スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自然体で

妹は一昨日無事退院しました。
これからまだ治療は続きますが、私も少しホッとしています。

さて、この間書きました「忙しいのは自分のせい」について・・・

昨年の秋、母が胃ろうになることも、膀胱結石であることも、そして妹が乳癌であることも、予想だにしていなかった頃、同じ町内に住む三味線仲間の知人が、夏祭りのお囃子に一緒に参加しないか、と誘ってくれました。

私の住む市には、源頼朝が篤く崇敬し源氏再興を祈願したことで知られる、近辺ではそれなりに有名な神社「大社」があるのですが、毎年8月15日から3日間は夏祭りimg4dd1fd693f39c.jpg
神事、祭事が執り行われ、市内でも様々なイベントが開催されます。
その中の1つに、県の無形民俗文化財に指定されている郷土芸能のお囃子演奏があります。

今年は、私の住む町内が当番町にあたり、当番町は町内で山車を仕立て、お囃子を神社に奉納した後、3日間昼・夜と山車に乗ってお囃子を演奏しながら(上の写真)市内を回る役目を仰せつかるのですが、6年に1回このお役目が回ってきます。
お囃子は、大太鼓・小太鼓・篠笛・摺鉦で演奏、曲目により三味線が加わるので、頭数揃えではあるものの、誘ってくれたのが嬉しくて、お囃子は子供の頃から馴染んでいるものの、演奏するのは初めて、これは是非やってみたい!と後先のことも自分の歳も考えずに参加することに決めちゃいました。

母のこと、仕事、家のこと、ろくに練習もできない本来の三味線のお稽古・・・それだけでも忙しくてアップアップしているのに、この上お囃子の練習!?、夫が言う「自分で自分を忙しくしている」は、まさにそのとおりなのです(苦笑)

1月から週1回の練習、5月からは週2回の練習・・・母の胃ろうや病院通い、自分の入院等予想外の出来事、多忙な仕事、家事諸々の合間をぬって練習に参加し、やっとここまで辿り着きました。

正直、自分のためにもっといろんな世界を広げたい・・と思った途端に母が口から食事を取ることができなくなり、そして、ここ2ヶ月は母のこれからのことが重くのしかかり、お祭りで浮かれる気分でもそんな場合でもないし、罪悪感もあり、止めようかと思いました。
しかし、昨年と事情が変わったとはいえ、自分が一旦引き受けた以上は最後までやり遂げたい、という気持ちがあることも事実で、また新たな悩みを抱えてしまった気分でした。

少し前に、親の介護という共通点を持つメル友さんに、この祭り囃子の話をしたところ
「自然体で・・・やってみて楽しいと思ったらそれで良いし、楽しくなかったらこんな時なので仕方がないわ、と自分に言い聞かせれば良いのでは」
と、とってもスッキリするアドバイスをいただきました。

ということで、本番まであと2週間となり、少々くたびれた体に渇を入れて頑張ります。いや、楽しもうと思います。






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

Comment

NoTitle

翡翠さん、おはようございます。

「自然体で・・・やってみて楽しいと思ったらそれで良いし、楽しくなかったらこんな時なので仕方がないわ、と自分に言い聞かせれば良いのでは」

とても、すっと心に入っていく言葉ですね。

私も、友達から言われたことで、納得できたことですが。

何を優先するか、無意識で決断している。

「仕事休めないから、忙しいから、母の介護があるから。。。」
と、言い訳が出てくることは、自分自身が望んでないこと。

「どうやってその時間を作るか」
と考えるには、やりたい、参加したいと思っている証拠。

確かに、私もイベントが発表になると、その日までの段取りを即考えます^^;
普段は、母のことでお休みもらってるから、仕事休めないと思ってても、そんな時は「いつのタイミングで、社長にお休みを切り出そうか」って考えていますから^^;
勝手なものです^^;

その結果が、翡翠さんのお友達が言われることにつながっていくように思います^^

もう目の前に来たお祭り、体調に気を付けて、思いっきり楽しんでくださいね!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

翡翠さん こんにちは。

妹さん 退院おめでとうございます!

何かに夢中になれることがあるなんて素晴らしい事です!

私のことですが・・・・・介護してると 忙しさを言い訳に自分の
したいこと我慢と言うより あえて無理だと思い込んでいたように思います・・・・・・
時間は どうにか調整できたのに気持ちが動かなかったんでは?なんて最近思うようになりました。

お互い介護はまだ続いてますが 今色んな事にトライできる気持の余裕も出てきてるのでは?
私も 翡翠さんに続き 何か夢中になれるもの探してみたいと思います。

NoTitle

こんにちは、翡翠さん。
妹さん、無事退院おめでとうございます。
癌の治療は、まだ大変だとは思いますが、お疲れ出ませんように。

三味線をやってらしたのですね!
そういうご趣味の活動で忙しいのは、いいことじゃないでしょうか?
メル友さんがおっしゃるように、「楽しくなければ仕方ない」ですけど。
楽しかったら、疲れても、楽しいですよ<なにを言っているのか。

NoTitle

みかんさん

「何を優先するか無意識のうちに決断している」

お友達のお言葉、鋭いですね。言われてみてまさにその通り!だと私も納得しました。
何かを理由にして諦めるのは、心の底からそうしたいとは実は望んでいない、ということなんですね。

ここまで何と頑張ってきたからには、最後は楽しみたいと思っています。どうもありがとうございます!

うさぎさん

どうもありがとうございます。

私も母を自宅で介護しているときは、何にも出来ませんでした。もちろん、介護を言い訳にしていた部分もありましたが、自分が何か楽しむことに気持ちがあまり向きませんでしたね。。

うさぎさんも私も今は自分の時間も取れるようになりましたし、まだまだ長い人生ですから、沢山の楽しいことを見つけたいですね♪

絵莉さん

どうもありがとうございます。

母の介護で趣味の時間や友人との付き合いも極端に減り、自宅介護が終わった時に、自分には楽しめるようなことがほとんどない、ということに気がつきました。

三味線は練習もろくにしないので、全く上達はしませんが、下手なりに弾くことを楽しんでいます(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

時間は自分で創るもの

と常日頃自分に言い聞かせています。

自分の周りを見回してみると、ご自身の趣味の事や楽しみを持たれていらっしゃる方々が暇な人かというと全く反対で、
自ら生活にメリハリをつけていらっしゃる人ほど、いろいろな悩みを抱えていたり、家族の事でお忙しかったりしています。
かえって、何か楽しみを並行していることが、やらねばならないことをスムーズにしたり、不安な気持ちであったものを心穏やかなにしてくれるような気もします。

三味線なんて素敵な趣味ですね。
どうか、好きな事であれば続けて下さいね。
翡翠さんの一度しかない人生です。
喜びのあるものにして下さいね。

何かを諦めてしまう前に、何とかならないものかと考えることもとても大事な事だと最近思うのです。
妹さんもしばし、ご無理の無いように過ごされて、必ずや潤いのある日々を取り戻すことが出来ますようにとお祈りしております。
今まで通りでは無い、お食事に気を付けるようにとお伝えくださいませ。くれぐれも!(たくさんの本が出ています。)

どうもありがとうございます

hiroさん、お返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。

妹のこと、ご心配いただきどうもありがとうございます。
少しずつ社会復帰に向けて動いているようで、今週は短期の「がん看護セミナー」に参加する、と言っていました。
本人の気持ちが前に向いているので、私としても嬉しいです。
私も頑張らねば!(笑)
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。