スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母の家族調査?

母には遠方に離れて住む姉が1人おり、子供は同居の私とウチから車で10分程のところに嫁いでいる妹の2人です。散歩の時、母に聞いてみました。

私「お母さんのお母さんの名前は何だっけ?」母「○○」(正解!)
(この前は、祖母の名前が分からなかったので、今日は調子いいかも~でも、祖父の名前はもうでてきません。)
私「お姉さんの名前は何だっけ?」母「○○」(正解!)
私「どこに住んでいたっけ?」母「前は東京だと思ったが今は分からない」(今も東京です)
私「お母さんの子供2人の名前は?」母「多分そうだと思うけど・・・」
私「何?何?大丈夫あっているから言ってみて」
母「△△ちゃん(夫の名前)と○○ちゃん(私の名前)」
私「あっ・・・そうだったね」
(この前は、母の子供は私と姑の名前だったので、また半分正解!と・・・

伯母からはもう半年以上連絡がありませんし、妹は1ヶ月に1回位母のところに来ます。(このあたりのことはまた機会があれば書きたいと思いますが・・・)
毎日一緒にいる私達夫婦と姑がヘルパーさん(時々私、ヘルパーさんと間違えられます)であり、子供でもあるのかな~とりあえず母が私達を頼りにしてくれていればそれだけで嬉しいのですが

ところで、認知症の母に対して、こういう質問って本当はしてはいけないのでしょうか?
私には良く分かりません。
会話があまり出来なくなっている母の見当識障害がどの程度すすんでいるのか、もう、日時・場所まではほとんど分からなくなっているので、「最後の砦」の人の見当識がどの程度なのか、知りたいような知りたくないような・・・
本人に分からないことを無理に聞くのは良くないとも言われていますが、どうなのでしょう・・・


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。




スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

どーなんでしょうね??
答えられなくても「そうじゃないでしょ」とか言わなければ、いいんじゃないかな・・・とか思ったりしますが。
あと、わからなかったら深追いしない、とか。
父は、そのあたりどんくらいわかるか、怖くて聞けません(^^;
私の名前はわかっていると思うんですけど、たぶん字がわからないと思います・・・。

NoTitle

絵莉さん、ありがとうございます。否定や深追いはしていないのですが、どんなもんなのかな~と。。。

怖くて聞けないってお気持ちすごく良く分かります!
違う答えが返ってきたら、仕方がないと分かっていてもショックですもんね^^;;;

NoTitle

私も偶然、同じ質問を母にしました。
結果は、自分の両親の名前は覚えていませんでした。

きっと、これからもさらっと同じ質問を時々すると思います。
母に覚えていてほしいという願いをこめて!
追い込まないように、気をつけても、やっぱりやめたほうがいいのかな~??
悩みますね。。。

NoTitle

質問する事が良いのか悪いのかはわからないのですが、名前の見当識って結構気になりますよね。
でも、翡翠さんのお母様、子供の名前の中に2回とも翡翠さんのお名前を入れてらっしゃっててよかったですねv-290

私も親戚が集まったときに身内の名前を間違えられると少し困るので機会があれば私も質問してみようかななんて思ってます。

NoTitle

ヴァネッサさんもやっぱり同じことしてらしたんですね~ホッ(笑

忘れないでねっていう願いをこめて、聞いてもよいかもしれないと思えてきました。
絵莉さんも仰っていたように、こちらの聞き方とか対応の仕方を気をつければよいのかな~と。

NoTitle

狸庵さん、ありがとうございます。

母は私にむかって「○○ちゃん(私の名前)はどこに行ったの?」と聞くように時々なってきたのですがv-12、質問の答えには私の名前を挙げてくれたのでとりあえずは良しと(苦笑)

確認の意味でも聞いてみるのは必要かもしれませんね。

NoTitle

私もお勉強タイムの続きとして、少し話をしてもいいですか?と切り出してから、『お名前は?』『生年月日は?』『お子様は何人?』などと聞いています。否定は全くしないで。ウンウンって。間違っていても凄いネェなんていいながら、確認は心でしていればいいし、無理そうなら、義母の適当に続く会話へと流されて、無理やり質問には戻りません。コミュニケーションを取る取り掛かり程度で、本人が怒りやストレスを感じなければ、良いのではないでしょうか?わかったことは、年齢は言えないのに、生年月日がいえる凄さ、子供と兄弟とが一緒になっていること、ショートが4泊なのに、いつも2泊と思っていること、等等。思いもよらない方向に話が行って、新鮮な話が聞けることもあるので、ある程度の会話が成立する方で、良い雰囲気があるのならば、いいのではないでしょうか?案外、対応策を考えるのに、本人の認知度がヒントになる時がありますので。

NoTitle

hiroさんも「聞き取り調査」をされていらっしゃるのですね。なんとなく安心しました。。

たしかに、生年月日は分かるけど年齢が言えない、家が分からないと言うものの、家の番地は言える等こちらが驚くこともあります。
何げない会話で、本人が嫌がらない良い雰囲気さえ保てれば良いのでしょうね。
これからもたまにやってみます。どうもありがとうございます!
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。