スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フェルガード100

「フェルガード」(米ぬかから抽出されたフェルラ酸と、薬用・食用ハーブとして用いられてきたガーデンアンゼリカ抽出物を主成分とする脳のサプリメント)が認知症の症状改善に効果があると言われています。
その効果や服用についてはいろんなご意見があるようですが、母が「フェルガード100」を飲み始めて2ヶ月が経過、その間の母の様子を記しておきたいと思います。

1.規定の用量である1日2包で飲み始めました。(アリセプト、グラマリール、レンドルミンも服用)
開始から4-5日目、母から今までより多くの言葉が出るようになりました。例えば、今までは話しかけても「あぁ・・・」という程度だったのが、こちらの言葉を繰り返しながら、或いは語彙は少ないですが自分の言葉で返事をするようになりました。と、同時に、非常に怒りやすくなりました。言葉が出るようになったもののその8割位は「怒り」の言葉でした。
更に数日後、夕食後にほぼ毎日「家に帰る」と言いだし、部屋と玄関の間をうろうろ、なかなか眠ろうとしなくなりました。帰宅願望発言は今までもありましたが、夜になるとほとんど言わなくなっていたのが、逆になりました。

2.飲み始めから2週間後、フェルガード100を1日1包に変えました。(アリセプト、グラマリール、レンドルミンも服用)
怒りの言葉が少し減ってきたように思いますが、服用前に比べれば依然として怒りっぽいです。
一日中ずーっと繰り返し言っていた「怖い」「分からない」が少しずつ減ってきました。
全く見なくなっていたテレビに少し反応するようになりました。

3.さらに1週間後、フェルガード100を1日1包のまま、アリセプトを少しずつ減らしていきました。(グラマリール、レンドルミンは変わらず服用)
「家に帰る」発言、子供時代に帰ったような発言、怒りっぽい状態は変わりませんが、少しの間、おとなしく座っていられるようになりました。「怖い」という言葉も減ってきました。以前は何を聞いても「分からない」でしたが、「これとこれどちらが良い?」と聞くと、一方を選ぶ回数が増えてきました。
外で履く靴とスリッパの区別がつかなくなりました。家の中を靴で歩いていたり、玄関の床をスリッパで歩く頻度が増えました。

結果として、
良くなったところ: 発する言葉が増え、反応が良くなった。口癖のようだった「怖い」「分からない」が少し減った。少しの間おとなしく座っているようになった。

以前より悪くなったと思うところ: 怒りっぽい。「家に帰りたい」発言が毎晩出るようになった。

??な点: 静かで穏やかな時、ご機嫌のよい時、急に怒り出したり、ご機嫌の悪い時が日々めまぐるしく変わっているように思える。モノに関心を示さなくなっていたのが、靴その他のモノを部屋に隠したり、台所に置いてあったバナナを囓ってあったり、奇異ではあるが行動的になった。

こんな感じなので、フェルガード100は引き続き服用して様子をみたいと思います。
フェルガードは65%の人に効果あり、というお話を聞きましたが、残り35%の効かなかった方々がどういう状態だったのか-症状が全く変わらない、興奮、怒り、見当識の悪化等々-を知りたいと思い、いろいろ検索中ですが、具体例はまだ見つかっていません。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 誰もが住みよい街つくりv( ^-^ )v
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

フェルガード100の中止例について

はじめまして。認知症ねっとでは拝読させて頂いておりました。
中止例ですが、「ドクター・コウノの認知症ブログ」2008/03/26『ANM176(フェルガード)の改善者124名の全容公開』,05/02 『ANM176(フェルガード)、フェルガード100改善者151名のプロフィール』からダウンロードした表の末尾 (緑に色分けしところ)にあります。
アルツかレビーか分からずうつ・老人性痴呆で7年目、預けたグループホーム2ヶ月で一気に車いす全介助となった83になる母は特養におります。フェルガードは昨年12月から100(2→3包)→NEW(3包)→100(3→1→0→2分の1→1包)。
NEWにして2ヶ月程で興奮しやすくなり翡翠さんのような注意深い調節をしなかったこと、看護師がフェルガードに不信感があるので100を増やせないでいます。
フェルガードの効果は薬並みで問題が起きたら2日ほど休み量を調整していくのだと学びました。向精神薬だと抜けるのに1月はかかりますからそれよりは安全でも処方の情報が広まって欲しいものです。
ドクターイワタのブログ、社長のブログのhokehoke先生の報告、パンドラのつぶや記、きじとらさんの報告は必見、ここに翡翠さんが入ったのは嬉しい限りです。
これからもよろしくお願いします。




管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

一応飲んでいますが・・・

けっこう、早い時期から効果(良くも悪くも)が見えていたのですね~。
うちは、全然です(^^;;;
相変わらず飲んでいますが、良くも悪くも効果ないですね。
アルツじゃないからとか、まだそんなにひどくないから、とかあるんでしょうけど。
もうそろそろ、最初に買ったのがなくなるので、また買おうかどうか迷っています。
アルツ予防にという意味で飲ませ続けるかどうか、という感じです。

どうもありがとうございます!

