スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テーブルの裏側

母は食事の仕方がどんどん下手になってきています。
お箸はまあ使えますが、うまく口に運べずにこぼしたり、「う~ん、それは一度にはお口に入らないんじゃない?」と思われる量を頬張ろうとしたり、スープ等汁物の器は軽いものでもまっすぐに持つことが難しいようです。
これはもう仕方がないことで、こちらが必要により手助けしてあげれば済むことなので、どうということはないのですが・・・

先日、食事中は私と母と向かい合って座っている夫が「お母さん、ご飯粒とか何気にテーブルの下に捨てたり、なすりつけているよ」と・・・んん?
確かにここのところ、食事後の母のテーブルの下はとても賑やかに食べかすが散らばっていましたが、母と並んで座っている私が気が付かないうちにこぼれていたんだろうな~と思っていました。が、どうやら、母はスキをみて?口から出して床にボイ、手指についてしまってテーブルの裏でゴシゴシ~とやっていた模様・・・by目撃者夫。

母が座っている場所のテーブルの裏側を覗いてみました・・・わ~~~!!
ご飯粒も、干からびて何だかもう分からない食べ物カスがいっぱ~いくっついておりました

普段の掃除中に、テーブルの裏側を見たり、掃除する毎にテーブルの裏側も拭くのが普通かしら?
ズボラな私はめったにテーブルの裏側まで掃除することはありません(というか大掃除の時ぐらい)でしたので、なかなかの衝撃でした。これからは毎回テーブルの裏側もチェックしなくては・・・

それにしても、床に捨てなくても、空いているお皿に出せばいいのになぁ~昔はご飯粒を残すと目がつぶれるとかお百姓さんに申し訳ないって母に叱られたのになぁ・・・な~んて思うのもNGですね



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

テーブルの裏は見ないですよ~。
うちなんか、大掃除のときですら、テーブルの裏は見ないかも・・・(^^;;;
「お皿に出せばいいのに・・・」と思うのも、通常の感覚ですけど、それが通用しないんでしょうねぇ。

うちの父も、すっごいこぼしますよ~。
取り皿使えと言っているのに、使わないし、もーー!!とか思っちゃダメなんですよね・・・
なるべく取ってあげるようにしています。

いや…大変だね

本当に認知症の介護は大変ですね。

施設だって同じ…やはり特別に手を焼く方はいます
一人の認知症の方にスタッフ全員で対応なんて方
だから、ご家族も介護しきれなくなり施設を選択
それがまた気に入らない…夜勤は眠れない
…深夜30分おきに緊急電話…幾ら説明しても駄目
 「どうして私がここにいるの」 「家に帰りたい」

ご家族は毎日のこと…

…認知は病気と思っても、実際に介護する方悩むよね
いつまで続くのか、もっと酷くなるのかなど…

介護者が疲れないように・・・ポチ・・・して帰ります。

行動の根拠?

絵莉さんのお宅もそうですか!ホッ(笑)

食事時に限らずいろんな失敗がどんどん増えていって、それ自体はまぁ仕方がないので、どうということはないのですが、ただ、時々、不可解な行動にどうしてだろう?って思っちゃったりもするのです。
考えてもあまり意味ないことですけどね~


介護は・・・

先の見えないトンネルですね。

日々のこと、この先のこと、悩みはつきませんが、同じ立場の皆さんと励まし合ったり、僅かな喜びを見つけながら、進んでいくしかありません。

華之将さんのお言葉にもいつも励まされています。どうもありがとうございます。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。