スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニットケア移行後(続き)

W杯南アフリカ大会が始まってからどうも寝不足気味ですzzz

さて、話が前後してしまいましたが・・・ユニットケアに移行した後、私が気になっているのは、食事です。

母はトロミ・極刻み食・お粥ですが、移転前は施設内で食事が作られ、固形ではないものの、見た目と匂いで何のお料理かが大体分かりました。
キュウリはすりおろされているけれど、これはキュウリと卵のサラダ、とか、鶏肉の固まりはないけれど、これは鶏肉とニンジンを甘辛く煮たのだろう、とか。すりおろしやすりつぶされていても、ちゃんと使っている食材が分かったのです。

移転後、食事は業者に委託するようになりました。

ユニット毎に、綺麗な色のスーツケースみたいなボックスに食事と器がキチンと収まって配膳されてくるのですが、そのスマートさとは逆に中身はどうもお粗末のようです。

母の場合、とにかく固形でなくしてトロミさえつければ、みたいな感じで、彩りも考えているとは思えず、一目見て何のお料理なのか分からないことが多いです。

また、何故か配られるお椀の数が足りないことがあるので、スタッフの方がそんな時のために幾つかの食器をユニット内のキッチンに備えるようになりました。

移転後の食事については、スタッフの方々も不満をお持ちのようで、「何で今日は煮物みたいのが2つあるんだろう」「またお椀が足りない」「これ、プルプルし過ぎ!」「どうしてトレイに全て収まらない食器を入れてくるのだろう」等々の声が私にも聞こえてきます。

先月、これはとろみ剤?片栗粉?の量を間違えていませんか?位のトロミというよりはプルプルゼリー状のおかずが出てきたので、スタッフの方に「これはちょっと・・・」とお話しました。
他にもどこからかクレームがあったのか、その後は少し改善されたように思います。

現場で働いているヘルパーさんや介護士さんの方々は、なかなか上の方に不満や意見を言うことは難しいと思いますので、また様子を見ながら、私自身がしかるべくお話をしようと思っています。
どんな状態になっても「食」は大事ですものね。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

NoTitle

翡翠さん、私の父がお世話になった特養もお食事が自慢の特養でした。
でも今はやはり業者から仕入れているようです。
すべて予算の関係のようです。 身体も不自由になったお年寄りの大きな楽しみが食です。
仰る通り、見た目、食感、味、すべてがうまく絡み合って美味しいと思うのですよね。 何とかならないのかな....
昨年、料理研究家の辰巳芳子先生が提唱する介護食のフレンチのフルコースをいただきましたが、こういう食事ができれば元気になるのではと思いました。 食への関心がもっと大きくなるといいですね。すべての基本ですもの。 

NoTitle

翡翠さん こんばんは。

いろいろ御心配をかけましたm(__)m

義妹は 水分の摂取が困難なんで水分のみトロミをつけてます。
施設の方に180ccでスプーン何倍と実際作ったのをみせましたが・・・日によってしゃぶしゃぶだったり ゼリー状
作る方が毎回違うのだと思いますが・・・・・

食べ物も普通食なんですが、荒めの刻み食にしましょうかと言われましたが 自宅でも食べる直前につぶしたり
キッチンバサミできってます。

食事は味覚もありますが視覚も食欲に関係してくると思うので 施設でも普通食にしてもらってます。

難題

翡翠さん、施設のお食事もこうして、時々、覗いてみる事は必要なのですね。
一人一人にあった食事は本当に大事なことですものね。
義母も今、ギリギリの所に居るので、人事ではありません。
業者に委ねるようになると人の顔が見えない食事になりかねないのですね。
なんとか、改善されると良いですね。

皆様、どうもありがとうございます

リリーさん

リリーさんのお父様のところもそうでしたか・・・やはり「予算の関係」ですよね。
ユニットケアに移行し、予算が厳しいのは分かりますが、ホームのお年寄りにとって、食べることは楽しみの一つであり、生きる基本ですから、何とか少しでも良くならないものかと、思います。

うさぎさん

義妹さん、普通食が召し上がれるのであれば、できるだけそうしたいですよね。
刻み食、母はこれしか食べられないと分かっていても、私は見ただけで、食べたくなくなります(苦笑)
食事は、味覚・嗅覚・視覚・食感、どれも大事ですね。

hiroさん

まさに、仰るとおり、人の顔が見えない食事になっているのですね。
スタッフの方は個別に気を遣って下さいますが、元々の食事が「プルプル」では・・・

いろんな状況が少しでも改善されるためにも、家族が施設に顔を出す、って大事なことですね。

NoTitle

翡翠さん、こんばんは。

義理の父が96歳でちょっと嚥下障害があるのですが、むせるものとむせないものの区別がもう一つ判然としません。カリフラワーのポタージュは大丈夫なのに、かぼちゃのポタージュはダメ。

人によって、あるいは食材によって、個別的な対応が必要みたいですね。施設ではなかなかそこまで細やかな対応は難しいでしょうけれど、でも家族が頻繁に行けば、患者さんたちのためだけではなく、ご家族のためにもできるだけのことをしよう、という気持ちになってくださるのでしょうね。父が療養型の病院に長期入院していたとき、母が毎日通っていたのですが、看護師さんたちのケアが他の人に比べ、うちの父にはちょっと手厚いように見えました。

初めまして

翡翠さん、初めまして、みかんと申します。

私も、認知症の母の介護、まだまだ初心者ですがやっています。

今年の2月初めごろ、初めてここのブログにお邪魔しました。
最初から記事を読ませていただいて、翡翠さんのお母様を想うお気持ち感動しました。
母の気持ちになって考えること、教えていただきました。

そして、私もブログを書いて記録を残しておこうと思いました。
ほんとは、感動してすぐコメントを入れたかったのですが、勇気がなく、今に至ってしまいました。
ブログを書いたおかげで、ここにもこられているうさぎさんからも、たくさん励ましていただきました。

うさぎさんのブログで、翡翠さんのお名前を拝見して、やっとコメント入れる勇気が出ました。

ほんとに、ありがとうございました。

NoTitle

まつこさん

どうもありがとうございます。
同じポタージュなのに、カリフラワーとカボチャとで嚥下の状態が違うのは何でしょう・・・食材の繊維質でしょうか?

病院でも施設でもやはり家族はちゃんと見てますよ、という姿勢が大切なのでしょうね。
母の為だけではなく、これからも言うべき時と思った時には声を上げたいと思います。

みかんさん

コメントいただき、どうもありがとうございます。とても嬉しかったです。
母の介護に追い詰められ、崖っぷちに立たされたような気分になった時、自分自身の逃げ道を作りたくて勝手気ままに始めたブログでしたが、みかんさんのお言葉に、救われた気がします。
こちらこそ、お礼を申し上げたいです。

これからもよろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。