スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成り行き任せで

前回の記事に皆様から沢山の暖かいお言葉をいただき、どうもありがとうございました。
優しいお言葉の数々に、読んでは涙ぐみ・・・でしたが、その後少しずつ冷静に考えられるようになりました。

ブロ友さんのお1人が、人は、亡くなる前は胃の中が空っぽの状態でないと亡くなる時に苦しむのだ、と教えてくださいました。
私が読んだ何かの記事には「人は食べられなくなって死ぬのではなく、死が近づくと食べなくなる」とありました。
今までそのように考えたことはありませんでしたが、あぁ、そうなのか・・・と頷けました。
生きるための戦う力がなくなったとき、体は最後の時に向かって準備をはじめる、ということなのですね。

もちろん、実際に胃ろう中止を決断すべき時が来たら、また悩み苦しむとは思いますが、妹とも話し合い、今後はその時々で母に苦痛や負担を与えないことを最優先に判断していくことにしました。
そして、少しでも長く母の傍にいること、また、娘孝行をしてくれている母のためにも、私は元気に普通の生活を送ることが、今の私に出来ることだと思います。
もう1つ、車椅子で母を動かせられるうちに、母を数時間だけでも自宅に連れて帰ろうと考えています。
妹や甥っ子達もゆっくりと母に会うことはなかなかできませんが、この機会に、自宅で母を囲んで皆で集まろうと、妹と話しています。

皆様からご心配いただきましたが、私は大丈夫です。
幸いなのかどうか・・・ここのところ、仕事がそれなりに忙しく、地元での活動やお付き合いも色々あり、その合間をぬって?!家事諸々・・・やるべきことが沢山あって毎日があっと言う間に過ぎていきます。
今年も町内で祭り囃子へ参加することになっていて、ふと、こんなことしていて良いのだろうか・・と思うのですが、去年あるブロ友さんから送っていただいた「自然体で・・・」という言葉を思い出し、暫くは全て成り行きに任せることにします。







FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

No title

翡翠さん、こんにちは。

お母様もよくがんばってこられたと思います。「成り行き任せ」というのは「自然の手にゆだねる」ということなのでしょうが、自然はすべてを受け入れてくれる大きな力を持っているに違いありません。今、現役で人間の社会の中にいる私たちも、自然からひととき与えられた時間を懸命に生きて、あとは自然の中に戻っていくのですね。静かにお母様を見守られながら、翡翠さんも今の時間を元気にお過ごしください。

暑さもいよいよ本格的になってきました。どうぞご自愛ください。そして夏祭りも楽しんでください。あと幾度の夏。私たちも与えられた季節を精一杯生き抜いていきましょう。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

翡翠さん、おはようございます。

努力すれば何とかなるということであれば、惜しみなく努力すればいいことです。
それが叶わないことであれば、『成り行きに任せる』そういうことでしょうね。
この場面でそう思えるようになるには、辛い葛藤がおありだったと思います。

突然命を奪われて、何も覚悟ができない場合も多くあります。
お母様は、そうならないようにご猶予をくださいました。
そう思えば、なんて娘孝行なお母様でしょう。

お忙しいのはいいことですが、暑くなりますから、ご自分のくれぐれも無理されませんように^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

どうもありがとうございます

まつこさん

どうもありがとうございます。

自然と流れていく、進んでいく方向を見ながら、その時に自分ができることを頑張ろうと思っています。
そして、本当に、どんな自然災害がいつ起こるか分からない時代ですから、自分自身の人生も悔いのないようにしなければなりませんね。

まつこさんもお母様との思い出、沢山作ってくださいね。


U様

どうもありがとうございます。

私達は、同じような道を、同じような思いを抱えて決断し、進んで行かなければなりませんね。

梅雨明けし、更に猛暑が続くようですので、U様もどうぞご自身のお身体第一に考えてくださいね。


みかんさん

どうもありがとうございます。

そうですね。何の心の準備もできないまま訪れる突然の別れは、とても辛いですね。
私達のために母が準備期間を用意してくれたと思うと、それにしっかりと応えなければ・・・と思います。

暑いですね~みかんさんも上手に気分転換してくださいね。


M様

どうもありがとうございます。
自然に任せる・・・M様もそのようなご経験、ご決断をされたのですね。
考える時間があっても無くても、最後の別れは辛いですが、誰もが通る道ですものね。

多分数時間程度の自宅滞在なら先生から許可が出るのでは、とホームからも言われています。これから暑さ本番、いつにするか悩ましいところです。

M様もご自愛下さいませね。

「今を生きる」

人は誰でも、病んでいても、健康であっても、いつか、やって来る「その時」がある。
でも、どんなに苦しい時間を過ごして居ても、時は、休むことなく時を刻み、
ふと気づくと、時間だけは、自分にもしっかりと流れていくものですね。

今振り返っても、自然のままに、人は、その時々で大切な時間を頂けるものなのだと感じるのです。
昨年亡くなった義母・・・思えば、その亡くなる前のわずか一月にも満たない8月、長年の旧友との旅行を実現出来た事実。あれは、義母の最後の贈り物だったのかなぁ~と今でもそれを思い出すと感謝の気持ちがこみ上げてきます。その先にそんな事態が待っているとは夢にも思わずに。家族それぞれの予定をちゃんとこなすかのような日程で、時を選んでくれたのではないかと思えました。夫は「子供孝行なおばあちゃんだよな。」と言って、自分自身を慰めていました。
私達も、義母から、考える時間、準備する時間、猶予を頂けました。
いつか来る「その時」は突然やって来るのかもしれませんが、神様は、きっときっと、
一生懸命に頑張る人々に良き道を与えて下さるのではないかと思います。

お母様との、大切な時間、許されるものならば、妹様とご一緒に、
楽しいひと時をプレゼント出来たなら嬉しいですね。
皆が笑顔になれるひととき、どうぞ、ご無理の無いようにお過ごし下さいね。
翡翠さんの毎日が、穏やかでありますように。
ご自身の今も大切になさって下さいね。
それが、お母様の喜びでもあると思うから。

どうもありがとうございます

hiroさん

どうもありがとうございます。

サチさんの最後の時、そうでしたね。。。
いつもhiroさんに感謝されていたサチさんでしたから、最後まで頑張って大切な時間をプレゼントしてくださったのでしょうね。

いつかやってくるその時、心の準備をする時間が与えられているのは、やはり有り難いことだとあらためて思います。
母のためにも自分のためにも今の時間を大切に使わなければ・・・

hiroさん、いよいよ猛暑になってきました。どうかお身体大切になさってくださいね。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。