スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

現状と今後の方向性

母が入院している介護療養型病院では、各患者に主たる担当看護師さんが割り振られていて、その看護師さんと家族とで介護計画を決め、病院内では担当看護師さんが中心となって各スタッフとカンファレンス、リハビリや治療等を進めていくことになります。
転院した際に、家族として今後の目標や希望を提出しておきましたが、入院して1ヶ月半以上が経ち、現状と今後の方向性を見据えた上での具体的な計画について、再度担当看護師さんからお話がありました。

現状: やはりバルーンカテーテルの抜去は今後も難しいようです。母は管と尿を溜める袋を抱えたままの状態で今後生活をしていかなければなりません。そして、それが母には認識できず、管を抜こうとしたりしているようです。
リハビリでは、立位の維持を目指している段階で、引き続き歩行訓練も続けるが、車椅子での生活の可能性も・・・
母の場合、身体的な能力はまだかなり高いものの、認知症のため自分が歩行のリハビリをしているという状況が分からず、毎回声かけして精神状態を落ち着かせ、そこでうまくいけばリハビリ訓練が開始できるという状態で、今後もかなりの時間を要する見込みのようです。
転院前に考えていた、そうなる可能性は高いけれどあまり考えたくなかった状況、がやはり母の現在の状態です。

今後の方向性: 母を以前のように自宅で介護をするのか、特養等施設への入所かと・・・
同じように転院前には、自宅での介護の限界を考えたくはなかったけれど、もうそれだけでは済まないかもしれない段階のようです。
心を決めたわけではありませんが、少なくとも、見学や申込み手続きを始めなくてはならないと思っています。
準備はしておかなければなりませんが、あまり先のことをあれこれ考えることはやめようと思います。

自分でもかなり意外なのですが、母の思わしくない現状にそれほど気分は落ち込んでいません。
悲しいけれど、メソメソするまえに出来ることをやらなければ・・・という感じでしょうか。

先月いったんド~ンと落ち込んで、やっと鬱々状態から立ち上がったことで、何となく肝が据わったというか、腹を括ったいうか・・・今自分が母に出来ること(母に会いに行って笑わせたり気持を落ち着かせたり、母との楽しい時間を過ごしたい)と、そしてしなければならないこと(施設の見学、要介護認定の区分変更申請(これ、ちょっと悩んでいます)諸々の準備だけは母と自分たち家族のために淡々と進めること)だけを考えています。

これも皆さまからの励ましのおかげだと思います。どうもありがとうございます。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

Comment

最善

いろいろな思いはあるかもしれないけれど翡翠さんはお母様に最善をつくしてきている。それでいいんですよ。
それにしてもパンドラさんと同じく翡翠さんも逆境の中でご自分を客観的に見つめる目をお持ちなのはスゴイことです。亡くなられたお友達が見守ってくれているのかな。
お母様、これから車いす生活の可能性が高くなったとしてもできるだけ立位が取れるようにしてください。ベッドから車いすの移乗、トイレ介助での介助負担が違うだけでなく便秘の悪化やじょくそうも防ぎます。バルーンカテーテルのことは「認知症を学ぶ会」でもう一度ひろし先生に相談してみたら。


NoTitle

翡翠さん 人間生きてる限り、悩みはつきないですよね!
でも、苦しい事だけでなく、嬉しいこともあります。
私は些細な喜びを励みに介護を続けていけたらな~。なんて悟った事をいいながらも・・・やはり現実は思うようにいきませんね(´д`;)
義母も在宅介護をしている時、訪問リハビリに週1回きていただいてましたが・・・・先生いわく、本人に良くなりたいと言う気持ちがないと、リハビリも効果はありませんといわれました・・・・認知なんだから無理です!リハビリした
後母は、いたがるばかりで、かえって不機嫌になるので1ヶ月でやめました。
翡翠さんがいわれた 今自分が出来る事 私自身は今、なにをすべきなのか考えて見ます。

