スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショートステイ先で

週末、ショートステイ先の施設の方々との担当者会議がありました。母のショートステイ先での詳しい様子を聞き、またこちらが望むこと等について話してきました。

今まで、入浴の件を除けば大きな問題なく過ごせていると思っていたのですが、今回聞いてびっくり!
母は怒ると手がでて、スタッフの方を靴で叩いたことがあるそうです。確かに、私達家族も手を振り払われることはよくありますが、靴で叩くとは・・・
現場の担当の方(若くて感じの良い女性でした)は、「怒るのはお母様に限ったことではなく、他の方々もそうですから」と笑っていましたが、恐縮・・・
そして特に怒るのは、やはり母の嫌いな入浴時とパジャマに着替える時だそうで、繰り返し言われると、どうも母はキレるようです。まあ、当たり前と言えば当たり前ですが。

あと、「大柄な男性がお気に入りですか?」と聞かれ、んん???
母は、施設内の廊下をスタッフの方と一緒に歩いていて、別の体格の良い男性スタッフとすれ違うと、今まで一緒にいたスタッフの手を振り切って、そちらの男性の方へ寄って行くそうです。
その時は、へぇ~と笑って話は終わったのですが、後になってふと考えてみると、私の夫はまさに「大柄な体格の良い男性」。
母は、ショートステイ中「○○ちゃん(私の名前)がいない」とよく言うそうですので、この点も考えると、ひょっとして、母は、誰も知らない人の中で、すれ違った男性スタッフを「あっ!(夫)だ」と思い、寄っていくのかな~と思いました。ちょっと心が痛みます。

母は、体操やレクリエーションにはそれなりに参加しているようで、当面の課題はやはり入浴です。
スタッフの方もいろいろ努力してくださっているようですが、もっと工夫をしてみます、ということでした。
こちらからは、食事の量や睡眠状況、感情の起伏等、ショートステイ中の母の様子をもう少し細かく報告していただくようお願いしました。

それにしても・・靴で叩くとは・・・ちょっとショックです~




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

やはり、お風呂の問題が一番のネックのようですね。
でも、「怒るのはお母様だけではないので・・・」というのは、さすがプロのお言葉ですねぇ。
なんとか、うまくいくといいのですが。

サービス中の細かい報告って気になりますよね。
父は2箇所のデイサービスに行ってるのですが、1箇所は施設が大きいせいか、全然細かい報告がないんです・・・
前はあったのですが、人手不足なんでしょうか。定型文のみになってしまって、ちょっとなんだか不安です。

NoTitle

絵莉さん

今回のことで、こちらにとっては母一人で「驚くべきこと」であっても、サービス側からみれば、他の利用者さんにもよくあることで、取り立てて報告すべきことではない、という認識の違いがあるんだな~と思いました。

でも、やはり、利用しているサービスからは、できる限り細かい報告がほしいですよね。
忙しいのはもちろんわかりますが、認知症の場合は特に、行動や気持のちょっとした変化を見逃さないことが大事だと思うのです。

絵莉さんも、デイの方にもう少し細かい報告をお願いできるとよいのですが、どうでしょうか。。。

質問は良いことだと思います

デイやショートでのご様子は受身状態だと、なかなか施設側からは情報は頂けないと思います。なぜならば、利用者の皆さまは同じような状況の方が多く、施設側にとっては、日常茶飯事の事ばかりで、逐一ご報告の対象とはならない事ばかりだからです。でも、こちらの疑問点や質問点には、きっと、その都度お答えを下さると思いますので、家での状況をお伝えした際には、「デイでは○○です」とか「ショートでは○○です」のようなやり取りが出来るかと思います。たくさんの利用者さんがいらっしゃるので、アクションはこちらから、起こした方が良いと感じております。もしも、連絡帳のスペースが少ないようであれば、こちらからの現状を時々お手紙のようなもので示すだけでも、気をつけていただける項目の指針になるようですよ。一番恐いのは、本人の出来ない部分を「できること」と捉えられてしまうことだと私は最近感じています。家族の目がいつもあることを知らせることは、大事な事と思います。おせっかいなコメントですみません。

いえいえ・・・

hiroさん、おせっかいだなんてとんでもないです。
いつもありがとうございます。

やはり、よほどのことがなければ施設側にとっては皆同じで日常茶飯事なのでしょうが、そこはこちらから声を出して言っていかないといけませんですね。
母のためになることは、これからもどんどん伝えたりお願いしていこうと思います。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。