スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

諦めて良しとして・・・

母にパジャマに着替えて寝てもらうことはもう諦めました・・・私がパジャマに着替えようか?と言うと、完全無視か冗談じゃない、こんなものとか言って不穏になるので、それは母にも私にもストレスです。
夜、母の抵抗がなさそうな時に、洗濯したいからこっちに着替えてね~と言って別の洋服を着て貰い、ポシェットを下げたままでも、お布団の中にいろんもの持ち込んでも(危険でないなら)もうそれで寝てもらってOK!という態勢です。朝もそのまま着替えなくても良しと

頑なに服薬を嫌がるようになったので、母が飲んでいる薬は全て粉状又は水に溶けやすい錠剤に変えて貰い、食後の飲み物に混ぜて出すようにしました。もともと水分をあまり取りたがらないので、飲み残しが多いですが、現在母の飲んでいる薬はアリセプトとグラマリールと入眠剤なので、飲まなくても命に別状なし。何とか薬を飲ませようと無理しなくて良しと

ますます入浴拒否が激しくなっていく母に家のお風呂に入ってもらうこともほぼ諦め、市内にある天然温泉浴場に一緒に行くことにしました。
私が「疲れたので温泉に行ってくるけど、お留守番している?」と言うと母は必ず一緒に行くと言うので(お留守番は大嫌いです)出かけてしまえばもうこっちのものですあとは比較的母の抵抗も少なく、こちらもストレスが少なくて済みます。家のお風呂に入らないのは非常に不経済ではあるけれど、ティッシュペーパー&エコ問題と同様、これももうある意味緊急措置、不可避なことして良しと

諦められないのは、歯の状態がかなり悪いので欠かせない朝晩の歯磨き。「なんで!」「ヤダ!」と抵抗ありますが、忘れた頃に何度かトライして、最悪ダメなら良しとしましょう

母の偏食「異食」ではないので良しとしたいところですが
ご飯ばかり食べておかずをあまり食べない、特に野菜は見事なまでに避けて通ります。母に分からないように野菜をすり下ろしたり細かく刻んだりの工夫も限度がありますが、それを出来るだけやっていくしかないですかね~今の母の好物はお寿司とエビの天ぷら。
もうあれこれ言わずに、好きなものだけ食べさせてあげても良いのでしょうが、今一番怖いのは認知症の母が病気・怪我をすることです。母の健康を考えてどこまで良しとすべきなのか・・・悩みどころです




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

良い感じですね~。
洋服で寝ちゃっても問題ないです。寝間着起きま着、私もときどきやっちゃいます←これはダメ(笑)
お風呂も「行こうか?」ではなくて、「お留守番している?」っていうのがいいですね!うまいです。
ご飯は、ちょっと考えちゃいますねぇ。
チャーハンとか炊き込みご飯とか混ぜご飯にする・・・とか。

NoTitle

潔く、良し!v-218としてらっしゃいますね~
その裏側では、さまざまな工夫や手間をかけられていて、
お疲れの日もあるでしょうに、ご立派です

歯のことも含め、他の病気や怪我の併発、私も心配です

痛みの原因や、服薬の意味がわからないのですものね...

色々工夫してますね

コメント要らないほど我慢と工夫をされていますね。
ほんとにそれしかないのですよね…現代の医学では

まだまだ書かない苦労があるんでしょうが…
頑張り過ぎないようにね・・・介護者の疲れが一番最悪です。

「情けは人の為ならず」と言う諺があります。
人に掛けた情けは自分に戻ってくるという意味ですね。
介護も同じですよ。自分も何時か歳をとる・・・
今度は自分が誰かの世話になる…
その時良い思いが出来ると考えましょうか?
…かなり無責任な発言でした   お詫びに・・・ポチ・・・

同じ悩み

我が家の義母もすごい偏食です。
野菜は、サツマイモとなすと大根おろししか食べません。
味噌汁にいろいろな具を入れても、全くダメで汁しか飲まない。
肉は、全く食べたくないと言うし、魚も焼き鮭とジャコとマグロの刺身しか食べなくて、昨日もカレイを煮魚にしたのですが「これいらない!」と拒否されて・・・
本当に困ってしまいます。

歯も磨かない。服もたま~に着替えても洗濯させてくれないし・・・
同居&介護、4ヶ月の私には、どうしたらいいの~~~と悩むことばかりです。

NoTitle

絵莉さん

「寝間着起きま着」私も出掛けない週末はありです(笑・・・
私と母、介護者と認知症患者双方にとってストレスとなることはやめようと思ったら少し気が楽になりました。野菜いっぱいの炊き込みご飯とかチャーハンはいいですね!ちょっとトライしてみます。

ナビコさん

病気と怪我はそうです、本当に心配ですよね。自分の状態がうまく伝えられない母なので、体の元気と精神の安定のためにはどうしたらいいのか、あれ?これ?と試行錯誤の日々です。

華之将さん

私も疲れやストレスが溜まってきて、初めて諦めることができたこともあるのかな~と思います。
今の親の姿は将来の自分の姿だと思いなさい、とよく言われますね。親の介護に関しては「情けは人の・・・」に通じるものがあると思います。

コッコさん

義母さまの介護では、言いたいことが言えない、どうしたらよいのか遠慮してしまう等実親の場合とは違ったご苦労がおありでしょうね。お疲れ様です。
偏食、歯磨き、着替え、どれも悩むことばかりですね、本当に・・・認知症患者の行動をこちらの常識のとおり変えることは難しいと思われるので、少しずつ自分の中で折り合いつけていくしかないのですが、それが難しいんですよね^^;;;

NoTitle

ほんの数ヶ月前までの母もパジャマをはじめ、着替えをいやがりました~~
唯一、喜んで着替えるのは、新しく買ったものを着るとき♪
その代わり、1週間着続けるので、お洗濯に困ります。。。

ヘルパーさんがおっしゃっていたのですが、できる時は、生活のリズムを守ったほうがよいそうです。
朝起きたら、顔を洗うとか、パジャマから着替えるなどを嫌がらないときに続けると、受け入れることができるようになり、病気のためにもよいそうです。
母は、ヘルパーさんだったからできるようになったと思います。
身内にはわがままですが、外面はいいですからね~(爆)

ひとつひとつ、やり取りが大変なのは、よくわかります。
同居だから尚のことですね。

野菜不足は、朝食のときに野菜ジュースを飲んでもらってます。

健康な認知症でいてもらいたいですね~!!

NoTitle

ヴァネッサさん

まさに「健康な認知症」を目指すしか、もうないなのかなぁi-229~という感じです。

うちのケアマネさんもおっしゃっていましたが、外では皆がある意味チヤホヤしてくれるので「よい子ちゃん」だけれど、家ではそうはいきませんからね、と。
生活の基本パターンは維持しつつ、細かいことは気にせずに、その時々で無理そうならキッパリ諦める、という感じでしょうか。。。

こんにちは

読んでて母とにてるなぁと思いました。
介護って難しいですね。
たまには息抜きなさって、ご自愛なさって下さいね。

ありがとうございます

ookinahituji3さん、読んでいただきありがとうございます。
実の母親とはいえ、認知症の介護は難しいですね~
こちらの精神状態も常に良いわけではないですから。
淡々と出来ることをしていくしかないかな~と思うこのごろです。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。