mizuhoさん

副作用に関する情報をお知らせいただきどうもありがとうございました。母にも思い当たる点が多々あり、納得しました。

なお、私はかなり前から認知症ネットには別名で会員登録をしていますが、掲示板で投稿されている「翡翠さん」とは別人です。
「翡翠さん」をあの掲示板でお見かけする前にこのブログを始めましたので、ブログ名を変更するのもちょっと面倒でそのままにしています。
紛らわしく、勘違いをさせてしまってごめんなさい。

悩んじゃいますね

絵莉さん

副作用と効果のデータを見て、母には良い点と悪い点の両方が出ていることがよく分かりました。

脳血管性のお父様の場合には、何の変化もないのですね・・・うーん。
アルツとの混合型になる可能性がないとも言えないので、予防という意味で飲ませるのも大切だとも思いますが・・・保険みたいな感じ??「全く変わらない」状態をずっとみているとちょっと迷ってしまいますね。

追記

そうですか。でも、これからもこうした情報を出して頂けるとありがたいです。
認知所症ねっとがおかしなことになっているので早めに追記します。100の副作用ですが[3499]にhokehoke先生のお母様にもあったことが報告されています。ご覧になってください。
母のことについて申しますと、飲み始める直前の状況は肺炎が回復して退院後、話さず、無表情、飲み込み異常、車いすにも座り続けることが難しい状態でした。1日2包100を服用3日目頃から話始め、3包で笑みを見せて車いすにも座っていられるようになり、1カ月目にNEW3~4包、ここから見た目の改善効果というものはなく、2ヶ月程で興奮気味かと感じるようになりました。
ユニットに夕食後テーブルをたたいて大声をあげる方が2人になって、母もキレて声をあげるようになると意志の疎通も難しくなり、これが常態化してフェルガードの調整となりました。
中止すると服用前の無表情で寡黙な状態に戻り、食べ方飲み込みが遅くなってきたのでスタッフに内緒で再開、1ヶ月になりますがかなり戻ってきています。大声もあげず大人しいが笑うこともあるそうです。食事の早さも戻りました。口腔ケアも噛みつくことなく協力してくれます。全体としては駄目だが部分的には意味のある会話もときどきしてくれるようになりました。セロクエル25mg2→1錠にしても落ち着いています。
フェルガードは食品ですが薬と同じ。お母様より数段悪い母には効くが適量があるということです。その適量がつかめていないということですか。
関心のおありになる記憶ですが、興奮状態になる前は入院前に戻ったとさえ感じていたのですが、今は昨年より進んだと思います。ただこれもその日の体調によってかなり差があります。
フェルガードって何なのだろう、周辺症状だけでなく確実に中核症状に効いてくれていることを願って飲ませています。お母様がよくなられますように。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

再びありがとうございます

mizuhoさん

お知らせいただいた認知所症ネット[3499]、多分その時読んだいたはずなのですが、すっかり忘れていました。今一度読み直しました。どうもありがとうございました。

フェルガードについては、加速度的に認知症の症状が進んでいく母に何か出来ることはないか、溺れる者は藁をもつかむと、ダメ元で試した私です。
結果、良い点と悪い点の両方が母には出てきましたが、いずれにしてもタイプによって多くの認知症患者の症状に変化をもたらすフェルガードって何なんだろう、とあらためて私も思います。
今後も微調整を続けて母の様子を書いていきますので、こちらこそ、宜しくお願いします。

mizuhoさんのお母様も今は少し落ち着かれたご様子のようで、早く適切な服用ができ、良い状態が長続きされますよう願っています。
また、mizuhoさんご自身もどうかお体を大切に、ご自愛ください。

NoTitle

「フォーラム 認知症を学ぶ会」が立ち上がりました。「こぶたのきもち」2008.11.10からたどれます。フェルガードの情報が日々入ることを期待しています。
hokehoke先生が来て頂いてよかったですね。
今日フェルガード100Mを注文しました。
飲ませ始めてほぼ1年。7月からセロクエルに替えられてぎりぎり落ち着いてはいますが、パーキンソン症状がひどくなり便器に座らせるのも一苦労。可愛がっていた姪っ子もわからなくなる、あきらかに悪くなりました。
それでも飲ませているのは、夜間(特に寝起き)頭がさえるからです。はっきり話し、会話も成立することが多いのです。100Mはフェルラ酸の血中濃度の持続時間が2倍、そうした状態が少しでもと願っています。
今きた朝日新聞夕刊2面「あしたの医療202X」では認知機能の回復は難しいようですが、お母様も母もこれ以上悪くなってほしくないですね。

NoTitle

mizuhoさん

お知らせありがとうございます。お母様のお体、ご心配ですね。全く無知な私で恥ずかしいかぎりですが、パーキンソンの症状はお薬では抑えられないのですね。

認知症は治らないことは分かっていても、せめて少しでも良い状態を維持できればと思います。会話ができてお互い笑えたとき、本当に嬉しいですものね。

皆さんはどうですか?

翡翠さん こんにちは!

私の母もフェルガード100を朝①が適量と思い約半年になります。が 3週間ほど前からGHから怒りっぽくなったとTEL有り、中止しています。2分の1を朝①にしてみようかなあ。楽天で10%OFFで5~6箱 買ってしまってるので~。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。