スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

経過観察

昨日、母の3度目の泌尿器科受診に付き添ってきました。

抗生剤が効いたのか、この1週間、熱は37度前後で落ち着いており、血液検査の結果CRP値(炎症反応)も0.93でした。
また、血そのもののようだった尿は、若干の白濁はあるものの、かなりきれいになっていました。
とてもひどい血尿だったので、貧血状態も心配でしたが、数値的にはほぼ問題なしでした。

熱は、腎臓の腫れがひいた時から徐々に下がってきていることから、やはり腎臓と体温調節が出来ない「こもり熱」の両方が原因ではないか、ということになりました。

先生からは、最初の受診以降新たな出血はないと思うので、
水分を十分に摂取して流れを良くすること、1~2週間に1回程度の膀胱洗浄をホームで行うことで、
しばらく様子を見てはどうか、というお話しでした。

大学病院での結石除去については、私も妹も決心がつきません。
と言いますか、出来れば母を大学病院に預けたくないのが本心です。

病気を完治させ社会復帰するのであれば、また、命に係わるような病気の治療であれば、第一線の医療現場である大学病院で診ていただくのが最善でしょう。
しかし、今の母にとっては、必要な医療と共にとても大切なのが心のこもったケア、介護だと私は思います。

時折、恨めしそうな目(と私には思えます)でこちらを見る母、病院が大・大・大嫌い!でしたから、きっと「もういいよ~」言いたいに違いない・・・と思うのです。
結石が悪さをせずに、母が苦痛を感じないのであれば、まずはそれが一番です。

結石の成長も気にかかるところなので、3ヶ月間様子を見て、9月にレントゲンを撮って再診察、
それまでは、ホームで膀胱洗浄等で対処しながら経過観察することに決めました。

そして、妹は、7月の半ば過ぎに手術を受けることが決まりました。
母の状態が落ち着いてきたことは、妹がまた安心して自分の治療に専念できることにも繋がります。

私もちょっとひと息ついてまた頑張らねば~~





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

お母様の治療、しばらく様子を見ることになるのかな?
落ち着いてらっしゃるようなので安心しました。
やはり病院は避けたいね。
父も入院するととても不安定になってしまいました。
できれば環境を変えずに見守ってさしあげたいね。

妹さんの手術が決まったとか。
また何かあったら連絡くださいね。
大丈夫、すべてうまくいきますよ。 応援しています。

NoTitle

お母さん 今は落着いておられるようで安心しました!

辛い治療して お母さんの生活の質がよくなるのでないのなら・・・・・・

娘としては 心のケアーを優先したいですよね!
これから 様子を見られるようですが 妹さんの手術
成功され元気になられる事祈ってます!

NoTitle

翡翠さん、こんにちは。

子熱がおさまったことだけでも、一安心ですね。

施設のスタッフの対応で、入院せずに済むのであれば、それが一番いいことですよね。

お母様のこと、妹さんのこと、ご心労は続きますが、まずは健康が一番です。
無理なさらず、ボチボチですね^^

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

リリーさん

どうもありがとうございます。
やはり、お父様もそうでしたか・・・というか、誰でも病院は嫌ですものね。
病院は必要最低限の範囲で、母には、今のホームで慣れたスタッフの方々に良くしていただくのが一番だと思うのです。

ミッドタウンイタリアンのお食事も実現しないままになっていますね^^;;;
いろいろ落ち着いたらまた是非に!

うさぎさん

どうもありがとうございます。

土曜日にも様子を見てきましたが、引き続き落ち着いた状態だったので、一安心です。

当たり前ですが、病院は医療の場であって、心の通ったケアは二の次ですから、出来れば入院は避けたいものです。いつもご心配いただきどうもありがとうございます。


みかんさん

どうもありがとうございます。

母のことも妹のこともホンの半年前までは想像していなかったことで、何だか目まぐるしく時間が過ぎていきます。
でも、ホームのスタッフの方々のご尽力で、母も暫く落ち着いた生活ができるのではないかと思っています。

まずは健康が一番、本当ですね。
私も無理はしませんから、みかんさんもね♪

NoTitle

翡翠さん、いろいろな事が一度にやってくるのはどうしてなのでしょうね。って、時々思いますが、でも、なぜか、考えることや心配事って同時にやってきて人を苦しめるモノなのでしょうか。
苦しい日々だったことでしょう。
お母様の事が少し、様子見ということで落ち着いたのですね。結石がお母様に悪さをしない様にお祈りしていますね。居心地の良い所が、お母様には一番のお薬ですものね。
妹さんの手術、無事に終わり、良い方向へと向かいます様に。大丈夫ですよ。

翡翠さんもどうか、頑張りすぎず、
体調を取り戻せます様に。

NoTitle

hiroさん

本当に!仰るとおり、どうしていろんな事が一度に押し寄せてくるのでしょうか・・・
半年前には母の胃ろうも妹の病気も予想だにしていませんでしたし、ため息ばかりが出てしまいます。

でも、hiroさんや皆さんに大丈夫ですよ、と言っていただくと、本当に心が落ち着きます。
どうもありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。