スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがたきこと

もともと社交的でなく人付き合いが少なかった母には、唯一といっていい中学・高校時代のお友達(=I子ちゃん)が1人いて、たまに電話で長話をしたり、何らかの品物を送り合ったりというお付き合いをしていました。

母が認知症となってしばらくしたある時、I子ちゃんから電話がかかってきました。「お母さん何かおかしくない?私が紅茶をお母さん宛に送ったんだけど、同じ日に3回お礼の電話がかかってきて」「えぇ・・・そうなんです。実は・・・」母が認知症であることを話して納得していただきました。

私としては、母のお友達にご迷惑をかけたくありませんでしたので、こちらから連絡を取ることはしていないのですが、有難いことに、I子ちゃんはその後も相変わらず、定期的に「お母さんはどう?」と電話をしてきてくださるのです。

昨晩も久し振りにお電話いただき、たまたま母が傍にいたので、時々私のことも分からないという感じなので、どうなるか分かりませんが、母と話してみてくださいとお願いし、母には「お友達にI子ちゃんっていたでしょ?電話がかかってきたから話してみる?」、母「あぁ・・うん!」

その後のI子ちゃんとの電話のやりとりでは、母は「そう!、うん、そうでもない、へぇ~」等々はっきりとした声で受け答えをしていました。母から何か話をふることはできませんでしたが、I子ちゃんの話しかけに一生懸命に答え、最後には「会いたいね」と母。

傍で聞いていた私はとても嬉しかったです。
ここ数ヶ月は、何を聞いても「分からない」で自分から何かしたいと言ったことはなかった母です。

もう昨晩の電話のことは覚えていないと思いますが、たとえその一瞬だけでも母は
I子ちゃんと話ができて嬉しかったはずです。その一瞬でも楽しい、嬉しいと母が感じられることを増やしていければなぁ~と思います。

I子ちゃんは、また電話するし、様子をみて母に会いに行くからね、っと言ってくださいました。

本当にありがたく嬉しい出来事でした。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

それは嬉しいですねぇ~。
けっこう、昔なじみのことだと覚えていたりするので、お友達からの連絡とかはいいですね。
お友達とお話をされたこと自体は忘れちゃっても、楽しいって感情は残ると思うので、良かったですね。
うちの父も友達少ないし、自分から連絡を取らない人なんで、たまーーに連絡があると嬉しそうです。

NoTitle

絵莉さん、ほんと嬉しかったです。
母のお友達も「少し刺激になったかしら」って仰ってくださって・・・

片っ端から忘れていくとは思いますが^^;;;とにかく少しでも多く母に良い時間を提供できたらって思います。

NoTitle

突然失礼します。…無関係者(~~zzz
認知症のお母様これからも介護が大変だと思います。
一口に認知症といっても色々なタイプがあります。
ただ、共通して言えることは、その一瞬の判断は正確であることが多いものです。
特に昔の記憶など鮮明に覚えています。
http://happy.ap.teacup.com/hananosyou/1.html
>片っ端から忘れていくとは思いますが…母に良い時間を
そうですね。…日々を大切に過ごしてください。
ブログを最初から読んだ訳ではありませんので詳しい事は判りません。
ケアマネなどと良く相談し、ご自分が介護ストレスにならないように気をつけてください。
…ポチ・・・

NoTitle

華之将さま、暖かいお言葉ありがとうございます。

華之将さまのブログは、これからの介護の参考にさせていただけそうなので、またゆっくり訪問させていただきます。

NoTitle

お久しぶりです
嬉しい出来事、よかったですネ!

私もちょうど、母の姪にあたる親戚の家に、母を連れて数年ぶりに行ったところです

やはりアルツハイマー病の家族がいたお宅だったので
暖かく、すべてわかった対応をしてくれて、私も本当に嬉しかったです

主介護者だった母の姪が
「(兄弟の)一番上は大変なのよ。他の兄弟は『またね』って帰れても、自分はそうはいかなんだから」と

まったくその通りで、翡翠さんをはじめ、一緒に暮して介護している方々のご苦労を改めて思いました

NoTitle

ナビコさん

またよろしくお願いします♪

お母様もナビコさんと一緒に出かけられて、暖かいおもてなしを受けて、さぞ喜ばれたことでしょう。

少しずつ症状が進んでいく母との間で、ほんの一瞬だけでも嬉しいと感じる出来事を大切にしたいと、思っています。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。