スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

耳掃除

昨日の母は、最初話しかけても返事をしませんでした。
多分どこか違う世界を彷徨っているのだろうな~と思いましたが、こっちの世界に帰ってきてもらおうと、あれこれ話しかけ、昼食を食べさせているうちに、私の言葉に少しずつ反応してくれるようになりました。
こういう時、暫くの間はそのままほっておく方が本当は良いのでしょうか?
正直よく分かりませんが、私の場合は母の反応にお構いなく!?話し続けます。
母からうるさい!と言われなければいいのではないかと思いますし、また、私からのどんな言葉に母が反応するのかをいろいろ試したいのです。

昼食後、母の耳掃除をしばらくしていないことに気がつきました。
顔剃り、爪切り、耳掃除等々、母は嫌がらずにさせてくれるので助かります。
そして、母が大人しく任せてくれるのは、たとえ娘と分からなくても私のことを信用してもいい人だと母が思っているからに違いない、と嬉しくなります。勝手な思い込みかもしれませんが・・・

綿棒で母の耳掃除をしたところ、いっぱい出てきました~(汚い話ですみません)
おもわず、母に綿棒を見せ、「ほら~こんなに大きいのが取れたよ」と言ったら母は「わぁ、すごい、本当だ」と(笑)
子供の頃、母の膝枕で耳掃除をしてもらったことを思い出しました。
あれ、本当に気持ち良くて、耳掃除して貰うのが大好きでした。
普段は仕事で忙しかった母なので、母の膝枕は、母を独占できるという嬉しさも子供心にあったのでしょう。

先日、認知症初期のお母様を介護なさっているまつこさんのブログで、「子供のために愛情と手間をいろいろかけてきてくれた(中略)今、その分のお返しをしている」というお話がありました。
母の耳掃除をしながら、母がしてくれた耳掃除のことを思いだし、実親の介護はまさにお返しなのだなぁ~と私も実感しました。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

Comment

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

NoTitle

こんにちは、翡翠さん。

えらいですねー、反応がなくても話し続けたり、耳のお掃除したり。読ませていただいて、私は将来、同じようにはできないんじゃないかと、頭が下がる思いです。

「子育ての時のお返しの介護」ですが、私の場合はそれほど立派なものじゃありませんよ~。母が「あなたは手間のかからない子供だった。おむつもすぐにはずせた」と昔話をするたびに、「そのお返しにママもできるだけお手柔らかにお願いします!」と内心思っています。でもこればっかりは予測不可能・・・。ま、出たとこ勝負です。でも下の世話とか耳掃除、できるかな~???(不安)

どうもありがとうございます

まつこさん

まつこさんのお母様はまだお一人で暮らしていらしてお元気なので、身体的な介護や介助について実感が湧かないだけだと思いますよ~
私も、母の耳掃除や下の世話をする日が来るなんて考えてみませんでしたもの。
その時になれば何とかなるもんなんですね。まさに出たとこ勝負!です(笑)

NoTitle

親へのお返しの介護、まさにそうですね。
私は本当にお返しの途中で終わってしまったことが、悲しくて悔しくてなりません。
もっと、もっとかまいたかった、甘えたかった、と最近思います。(涙)
翡翠さん、思い切りお母様に甘えて、かまってさしあげてくださいね。 いつの日か宝物の思い出になると思います。 

NoTitle

翡翠さん おはようございます。

義妹の爪切りは、主人がしてあげてます。
デイでもやっていただいてるようですが・・・・

母の爪切りはしたことないです・・・・脳梗塞で手の握力
弱って 爪きりが大変そうでしたが、爪切りもリハビリだと
自分で時間かけてしていますが・・・・
まつこさんが言われた
>「子供のために愛情と手間をいろいろかけてきてくれた(中略)今、その分のお返しをしている」
心が じ~んときました。

恩返し

翡翠さん、とっても心温まるお話ありがとうございます。

耳かき・・・私は、家族みんなの耳かきをさせてもらうのが大好きでした。今は、ちょっと良く見えないので、誰のも出来ませんが、懐かしいです。
ごそっと取れたときのあの喜びは、良いものですよね♪


実親への恩返し、私は同居なのに、まだまだ、何も出来ていない気がしてなりません。
足の爪きりが思うように行かなくなったとはなしていたので、翡翠さんを見習って、やってあげたいと思いました。

母の子に対する愛情を超えることは出来ませんが、少しずつ、恩返しが出来ればと思います。

どうもありがとうございます

リリーさん

どうもありがとうございます。リリーさんのご経験に基づくお言葉、しっかりと覚えておきます。
そして、100%の満足は無理でも、出来るだけのことはやった、といつか言える日を迎えられるようこれからも頑張ります。

うさぎさん

どうもありがとうございます。
うさぎさんのお母様とうちの義母やはり似ているかも(笑)
義母も人口股関節の手術後、リハビリだからと自分で一生懸命足の爪切っていました。
自分でできることは頑張ってやってもらえるのは助かりますね。

hiroさん

どうもありがとうございます。
以前友人に、親と同居しているだけで十分親孝行しているのだと言われたことがあります。
それが正しければ、私達本当に親孝行娘ですね♪(笑)

親は数々の無理をして育ててくれましたが、それには到底およばないので、子供として出来ることを少しずつやっていければ良し、ですね・・・
非公開コメント

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。