スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

必死の抵抗

先週の胃ろう(PEG)交換時に、母の下の歯が2本グラグラになっているのが分かり、ホームに毎週金曜日来て下さる歯科の先生に診てもらうことになっていました。

前日の金曜日に抜歯されただろうと思い、土曜日に母に会いに行ったところ、顎のあたりに小さな痣ができていました。
抜歯に立ち会っていた介護士さんによれば、歯は簡単に抜けたものの、血が暫く止まらず、先生が口の中に溜まった血を吸飲しようとしたところ、母がかなり抵抗し、吸引機が顎に当たって痣になってしまったそうです。

母はこちらが話すことを理解できなくなっています。
言葉を発することもなく、たまに自分が嫌だと思うことをされた時に声を上げるだけです。

泌尿器科での診察・治療、PEGの交換、歯の治療・・・母にとっては全て理解できないことで、いきなり口を開けさせられたり、洗浄されたりする訳で、その度に強い恐怖を感じるはずです。
何をされるのか分からなかったら、誰でも本能的に抵抗するでしょう。嫌がるのは当たり前です。

母は毎回毎回恐怖を感じ、母ができる唯一の「必死の抵抗」を繰り返しているのでしょう。

土曜日の母は、そう思って見たせいか、顔が怒っているように思えました。

最近見つけた使い勝手の良いガラス製の爪ヤスリで母の爪を手入れしながら、

「○○(母の呼び名)さん、みんなね、変なことしているんじゃないよ。○○さんの体の悪いところを治そうとして頑張ってくれているんだよ。だから、○○さんも頑張ってね、ちょっと我慢していてね」と母に言ってみました。

もちろん反応はありませんでしたが、最初は強ばっていた手も、手を握りながら爪の手入れをしているうちに力が抜けてきました。
表情も和らいだような気がしました。というか、そう思い込むことにしました(苦笑)

母の為の医療行為なのに、母には恐怖心と本能的な抵抗しかもたらさないのか・・・と思うと切ない、やりきれない思いがあります。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

翡翠さん、こんばんは。

いろいろ思い悩まれて、お母様のためによけれと思ったこと。
ほんとに切ないですね・・・

それでも、翡翠さんの話かけ、きっとお母様に通じたと思います。
手のぬくもりもお母様に伝わって、お気持ちが和らいで、手のこわばりも取れてきたんだと思いますよ^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

翡翠さん こんにちは。

言葉が発せられないことは 本人にとっては些細なことでも恐怖であり 抵抗するのでしょうね・・・・・・

しかし 翡翠さんが優しく語り掛けられた言葉は きっとお母さんは理解されていて 翡翠さんの声に安心されてると
思います。

義妹も 言葉が発せられなく ベットから車椅子に移乗
する時も 最近は声も出さず 顔つきがこわばります!

介護師さんが「これからお義姉さんと車椅子でお散歩いきましょうね!」と言われても ただ身体をもたれるだけで
なにをされるのか恐いのでしょうね・・・・・・

せめて こちらの言葉だけでも一時だけでいいので理解
出来たら思います。

NoTitle

みかんさん

どうもありがとうございます。
そう言っていただけると少し救われた気になります^^;;;

母が抵抗するからと言って、何もしないという選択もまたあり得ないわけで、どこで家族として気持ちの折り合いをつけるか・・・ですね。

うさぎさん

どうもありがとうございます。

義妹さんと母の状態は似ていますものね。
母もベッドから車椅子の移乗の際には、介護士さんが事前に必ず声かけをしてくださいますが、体も顔つきも強ばります。

>せめて こちらの言葉だけでも一時だけでいいので理解出来たら思います。

本当に、本当に私も切にそう思います!

NoTitle

翡翠さん
お母様はきっと翡翠さんの声やそのトーンで安心感を得ていると思います。
色々混乱されているのでしょう。
娘としては辛いですね。
私の父は一応私の話を聞くのですが、すぐ忘れて自分のしたいことを話していました。 とても根気が必要だったこと思い出します。年をとると子供のように自分のことしか見えなくなるのだろうと思います。 不安に思っているとき、手足をさすってマッサージしながら話しかけ、安心させていました。あと耳元でゆっくり、優しく話しかける。聴いていなくても話していましたよ。
きっと必ず通じます。
心と心でね。 

NoTitle

リリーさん

どうもありがとうございます。

そうですね、根気よく諦めないで続けることが大切ですよね。
心と心・・・そう信じて頑張ります。
元気出てきました~どうもありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。