良かったのでしょう。
先日、我が家の義父にも似たような判断を求められることがありました。
知り合いの訃報が入ったのですが
義父は式場までの道のりがわからないと混乱し
最近太ったせいで礼服が着られないと・・・体裁を気にし
私が式場までは送っていくといっても
「・・・ただ知ってる人だというだけで親しいわけではない」などと言い出したので
主人と相談の結果、よほどの親しい人や親戚意外はもう葬儀への出席も困難なのかな?という結論に達しました。
その訃報の紙は隠してしまい、忘れてしまった義父には何事も無かったことにしてしまいました。

・・・仕方の無いことなのだとおもいますよ。

皆さん同じなのですね・・・

うさぎさん

話していただきどうもありがとうございます。
義妹さんの場合は、特にお若くてより現役に近いですから、哀しさ辛さもより一層だとお察しします。

クローバーさん

どうもありがとうございます。やはり、同じようなご経験があるのですね。本人のため、そして周りになるべく迷惑をかけないための決断、本当に仕方がないことですね・・・

お心のこもった返信でしたね。

葉書を投函される時、お気持ちが本当に辛かったことと思います。でも、今後の事を考えれば、致し方ないことですものね。今までの御礼の一言を添えられて、受け取られた方には、充分翡翠さんの思いが伝わってのではないでしょうか。
義母の所に届くそういう葉書はありませんが、葬儀等、お知らせ頂いても、義母には知らせずに居る事も多々ありますね。
一人では行かせられない場所が増える毎に、家族は心を痛めますね。

悩ましいですね

うちも、毎年秋に同窓会旅行があるんですよ。
去年は参加させたのですが、同行してくださった方に、ご迷惑かけまくりだったようなので、今年は参加させなくてもいいかな・・・とか思ってます。
直前に「行きたくなんかないんだよ」とか言われまくったので、なおさらでして(^^;;;
でも、父も友達の多い方ではないので、ちょっと心が痛みます。
翡翠さんのご決断、とても立派だと思います。
仕方のないことですよね。

通知不要・・・

お母さまの青春時代のすてきな思い出が
なくなるわけではないから・・・
いつまでも、お友達の心の中には、
可愛い高校生のお母様の姿が残っていくでしょう。
そう、思ってくださいね。

会合の幹事

翡翠さんの判断でよかったと思います。

私も介護関係の同期会の幹事を遣っていますが
案内だしても返事くれない人が割合多い。
届いた通知ははがき1枚でも、それを出すまでに
幹事は場所の確保やら大変な思いをしています。

連絡が無くとも勝手に欠席とも決められない。
毎回欠席や連絡が無いの嫌なものですよ。…
電話やメールで確認し…「あっ欠席です」なんて
言われると心の中で憤慨します。
表面は「次回は是非出席でと・・・」と言いますが。

一つの会は余り腹がたったので、解散したのですが
解散した途端「会が無くなって寂しい」の陰口が…

だったら幹事の立場にもなり連絡して欲しいですね。

どうもありがとうございます

hiroさん

お優しい言葉をありがとうございました。
この件以外にちょっと凹んでいることがありまして・・・思わず目頭が熱くなりました。

絵莉さん

お父様ご自身が行きたくないと仰るのであれば、意思を尊重して、とも思いますが、なるべく刺激があった方が良いこともあり・・・難しいですね。
母の場合は仕方がないと割り切れました。どうもありがとうございます。

dekapomeさん

あぁ~そのように考えれば良いですね!
世界を断ち切ったのではなく、良い形のままに残したと。そう言っていただき、心が軽くなったような気がします。

華之将さん

そうですね。おっしゃるとおり立場が変われば、きちんと連絡しなければ迷惑をかけるだけですものね。正しかったのだということで、納得できました。どうもありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。