スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一瞬ぞっと・・・

昨日の午前中、母のホームから電話がありました。

ホームの名前を聞いた途端、心臓がドキンとし、一瞬で様々な想像が頭を駆けめぐります。

前の晩、母を左側臥位で寝かせた後、定例巡回に行ったところ、母は俯せになっており、顔面が圧迫されて顔色がやや変色、血圧が一時通常より高く、一度嘔吐、酸素血中濃度は正常、
今朝は顔色、血圧とも正常に戻り、朝食も普段と同様に摂取、というご連絡でした。

母は入所時より体がしっかりしてきているので、自分で少し体をずらすような動きをしたり、腕を動かすことがあります。
連絡をして下さった介護士長さんによれば、たまたま腕を伸ばした先にベッドの柵があり、柵のパイプを握って寝返りができたのでしょう、とのこと。

しかし、俯せになったまま自分でまた元に戻ることはできなかった。

巡回での発見が遅れていたら、と思うと、ぞっとします。

一方で、上半身の力はまだまだしっかりしている、ということは嬉しく思います。

前日土曜日に母のところに行ったので、日曜日は他の予定を入れていて、それでも母の様子を見に行こうかと迷いました。
そんな私の気持ちを察したのか、介護士長さんが最後に、今は昨日会いに来られた時のご様子と全く変わりありませんよ、と言われたので、申し訳ないと思いつつ、自分の用事を済ませることにしました。

今後、側臥位、仰臥位の様子を十分注意しながら見ていき、良い対処方法を考えます、ということで介護士長さんとのお話は終わりました。

妹と相談し、今ホームで支給されている枕ではなく、母にあった枕を探す、側臥位用の全身抱き枕を試してみる等々、こちらもいろいろ考えてみたいと思います。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

翡翠さん、こんにちは。

大事にならずにすんで良かったですね。電話をお受けになったときは、さぞ動揺されたことと思います。でも夜間もちゃんと巡回して細かく様子を見てくださる施設だということが分かって、安心できますね。

父が寝たきりになったとき、膝にはさむクッションや、背中に当てる枕とか、さまざまな支えを使ったなあと思いだしまし。お母様の状態にあった枕が見つかるといいですね。

NoTitle

翡翠さん、 大事に至らなくて何よりです。
私も携帯に父のホームからかかってきた時は、心臓がバクバクしていました。 いつも入院やら発熱のお知らせだったから。 でもしっかりした対応していただけるホームで良かったです。 
枕やクッションは苦労しますよね。 私の父は痩せて、骨がマットレスにあたって痛いと訴えていたので、低反発のクッションを何個か背中や腕にあてていました。
お母さまにあった枕が見つかりますように。
暑いからお身体ご自愛くださいね。

ありがとうございます

まつこさん

どうもありがとうございます。
まつこさんも同じだと思いますが、母親のことで、いつ、どんな連絡が入るかもしれない、と常々ある程度の覚悟はしていますが、やっぱり・・・アタフタ・・・動揺します(苦笑)

ホーム側での対応は信頼できる、と思っていますので、お任せしつつ、こちらで出来ることを考えて、ホーム側と話していきたいと思います。

リリーさん

どうもありがとうございます。
心身ともに衰えているので、いろんなことが起こるのは仕方がないものの、その対応が一番大事。
リリーさんのお父様と同様、信頼できるホームなので、これからいろいろ考え、話していきたいと思います。

東京の暑さは重く体にこたえますね、それに比べれば
静岡の暑さは、まだマシ、軽く感じます。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。