スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

憧れの人を偲びながら

もう大昔のことですが…新卒で就職した会社は外資系の製薬会社でした。
人事部に配属され、いろんな部署の方々と接することが出来たのはとても楽しく良い経験だったと今でも思います。

そんな中、後に社長秘書となられたベテラン秘書のSさん、スーツのジャケットを肩に引っ掛け、くわえ煙草で、ものすごい速さで英文タイプライターを打ちながら、流暢な英語を話す姿は、私には衝撃的でした。

Sさんは、本部長クラスのお偉いおじさま方に対しても、私のような若輩者に対しても、相手の立場で態度を変えるようなことはなく、常に対等で堂々とした物言い、優しい言葉も辛辣な言葉もSさんの魅力でした。
そのお人柄に憧れて、いつか私もあんな素敵な大人の女性になりたいと思ったものでした。

その後、私は転職で退社し、20年以上Sさんとは会うこともなかったのですが、3年位前、機会があって再会でき、Sさんは、今住んでる湘南から三島か伊東に引っ越したいけど、どうなのかしら…?なんて話で二人で盛り上がりました。

暫くしてSさんから、伊東に移住することに決まったと連絡いただき、せっかく近くになったのだから、またお会いしましょうね、と言ってくださり、是非遊びに行きますね!と返事をしたものの、日々の忙しさにかまけ、結局Sさんのところにお邪魔することが出来なかった私でした。

先週、Sさんの訃報が届きました。
再会したときのSさんは、昔と変わらずお元気そうだったのに、69歳のあまりに早すぎるお別れでした。
再会できたことがとても嬉しかったのに、何故会いに行くことを私は先送りにしてしまったのだろうか…

前回書いたように、今年は積極的に攻めよう!と決意していたのに、Sさんに会いに行くところまでは間に合わなかったこと…本当に悔やまれます。

後悔しないようにね!Sさんのそんなお声が聞こえてくるような気がします。
ご冥福をお祈りいたします。



FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。