スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血がなくなる!

土曜日は、母の心療内科/精神科受診の日でした。
特に持病等のない母ですが、精神系の薬を投与されているので、定期的に採血して内臓機能の状態等をチェックしてくださいます。ここのところ、食事量が落ちているので気になり、今回採血をお願いしました。
先生と私が話している間に、看護婦さんが採血のため、母を隣の部屋に連れて行ったところ、しばらくして看護婦さんが戻ってきました。「怖い、怖い」と言っています。。。
いつもいらっしゃる看護婦さんではなかったので、母の怖がる様子に驚かれたのでしょう。
私が母の傍に行き宥めましたが、治まりません。母は怒って腕にまいたチューブを自分で外そうとし、「これ以上、(血を)取ったら、なくなっちゃう!」と。

ちょうどそこに先生も助っ人に駆けつけ、「ちゃんと分かってるね~」と苦笑。。。
母は先生の姿を見て観念したのか、おとなしくなり、3人がかりで採血は無事終わりました。

それにしても、「血がなくなっちゃう」との母の叫び。
ガリガリにやせていて小さな母、もともと血圧も低く、貧血もおこしやすかったので、自分はそういう体質だという認識が残っていて、思わず出た言葉なのでしょう。
母に怖い思いをさせて可哀想でしたが、でも私もちょっと笑ってしまいました。というか、笑いに変えなければ、日々を乗り切っていけません

しかし、採血だけであの状態だと、心電図やバリウムを飲む健康診断を受けるのは今は無理かもしれません。去年の春はちゃんとバリウムも飲めたのですが、うーん、また1つ悩みが増えました・・・



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

採血は普通の人でも怖がる人もいますしね~。
「血がなくなっちゃう」っていうのは、お母様には切実だったんでしょうね(^^;
バリウム検査は、今年は、父も母もやりました。
そのあとのトイレがとんでもなく大変なことになってましたけど(^^;;;;;

たしかに・・・

絵莉さん、そうですよね。よく考えれば、私も採血は苦手ですし^^;;;まぁ好きな人はあまりいないとは思いますが・・・母の体のためとは言え可哀想でした。

バリウム検査には下剤がつきものですから・・・お察ししますぅ~

NoTitle

病院・検査は一苦労ですね。
食べる量は少なくなっても、「生きる」ということには前向きなお母様の様子で、ほっとしています。

バリウムは、私自身が大嫌いなので、いまだ1度しか経験がありませんが、やはりしなくちゃならないものなのでしょうか?お話しをきいただけで、ブルーになります。
もっと楽な検査が発明されるといいですね~

採血私も嫌いです。

皆さんと同じように採血は私も嫌いです。 (o^-')

採血の時は見ないように後ろや横を向くことにしています。
一度なんて、新人の看護師さんらしく腕の中で血管探している。
「あれ、あれ・・・・どこだ」左手に2回射しなおし・・・
「すみませんもう一度いいですか」・・・・良くないよ(--;
頭がくらくらしてきた。「すみません少し休ませて・・・」
3度目は右手にしてやっと成功…左手は酷いアザ

バリウムにいたっては、腸の中に三日月型に固まり、
幾ら強い下剤も効かない
3日間も取れなくてバリウムの為のレントゲン検査を毎日(お笑いになっちゃう)
お腹は引き攣り痛い。歩くのも大変でした。…40代の頃です。
それ以来バリウム検査全部パス…20年近く
ある女医さんにそれ話したら、私もバリウムだけはやらない・・・

翡翠さんは大変でしょうが、すみません・・・

私も数本抜で血が無くなると心配になることがある。
理論じゃ判っていても・・・心理的に
まあ、お母さんの気持ちよくわかりますよ。

NoTitle

ヴァネッサさん

私も母の血を継いでいるらしく、病院は大嫌いです(笑)が・・・母には何とか元気でいてほしいし、胃腸系がまず心配の母なので、やはりとりあえずバリウムかな~と。でも本人は健康のために検査するということが認識できなくなっているので、恐い思いだけをさせているのも忍びなく、どうしたものかと悩むところです。

華之将さん

採血、ほんとイヤですね。以前、職場での健康診断検査で、私も新人看護婦さんに左右の腕計4回針を刺されて紫色に腫れた時は、さすがに文句を言いました。

バリウム検査でそんなこともあるのですね~

母の気持ちは分かるのですが、万が一母の体の異常を見逃したらそれはそれで必ず後悔するでしょうし、難しいところです。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。