スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボチボチと

またしばらく間があいてしまいました。皆さんのところにもすっかりご無沙汰しています。

4月にひいた風邪の治りが悪く、GW頃になってやっと咳が治まりました。体が丈夫なだけが取り柄の私には珍しいことです。
また、この歳で「5月病」というわけではないでしょうが、先月来訳もなくどうにも気分が鬱々として何事にもやる気が起きず、表面上はいつもどおり仕事と家事を淡々とこなし、母のところにも変わらずに通ってはいたのですが、時々衝動的に、全てを投げ出したい、ひきこもりたい、なんて思ったり、妙に全てが空しくなり孤独感や焦りを感じたり・・・不安定な日々が続いていました。

考えてみれば、とても我が儘な話です。
母を自宅で介護していた頃は、常に時間に追われて全てが精神的にも肉体的にもギリギリの生活、1週間先のことを考えることさえままならなかったのに、今は自分のために自由に時間が使えるようになったのですから、こんなことを言っては申し訳ない、罰が当たりますね・・・

そんなこんなで悶々とした日が続いていたのですが、初夏らしい日が続き、新緑や周りの花々を愛でる余裕が出てきて、やっと気持ちが前向きになってきました。

母の日に、プリザーブドフラワーのカーネーションを母のところに持っていきました。
母はご機嫌がイマイチで、お花には見向きもしませんでしたが(苦笑)、こんなことにめげてはいられませんね。
またボチボチとやっていきますので、宜しくお願いします。


hahanohi



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

翡翠さん、お久しぶりです。

長年のご苦労で心身にお疲れがたまっているのでしょうね。あまりご無理なさらず、のんびり回復するのを待てばよいのではないでしょうか。

私の母はまだそれほど手間はかかりませんが、話し相手をしているだけで、イライラや焦燥感が募ってきます。どうしてもその疲れを仕事や日常生活でもひきずってしまうのですが・・・。

でも親の介護は人生の一部で、私たちにはまだまだほかにやりたいこともあれば、やらねばならないこともあります。私たちをこの世に送り出してくれた親のためにも、自分の心や体をいたわり、生活を大切にしていきましょうね。

Re: どうもありがとうございます

> まつこさん、暖かいお言葉をどうもありがとうございます。
>
> 人生の折り返し地点はもう過ぎてしまい、この先残りの自分の人生を、どう過ごすのかは自分の心の持ちようだ、時間を大切にして生きよう、とそこまで思える程度に回復してきました(笑)
>
> 仰るとおり、自分を大切にして生きることも親孝行の1つですよね。無理せず前向きに生きなければ!

NoTitle

翡翠さん
母が外泊中に食べ物を詰まらせ
あっけなく逝ってしまいました
5月7日享年84歳でした
あまり苦しまず穏やかに眠る顔は
認知症を患う前の顔に戻っていました
今はただ心の準備のない突然の別れに
涙が止まりません

ゆえさんへ

ゆえさん

あまりに突然のお母様の悲報、驚きました。
心よりご冥福をお祈りいたします。
メールを送らせていただきました。

NoTitle

4年前から出たチック症状、そして口のモグモグ運動は母の嚥下機能低下の序章だったのかもしれません。2月にノロウイルス発生で面会できない1ヶ月ほどの間に少々厳しい状態になってきました。
母の施設の嘱託医は認知症専門医ではなく、隣部屋のレビーの夜間せん妄を3年間治せないので、ケアマネージャーから執拗に主治医を施設の嘱託医に変えるようにいわれることに抵抗してきました。何とか受診がかなった認知症専門病院の神経内科で出た診断はアルツハイマー後期で、薬での改善は無理ということでした。
がっかりして落ち込みました。母が思ったより悪い状態だったからだけではなく、医師から診断の結果を聞きに行った日、奥歯の詰め物がとれて舌に出来た口内炎にあたり、激痛で話を聞ける状態ではないというお粗末をしでかしたからでした。
今日は母をやっと受診をOKしてくれた肛門科へ連れて行きます。うまく脱肛が治ってくれればいいのですが。
10日22時10分に更新を知りましたが頭が働かず(いつものことですが)、まあこの程度に回復しました。
先々のことを考えても、必ずしも思い通りに行かないのが人生。バナナでも食べて(松澤大樹理論によればうつにもいいそうです)一歩一歩進みましょう。

ゆえさんのお母様のご冥福をお祈りします。

お大事にね

介護疲れは、後からやってくるものだと伺った事があります。
義母様への気遣いをなさりながらのお母様の介護は本当に気付かぬうちに、沢山の疲労を溜め込んでいた事とお察し致します。
専門家のお力に頼り、信じて、今は、翡翠さんの心身をゆっくりと休ませてあげる時期なのではないかと感じましたよ。
お仕事も持たれていらっしゃるのですから、せめてご自宅ではゆっくりのんびり出来るお時間を少しでもとってお過ごし下さいね。焦らず、気負わず、じっくりとご自身と向き合う時間を大事になさって下さいね。
一番大事なことは、翡翠さんが自分を大事に過ごす事なのですから。
・・・・と最近自分にも言い聞かせております^^;

どうもありがとうございます

mizuhoさん

お母様の為にお一人で頑張っていらっしゃるお姿には、いつも敬服するばかりです。
長い介護生活で、mizuhoさんご自身のお疲れも相当たまっていると思います。私など足下にも及ばないくらい・・・
mizuhoさんがお元気でなければお母様も悲しまれます。どうぞご自身の健康にも充分気をつけてくださいね。

バナナ、たま~に食べますが、たしかに食べた後は元気が湧いてくるような気がします(笑)

hiroさん

いつも心温まるお言葉をどうもありがとうございます。じーんときています。。。
きっと年齢的な要因もあるのかもしれませんが、仰るとおり、焦らず無理せず休み休みやってみます。

hiroさんは頑張り過ぎですよ~もう少し手抜きが必要です!(笑)

心の洗濯

翡翠さん
少し元気を取り戻したかな?
自宅で介護をしている時とは違う精神的疲れがあるんだと思う。 私もそうだったから。 父をホームに預けている負い目につぶされそうだった。
身体から来る疲れと心の疲れは違うよね。
どうか、どうか気持ちを楽に。 今の状況は皆にとって一番いい状況だし、そうしていくことが親孝行だよ。
翡翠さんが元気で幸せでいること、心からの笑顔でお母さまに会いにいくこと、これがベストです。
疲れたらいつでもメールください。

ありがとうございます

リリーさん

どうもありがとうございます。優しいお言葉に思わず泣けてしまいました。
負い目につぶされそう、、、リリーさんも同じ思いをされたのですね。
当たり前のことですが、自分一人じゃない、あらためてそう思うと心が軽くなります。
本当にありがとうございます。
また、元気を貰いにリリーさんのところにおじゃまします。
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。