スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

病院で励まされ?

週末の病院通いですが、午前中に行って暫く母と一緒に過ごした後、昼食のためにテーブルに母を連れて行き、時間があれば食事の介助をしてから引き上げます。
午後に行く場合、院内のイベントが何もない時は母のリハビリの時間にあわせて行くようにしています。

この三連休、母の様子はイマイチでした。
夫も2回一緒に行きましたが、いつもは夫が手を振ると母もぎこちなく手を振りわずかに応えてくれるのですが、今回は全く反応なし
私が持って行った写真や本にもあまり目を向けることはなく表情が強ばっているか、寝てしまうことが多かったです。まぁ、こんなこともあります・・・

病棟の食事用のテーブルは4人で一台を囲み、母のテーブルと同席の1人の女性は90歳ですが、見た感じとても若くてしっかりしていて、車椅子も自分で操ってテレビを見に行っていますし、私と目が合うと必ず笑顔で挨拶してくれます。
暫くの間姿が見えずに、気になっていたのですが、最近またお元気そうなお姿を見かけるようになり、あの笑顔をみると心が和みます(病院なのに元気そうな姿?というのはちょっと置いておいて・・・

隣のテーブルの女性4人は、母のいる病棟の中で最も元気そうな?グループです。
リーダー格のおばあちゃんは、母の車椅子がテーブルの間をうまく通れず私が困っている時など、「ほら、あんたの車椅子もっと前に引かないと後ろが通れないよ」と他のメンバー?に注意してくれますし、タオルたたみなどヘルパーさんのお手伝いもし、テレビを見ている時も何かと周りを仕切っています。

昨日の昼食時、そのリーダー格のおばあちゃんが「世の中辛いことばかりだけれど、頑張らなきゃ、頑張らにゃあね~」と繰り返し言っていました。もちろん、私に向けられた言葉ではありませんが、思わず大きく頷いてしまいました。

母の様子は相変わらず、良かったり悪かったりなのですが、病院でお会いするおばあちゃん達の言動に顔がほころんだり気持が和んだりと結構救われています。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

人生

リーダー格のおばあちゃんの言葉、心に強く訴えてくるものがありますね。
いつも頑張っていたら折れちゃって、今の私ならうつになってしまうから、人生最善を尽くしなさい、と言われているのなら本当にその通りだと思います。
どうせ負けるんだから思考停止というのが最悪だと自分に言いきかせています。実は何もしなかったことの後悔の方が私のような人間にはこたえることが両親介護の7年間で分かったからです。
辛いことがあると、なぜ自分だけがと思いますが、冷静に考えてみると何に気付ずいて生きていくかでその後の人生は大きく変わっていくものです。私は母に老人介護の勉強をさせられているんだと思うようにしています……まあその割にはひどい介護をしていますが。
翡翠さんにはリーダー格のおばあちゃんに人生を気付かされたのですね。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

勇気をいただけますね♪

頑張っていらっしゃるご老人達・・・いくつもの山を乗り越えてこられ、それでも尚「頑張らにぁね~。」とおっしゃるその気力に脱帽ですね。
介護生活から学ばせていただいた事は多く、人よりも少し早めに人生の先を考え、少しずつ、そのための準備をしておく事(気持ちの覚悟も含めて)の大事さも教えてもらったように感じます。
頑張って来たことは、一つも無駄もないように痛感しています。苦あれば楽ありですものね。

NoTitle

そうですね がんばらにゃ~ねですね
母も 日々出来ない事が増えてきて
とても 心が締め付けられる時が
あります・・・
がんばらにゃ~ね ですね・・・

NoTitle

mizuhoさん

おしゃるとおり、いつも頑張れではなく、今できる範囲で一生懸命にやらないと・・・ということなんだと私も思っています。
本当に、親の介護をするようになって気付かされたことがたくさんありますね。私も出来の悪い介護者ですが、何かを学びなさいという、天?からの声だと思っています。お互いぼちぼち頑張っていきましょう。。
あと別件、お気遣いいただきどうもありがとうございました。これからも宜しくお願いします。

hiroさん

頑張ってきたことは一つも無駄がない・・・良い言葉ですね。時々振り返っては自分のしてきたことに自信がなくなるのですが、この言葉を胸に刻んでおきます。
また一つ励まされました。どうもありがとうございます。

まめおさん

出来ないことが増えてきてしまったお母様、まめおさんのお気持ちはよ~く分かります。私も同じです。でも、まだ出来ることもあるはずで、一緒に笑うこともできるはずで・・・そちらに目をむけてまいりましょう。。がんばらにゃ~

NoTitle

翡翠さん こんばんは。

最近 コメさせていただいてなかったのですが・・・お母様いかがですか?
日により、お母様の状態も違うでしょうが、翡翠さんが行ってあげ、声をかけてあげるだけでもお母様は、心の中は穏かになられるのでは。
翡翠さんも病院通い、大変でしょうが、お身体きをつけてくださいね!・・・・いつも心の中で応援してます。

NoTitle

うさぎさん

いつもどうもありがとうございます!
母の調子がイマイチの時は、こんなこともある、となるべく気にしないようにし、母が笑ってくれたり反応が良いときは心から喜ぶ、と自分の気持ちもコントロールしています。
この週末の母は、ちょうど1つずつの引き分け?でした。。

こんにちわ!

久しぶりに お邪魔してます。
ホームの様子が伺えて ホッとします。 本当に ホームに 居ても 元気な?時は 安堵しますね。
頑張りましょ。。こちらも 気を付けながらね。

NoTitle

ぷいぷいさん

どうもありがとうございます。
ここのところ時間がなくてコメントまでできないのですが、時々ぷいぷいさんのところにもおじゃまして、読ませてもらっています。また宜しくお願いします♪
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。