スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時をかける-その2

毎晩のように子供時代に戻る母、母に「父はどこに行った?」と聞かれると、結構答えに窮します。
母の父は私が生まれる前に他界、「今、仕事に行っている」等の嘘は気が引けます。
母の部屋には、お仏壇がありその上に母の両親の遺影が飾ってあるので、時々は、その写真を指さし「あそこに」と言うと「あぁ~」と納得することもあります。
介護では、演技や嘘も必要だと言われますが、亡くなった人についてはどう言えばいいのでしょう?母の状態に合わせてその場その場で対応していくしかないのかな・・・

子供時代に戻った母の発言を聞いていておもしろいな~と思うことがあります。

母の父は50代で脳腫瘍のため亡くなりましたが、母がまだしっかりしていた頃から「父が生きてさえいれば」と良く言っていましたし、認知症になってからも「父がもういないから」、今でも必ず「父」が一番先に出てきます。母は父親っ子、ファザコン?だったのでしょう。
一方、母の母、私の祖母は母とずーっと同居していて20年程前に亡くなりましたが、非常に気が強く自分の感情をはっきり出す人で、母が時々持て余していたことを私も覚えています。そう思ってみるせいか、母が、祖母のことを口に出すことは滅多にありません。
母の姉(伯母)については、「姉はまだ帰ってこない、母にあれだけ言われていたのに」などと言うのを聞いていると、社交的でちゃっかり屋の伯母、生真面目で内向的な母、という2人の性格を考えあわせ、そんなことがきっと母の子供時代にあったに違いないと思うのです。
思いがけず母の子供時代を覗いたような気がします。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

シミュレーション

うちの父は、幸いまだ他界してしまった者のことを聞くことはないのですが、いつか聞かれるだろうな・・・と思っています。
特に、犬!!
うちの犬も高齢なんで、もうそんなに長いことはないと思います。(特に、1匹は、いつ逝っちゃってもおかしくない状態ですし・・・)
「犬がいない!!」と言われたら、なんて言おうか・・・と今から対応方法を考えたりしています<気が早い。

お姉さんとの関係とか見えるのは、ちょっとおもしろいですね。
認知症の人の言動には、それなりの理由があるんだな、と思うと、その理由を探ってみるのは、ちょっと面白かったりもします(というか、そのくらい楽しまないと、やってられないといいますか・・・^^;)

NoTitle

絵莉さん

やはり亡くなってしまった場合は、悩みますね~動物好きのお父様の場合、真実を告げて、ショックを受けられても困りますし、どうなんでしょう・・・

最近、母のことをなるべく笑いに変えようと思っています。
バカにするとか、そういう意味ではなく、面白く考えて自分の気持ちを明るくしないと、ほんとやっていられません~v-411

思いのままに・・・

お母様が一度頭にインプットされたことを否定したり訂正したりしても、同じことを言い続ける事でしょう。もしも、お母様がお父様の事を現実にそばに居る存在として受け止めていらっしゃるのでしたら、否定をすることなく、お母様の思いのままにして差し上げる事が一番良いかと思います。
もちろん、それが現実とは異なる事であったとしても・・・。話を合わせてあげることが大事だと感じます。
全く異なったたとえ話ではありますが、
昨日旅行に行った先が、本当は、箱根だとして、本人が熱海だと思い込んでいたとしたら、「熱海」だと私自身も頭を切り替えておしゃべりする・・・
そんな感じで接しています。
お父様が生きていると思っていらっしゃるとしたら、旅行とか、出張とか、話を合わせてあげると安心されると思います。子供に戻っているとしたら、その時の状況にもどしてあげることで穏やかになれるような気が致します。その対応で落ち着かれているのなら、毎回同じ答えで大丈夫です。お忘れになるので、同じ答えで安心感を与えてあげて下さい。心を痛めることはありませんよ。きっと・・・
この会話のやり取りは、とても重要な介護の一つだと私は思っています。

安心感

hiroさん、どうもありがとうございます。
普段は母の言うことにあわせて演技もしているつもりなのですが、どうも、亡くなった祖父のことを聞かれると、つい言葉がつまってしまうのです。未熟者で・・・^^;;;

hiroさんのおっしゃるとおり、やはり一番大事なことは母が安心することですから、母が思っているように話を合わせて、不安な気持ちにさせないようしないといけないですね。頑張ります。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。