スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こだわりのもの-その1

母の認知症の症状が急に進んだ昨年から、母が執着しはじめたもの、それはテイッシュペーバーつまようじでした。

居間においてあるティッシュペーパーの箱に「○○」と自分の名前を書き、家族でドライブに出かけた時、車に積んであるティッシュペーパーの箱を毎回「これは私のだ!」と抱きかかえて離さない(まぁ、これらはどうでもよいことなので、ご愛敬)、徘徊が始まったときも、バッグにティッシュペーパーの箱とつまようじ、そしてスリッパを押し込んでお出かけしてました。

最近、母は、箱に入ったティッシュペーバーもポケットティッシュも全て1枚1枚取り出してたたみ、それをいつも下げている小さなポシェットと「お出かけモード」の時に持って行くバッグにギュウギュウに詰め込んでいます。
で、お鼻をチンしたとき等の使用済みティッシュをまたその中に戻すので、時々私が母に見つからないようポシェットとバッグをチェックしています。母の目の前で捨てようとすると拒絶されるので・・・が、きれいなティッシュも使用済みティッシュも、たいていゴチャゴチャになっていて区別がつかず、仕方がないので適当に捨てています。母は気が向くとずーっとティッシュを取り出し&たたみ作業を繰り返しているので、あっという間にティッシュペーパー1箱がなくなります。

たかがティッシュペーパー、母のおもちゃ?としては安いものですが、この「エコ」の時代に、紙の無駄使いはとても心が痛み、しかし、母の行動を止めることもできず、悩ましいところです・・・



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

わかります、わかります。
父の認知症のせいかどうかは判然としないのですが、うちも、ティッシュとトイレットペーパーの消費が早くなっていて、「エコの時代に、これでいいのか」と思うことがあります。
でも、止められないですからねぇ。
せめて、エコバッグなどを持つようにして帳尻あわせています(^^;

「エコの時代」…忘れましょう

認知症になった方に多い収集癖の段階ですね。

>「エコ」の時代に、紙の無駄使いはとても心が痛み、…

お気持ちはわかります。しかし考えてください?
今の高齢者の方は、戦争や貧しい生活を乗り越え…豊かな日本を作った貢献者
…今の若者達がガソリン撒き散らして走るのと違います
 …使い捨てでまだ使えるもの買い替えているのとも違います
  ・・・認知からくる紙の無駄遣いくらい…優しい目でみてね

認知症はこれからも介護が大変です。
介護者にとって心配やいらいらも多くなります。

ストレスをためないためにも…大きな視線で見てください(~~)

今の豊かな生活の基礎を作った方々が
  …幸せな晩年をと、心から願っています…  ポチ・・・

帳尻合わせ

絵莉さん、そうなんですよね~
仕方がないが、これで良いのかと、ちょっと良心が・・・^^;;;

私もエコバックを使用し、割り箸等も極力使わず、出来ることは心がけているので、そこで勘弁して貰うしかないですね。。

大きな目線

華之将様、ありがとうございます。
確かに仰るとおりです。無駄遣いという意味では、私の方が遥かに無駄遣いをしているでしょう。

一応頭では分かってはいるのですが、時々大きなため息と共に考え込んでしまいます。
こと、介護に関しては、もっと物ごとを大きく見ないとだめですね。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。