スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

幸せの意味

諸々考え込んでしまい、ちょっとブログが止まっていました。

私には妹が1人いて市内の少し離れたところに嫁いでいますが、母を自宅で介護していた頃、妹とは何度か衝突しました。
以前ここでも書きましたが、一度大喧嘩した後、もう私には妹はいない!とまで思い詰めたものです。

今になって思えば、どうしてあんなに気持ちが頑なになって、何でも非難されていると思ったのか・・・やはり母の介護で全てに余裕がなくいっぱいいっぱい、精神的にも肉体的にもギリギリのところに追い詰められていたのでしょう。

あの時、妹との関係をすぐ修復できて、その後は一度もわだかまりなくやってこれたこと、本当に良かったと今あらためて思います。

妹が昨秋の乳ガン検診でクロ判定され、今日から化学療法を受けることになりました。
妹の子供は高校1年生と小学6年生で、本人は全然大丈夫!と明るく気丈に振る舞っていますが、自分の病気だけでなく山ほどの心配事があるはずです。
妹は病院で働く現役ではないものの看護師ですから、それなりの判断も覚悟もできているのだと思いますが、子供のいない私にとって母を除けば唯一の肉親、妹のために私ができることは何だろうか・・・と考えていました。

認知症になる前に母が妹の病気のことを知ったら、どんなに心痛め心配したことでしょう。
それを想像した時、母が今の状態で良かったかもしれないと初めて思いました。
聞いても忘れてしまう、いえ、今は聞いても理解さえできないでしょう。
忘れてしまうこと、分からなくなってしまうことが幸せと思うことがあるのですね。

妹は昨日言っていました。
変な言い方だけど、病気になって今は幸せ。一緒に戦ってくれる人がたくさんいるから。
そして子供のいない私達夫婦の介護ができる位必ず元気に復活すると。

母が元気だったら妹にしてあげたであろうことを、母の代理は無理だけれど、真似ごとぐらいは私にも出来そうです。
今の私はそれが出来ることに感謝し、幸せと思わなければいけませんね・・・





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

翡翠さん、おはよう。
妹さんのこと心配だろうけど、今はいいお薬もたくさんあるし、ある意味乳がんは慢性疾患と思って、長いお付き合いを覚悟する病気と言われてます。
周りにできることは<聴いてあげること>
その人が必要とするときに側にいて、話を聞いてくれる、これはありがたいです。 
情報など必要なものがあったらいつでも言ってくださいね。 

NoTitle

翡翠さん おはようございます。

妹さんの事心配ですよね・・・・・・・

義妹が乳癌になったのは 認知症発症と保々同時期でした

独身の義妹は気丈に振舞っていました。
当時は義母も健在で 自分が先に逝くこと覚悟していたのか? 生命保険も殆ど完済 それなりのお金も残していました。
近くには私達が居ましたが 相談される事なく自分ひとりで思い悩んで痛んだと思います。

>そして子供のいない私達夫婦の介護ができる位必ず元気に復活すると。<
本当に 素敵な・・・立派な妹さんですね!
私には 弟しかいません、歳が離れてるせいもありますが 今はお嫁さんに気を使ってるのか あまり付き合いもありません。

妹さんが元気になられる事願ってます。

NoTitle

翡翠さん、こんにちは。

妹さんのこと、ご心配でしょうね。でも乳がんを克服して元気に暮らしていらっしゃる方が大勢いるので、きっと大丈夫です!ご快癒を祈っております。

同性の姉妹だから遠慮なく喧嘩もできたんでしょうね。年を重ねると、同性の兄弟姉妹は皆さん若いころより仲良くなられるようですね。やがて老姉妹がいろんなご苦労を思い出話として語り合う・・・。弟しかいない私にはちょっとうらやましい光景です。

ではまた。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

皆様どうもありがとうございます

リリーさん

どうもありがとうございます。

友人知人その他私の周りにも同じ病気を戦っている人たちが沢山いて、それなりに分かっているつもりでしたが、妹からの病気の告白はうろたえてしまいました。

私にできることは、傍にいること、聞いてあげること・・・ですね。分かりました。ありがとうございます。

リリーさんには、これからお聞きしたいことが沢山あると思いますので、またその時はどうぞ宜しくお願いします。


うさぎさん

どうもありがとうございます。

義妹さんは人並み以上に一人で頑張ってこられ、病気になった時のお気持ちはどんなにお辛かったことか、私には想像もつきません。

子供のころは、それなりに可愛かったけれど超生意気!?な妹よりもお兄さんや弟が欲しいと思いましたが、今はこの妹がいてくれて本当に良かったと思います。

まつこさん

どうもありがとうございます。

皆さんに大丈夫!と言っていただき、とても嬉しいです。

思えば、子供の頃から、妹とは文字通り、喜怒哀楽の感情と共に様々な場面を共有してきました。
正直にぶつかってきたからこそ、今本当にお互いの存在が大切なのでしょうね。
男女の区別は関係ないと思いますが、私にはこの妹で良かったと思います。

大丈夫!!

妹さんの事、本当にご心配ですね。
なによりも、自分の先がどう展開していくのかを考えるとき、きっと、凹んだり、心配したりなさるのだと思います。
私も、未だに、その思いは時々襲ってくるのですが、
でも、病気になって、気付く、たくさんの幸せがあるのですよ。
何もなければ気付けない、何気ない日々が、心から有難く思えるんです。
人生の視点が変わるというか・・・。
治療をしつつ、日々を大事に過ごすことになりますが、
翡翠さんという頼りになるお姉さまもそばにいらっしゃるのですから、妹さんは心強いと思いますよ。
誰にとっても大切な一度きりの人生、支え合う兄弟や、関わってくれるすべての方の優しさを感じながら、人って案外強くなれるようにも感じています。
だから、妹さんもきっと強い気持ちで乗り越えて下さると信じます。
ここにも、もうすぐ11年になる人間がおりますので、諦めないで、支えてあげて下さいね。
これからも、きっと、良い新薬が出てくると信じて!!
私でなにかお役に立てることがあれば、良いのですが。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

hiroさん、どうもありがとうございます。

hiroさんのお言葉を一つ一つ噛みしめるように読んでいたら、ウルっときてしまいました。
病気になって気付くたくさんの幸せ・・・そうなんですね。
私なりに出来ることを頑張って、妹を支えていきたいと思います。

これから先hiroさんにお話を伺いたいことも出てくると思います。その時はまたどうぞ宜しくお願いします。

NoTitle

翡翠さん、こんばんは。

妹さんのご病気、さぞショックだったと思います。

私の友達にも、乳がんになった方いありますが、お元気で過ごしていらっしゃいます。
妹さん自身、強い気持ちで臨んでいらっしゃいますから、克服してお元気になられますよ。

それにしても、みなさんのお話読みながら、私も妹がいてほんとによかったと思いました。

NoTitle

みかんさん

どうもありがとうございます。
皆さんからの暖かい励ましのお言葉の数々・・・本当に嬉しく思います。

みかんさんもご姉妹で協力して介護されていますものね。
姉妹で衝突することもありますが、同性同士分かり合えることも思いやれることもたくさんあるので、やはり妹の存在は有り難いですね。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。