NoTitle

お母様のご病状、本当に大変ですね。
お辛いお気持ちを切り替えて、前向きにお考えになる翡翠さんは素敵ですよ。

母というものは、生まれた時から最期のその瞬間まで、子供の私達にその生き様を見せてくれて、最期まで人生の教師ですよね。
生きている限り、生きられるように何かを考えてあげること。
生きている限り、その最期の一瞬まで、がんばり続ける事。
時として見ていることが辛く重く悲しくなったりしますが、私も、翡翠さんを見習って、「今自分の出来る精一杯」を頑張ろうと思っています。
生と死の狭間を何度か見ていると、心が徐々に強くなってくるのが解りますよね。応援していますよ。
くれぐれもご自身のお体も十分に休ませてあげて下さいね。

NoTitle

こんばんは。
記事を読ませていただき、「今、できること」と「しなければならないこと」だけを考えるというのは、介護のあらゆる段階で大切な原則なのだなと、改めて思いました。私もついつい「やりたいのにできないこと」を数え上げ、「しなければならなのにやりたくないこと」から目をそらして、介護ウツにはまってしまいがちです・・・。

お仕事しながらの施設見学など、お忙しいことと思いますが、どうぞがんばってください!

皆様どうありがとうございます

mizuhoさん

いつも具体的なアドバイスどうもありがとうございます。とても助かります。
決して諦めずに自分が出来る限りのことはやりたいと思います。これからもいろいろ教えて下さい。

うさぎさん

リハビリについては、懸念のとおりでした。本人のやる気がなければ・・・というのは当たり前ですが、何のためにリハビリをやるのか分からない認知症の母では、現状維持が精一杯なのかもしれません。
あらためて認知症って残酷な病気だと思います。

hiroさん

どうもありがとうございます。
自分で言うのも何ですが・・・やはり心が強くなったと思います。
常々、母の病気のことは、私にとって何らかの意味があり、そこから何かを学びなさい、という天からの声と思っていましたが、正に母そのものが教師なのですね。出来の悪い生徒ではありますが(笑)頑張りたいと思います。

まつこさん

そうですね~つい、あれもこれもと欲張って考えてしまいますが、結局出来なくて自己嫌悪・・・ということはよくありますね。
まつこさんの場合、遠距離ですし、お母様はまだまだ普通にお出来になるので、余計に欲張ってしまうのかもしれませんが、無理せずにお互い頑張りましょう。。。

ひとつひとつ

だいぶ、翡翠さんが落ち着いてこられたようで、よかったですね。
「今できること」「今しなくてはならないこと」というのだけ、考えるって正解ですよね。
今の翡翠さんの状況から比べれば、全然ラクな状況ですが、「父が認知症ではないか?」との疑いをもってから、認知症の受診、介護保険の申請や介護サービスの申込まで、そんな感じでした。
とにかく、やるべきことを一つずつ片付けていけば、ゆっくりでも前に進めると信じて、やってきました。
ときどきは、休むのもありだと思います。
焦らずに、ひとつひとつやっていきましょう。

本当に・・・

絵莉さん

時々は感情が爆発したり落ち込んだりもありますが、ひとつずつやるべきことをやって行けば、そのうちまた新たな道も開けるかな~という感じですね。。。

どの段階に限らず認知症家族の介護は、精神的な辛さが大きいので、こうして励ましあえることができるのが本当に救いとなります。どうもありがとうございます!

NoTitle

現状を見つめられて、その上で前向きに、腹を括った心持ちになられたようで、良かったです

母のことを思うとき、母と向き合うとき、
翡翠さんや、コメントに書かれていることを思います

こちらこそ、色々なことを教えてくださってお礼を言いたいです。ありがとうございます。

NoTitle

ナビコさん

そうおっしゃていただけると、とても嬉しいです。
未だあっちこっちとフラフラしながらの前進ですが、これからも励まし合って頑張りましょう。
また、お母様のご様子もお知らせくださいね。

NoTitle

区分変更は 一番先に やってしまわないと
4月になると 一段階 軽くされてしまうおそれが
あるとか 聞きました・・・
介護度3以上じゃないと 特養とかが
受け容れてくれないみたいですし、

今後 介護度4じゃないと・・・とか
いいだしかねないような 気がします・・・

考えすぎだと いいんだけど・・・

翡翠さん 無理を しすぎないで下さいね

NoTitle

まめおさん

区分変更の件、そうなんですか!知らなかったです。
どうもありがとうございます。
今の要介護4のまま、来年の更新時期までそのままにしておくべきか、区分変更申請をするべきか(もう5しかないと思うのですが)ちょっと考えているのです。。。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。