スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

忙しいのは自分のせい

母はその後小康状態、発熱も、血尿もなく落ち着いています。
このまま何事もなければ、次回の診察は9月1日、レントゲンで結石の大きさを確認し、今後どうするかを決めることになると思います。

最近では、こちらの問いかけに一瞬顔の表情が変わる程度で、言葉も全く発しませんが、毎週末同じように母の顔を見ることが私自身の心の拠り所というか、精神安定剤のようになっているように思います。
それと同時に、もう自分が母に対して出来ることは本当に限られてきたなぁ・・・とも感じています。

妹は、先週金曜日に無事手術を終えました。術後も順調です。

手術前日・手術直後・土曜日・日曜日、と病院に通いましたが、妹本人が一貫してしっかりしているのが頼もく感じたり、そんなに頑張らなくてもいいのにと思ったり、その明るさに私の方が救われたり・・・です(苦笑)

週末、伯父(母の姉の連れ合い)が亡くなり、今日がお通夜、明日が告別式です。母と妹の代わりも兼ねて参列します。
伯父は、体も気前も太っ腹!で、子供の頃は伯父から貰えるお小遣いやお年玉が頼みの綱でした。
ここ数年は癌の再発もあり、急激に弱ってきていましたので、伯父本人が一番ホッとしているのかもしれません。

そんなこんなで、私自身何かと忙しく、毎日が慌ただしく過ぎていき、若干息切れ気味?です。

夫からは「本当にいろいろ大変だと思うけれど、自分で自分を忙しくしているところもあるよね」とのご指摘・・・

はい、それもまた事実で、痛いところを突かれています

その理由はまた明日にでも書きます。






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

Comment

お疲れ様^^

翡翠さん、こんばんは。

お母様落ち着いていらっしゃるようで、ひとまず安心というところですね。
お母さまのお顔を見に行く、それができるのも幸せですよね。

妹さんも、手術無事終わられて、順調とのことよかったです。
妹さんも、翡翠さんが無理なさること、よくご存じなんでしょうね。
心配かけないようにという心遣いを感じますね^^

お忙しそうですが、休める時にはゆっくり休養とってくださいね。
ご主人のご指摘が何か、ちょっと・・・いえ、すごく気になってきました^^;

伯父様のご冥福お祈り申し上げます。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

翡翠さん こんばんは。

妹さん 無事に手術終わられたようで安心しました!

お母さんも 今はおちつかれておられるんですね・・・・・
>もう自分が母に対して出来ることは本当に限られてきたなぁ・・・とも感じています。<

私も 義妹にそんな思いを持ちながら面会に行ってます!
しかし 行くことで顔見せてあげる それだけでも思いは
伝わってるのでは?・・・・・・

大変なことが重なり翡翠さん自身体調崩されませんように!
伯父様の ご冥福心からお祈りいたします 合掌

NoTitle

翡翠さん、お忙しそうですね。
妹様の手術無事に終わって良かったですね。
これからは、少しずつ、焦らずに、ご自分の身体を第一に過ごされますにとお祈りしております。
予後がとっても大事なので。
翡翠さんもしっかり寄り添ってさしあげて、本当に心身共にお疲れになったことでしょう。
伯父様のご冥福を心からお祈りいたします。

お母様の分も、妹様の分も、
いろいろな事が重なって、翡翠さん、大変でしたね。
お疲れが出ません様に。

どうもありがとうございます

みかんさん、どうもありがとうございます。

そうですね。毎週顔を見に行くことができる、それも幸せですよね。

また詳し書きますが、忙しいと思い悩む余裕がないので、自分であれこれと用事や付き合いを増やして、身動きが取れにくくなっているということです>バカとも言えますね^^;;;


うさぎさん、どうもありがとうございます

義妹さんとうちの母は状態としては似たような感じですものね。
確かに、会いにいくことが今は一番大切なのですが、
自分が出来ることが無くなってきたことを寂しく思ったりします。
自宅で介護していた頃は、母に振り回されてもう限界、と思っていたのに・・・自分勝手ですね(苦笑)

hiroさん、どうもありがとうございます。

妹は、組織検査の結果で、今後の治療が決まります。
高齢の姑と育ち盛りの男の子2人を抱えた一家の主婦である妹は、今の入院生活があまりに快適で、社会復帰したくない気分、と言っています(笑)

私も若い頃と違って、無理がきかなくなってきましたので、自分も甘やかせつつ頑張りますね~

あまりお疲れ出ませんように。

こんにちは、翡翠さん。
妹さんの手術が終わったとのこと、ひとまず安心ですね。

「もう自分が母に対して出来ることは本当に限られてきた」と感じてらっしゃるのですか。
やはり、そういう日がくるのですね。
うちは、まだまだ、できることやることいっぱいですが、その日が来るまで、適度に頑張ろうと思います。

そのときがきたら、「あぁ、みなさんが言っていたのはこういうことかぁ」とわかるでしょうね。

NoTitle

絵莉さん、どうもありがとうございます。

そうなんです。自宅で母が少しずつもの忘れがひどくなってきた頃、症状が進んで困り果て悩んでいた頃、といろいろ思い返すと、今は本当に自分が出来ることは少ない、と少しの寂しさを感じています。

絵莉さんのお父様はまだまだお元気ですから、仰るように適度に頑張りつつ、お父様との楽しい思い出をこれからも沢山作ってくださいね。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。