スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ものは試し

この週末の母は、「曇り空」模様(ちょっとドンヨリ)、時々薄日が差す(反応してくれる)程度でした。

母の言葉を聞き取れないことが少しずつ増えてきているように思います。
「ありがとう」、「何ですか」、「そうだね」等、短い言葉はとてもハッキリと言えることもあるのですが、
口をあまり開けず、呂律も回らないようで、
「●●が●●だった」のように少し長い言葉になると、母が何を言っているのか分からないのです。
意味が全く分からなくても、適当に相槌をうって返事をしてしまいますが・・・(苦笑)

お粥&ミキサー食という今の母の食事は、ほどんど咀嚼をすることなく済んでしまいますので、それも口腔機能の衰えに拍車をかけているのでしょうね。

少し調べて見たところ、口腔周囲筋を動かすことが、発音機能の改善に役立つようで、
歌やしりとりの他にゲーム感覚で行うトレーニングとして、
風船を膨らます、笛を吹く、ストローをブクブク吹く、シャボン玉を作る等々が良いそうです。

今の母に、歌やしりとりは無理でしょうが、笛を吹くとか、ストローをブクブク吹く位なら出来るかもしれません。
顔のマッサージで表面の筋肉を少し動かし、笛を吹くことで口腔内の筋肉の低下を防ぐ・・・どうでしょうか。

子供の玩具で、笛の先に紙が巻いてあって、笛を吹くとピューッという音がすると同時にそれがカメレオンの舌のように伸びるの、あれが良いのではないかと、ふと思いつきました。
またまた調べてみたところ、あれは「吹き戻し」という名前だそうで・・・私は知りませんでした。

元々プライドが高い母、そんな子供だましのもの!って無視されるかもしれませんが、
物は試し、今度の週末までに、吹き戻しが手に入れば、さっそく試してみたいと思います。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

翡翠さん こんばんは。

お互い試行錯誤の毎日ですね!

吹き戻し・・・・よくスーパー内で簡単な子供のおもちゃを
置いてる所で見かけます!

案外 お母さんは懐かしい思いがあるのでは・・・・・

徐々に機能が落ちてくるのは 解っていても切ない
ですね!

しかし 少しでも改善 遅らせる事も まだ諦める段階ではないのでは・・・お母さんは義妹に比べると言葉も
発する事が出来ておられます!

希望は お互い捨てないようにしたいですね!

NoTitle

翡翠さん、こんばんんは。

お母様、季節の変わり目や夕暮れが早くなったこと、関係あるんでしょうか。

母も、10月に入ってから不安感が増してきたように思います。
本格的な介護1年目なので、先が見えないこと、ほんとに心配です。

お母様、この時期いつもこんなふうになったりとか、ありませんでしたでしょうか。

吹き戻し、私も100円ショップのおもちゃ売り場でみたような。。。
他にも、懐かしいおもちゃも一緒に持っていかれたらいかがでしょうか。
興味を示していただけると、いい刺激になりそうですね。

NoTitle

お母様、吹き戻しにご興味を示して下さると良いですね。
どんなことも、やってみなければわかりませんものね。
楽しみながら、ゲーム感覚で・・・ですね。
良い成果につながります様に。
睨めっこなんかも笑を招きよいかもしれませんよ。
童心にかえって、遊べると良いですね♪
今週末も頑張りましょうね^^

NoTitle

うさぎさん、どうもありがとうございます。

試行錯誤・・・本当ですね!

治ることはない悪くなっていくだけの病気であっても、出来るだけ良い状態を長続きさせたいですものね。
うさぎさんはいろいろな工夫をされていて、私も学ばなければ、と思っています。
希望は捨てない・・・これも介護を通して学んだことです。

母の反応がどうなのか、ちょっとドキドキですが、試してみます!

みかんさん、どうもありがとうございます。

認知症の場合、夕方外が暗くなると不安を感じ不穏になる、季節の変わり目に自律神経がついていかずに、結果問題行動が出るようになる、というのを以前本で読んだことがあります。

母はまさに「夕暮れ症候群」でしたし、夜は落ち着きがありませんでした。
また、秋から冬、冬から春への変わり目に、ガクッと症状が悪くなったように思います。

日没が早くなり、肌寒くなり、どちらかと言えば陰の季節に向かっているので、不安感が煽られる、ということもあるのかもしれませんね。

みかんさんのお母様はまだまだしっかりしておられるので、安心する、気持ちが落ちつく「何か」が見つかるとよいのですが・・・

hiroさん、どうもありがとうございます。

土曜日の女同盟(笑)今週末も、hiroさんのことを思い出しながら私も出動してまいります。

にらめっこですか!私が変な顔して母を笑わせる、という手もありますね。ありがとうございます。

やってみなければ分からないし、たとえ1回ダメでも諦めない、少しずつでも継続してやっていくことが大事、ですよね。そう自分に言い聞かせています。

NoTitle

翡翠さん、こんばんは。

「吹き戻し」、お試しになりましたか。音も出るので、たのしそうな感じがしますが、いかがだったでしょう。シャボン玉なども、きれいで喜んでいただけそうな気がします。口の筋肉を動かすには、笑うのが一番。ピューっという音で笑ってもらえるといいですね。

吹き戻し

翡翠さん、こんばんは。
年をとって咀嚼も弱くなると、呂律が回らなくなってくるんだよね。 父も脳梗塞の後遺症もあり、滑舌はどんどん悪くなっていきました。 なぜか私だけは父の言葉が理解できて、皆に通訳していたことも。
ハーモニカを試させたりもしましたよ。
口を動かすのが一番のリハビリなんですよね。
とにかく話しかけること、返事がなくても一人でしゃべっていてもいいから、話し続けることがいいかも。 どこかでスイッチが入ってしゃべりだしたらりすることもあるから。
楽しい時間をお過ごしくださいね。

どうもありがとうございます

まつこさん、どうもありがとうございます。

吹き戻し試してみました。後ほど報告がてらブログアップします♪
そうそう、本当は笑うのが一番なのですよね。
笑いを誘うためにも、シャボン玉とか笛とか、いろいろ試してみたいと思います。

リリーさん、どうもありがとうございます。

お父様の通訳ですか~すごい!私はまだ修行が足りません・・・(苦笑)

話し続けることがやはり大事ですね。
あまりに無反応だと、ちょっと気持ちが萎えてしまうこともあるのですが、母のリハビリと思って、諦めずに頑張ります!
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。