スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

母、一時帰宅

秋らしい快晴の先週土曜日、予定どおり母に一時帰宅してもらいました。

朝9時半頃、私がホームに行ったときには、母は無表情で目もうつろでした。
声をかけると顔はこちらに向けますが、家に帰るよ~と言っても、特に表情に変化はありませんでした。
午前10時に、介護タクシーにホームまで迎えにきてもらい、私も介護タクシーに乗って母と一緒に自宅へ。

ホームと自宅の間は車で20分程なのですが、途中から、明らかに母の顔つき、目つきがしっかりしてきました。
正直、母の表情から嬉しさや楽しさを窺うことは難しいですが、車に乗ったことが刺激になり、いつもと違う!?と思ったのかもしれません。

夫は金曜日から泊まりがけの出張で不在でしたが、妹一家が万全の協力体制で、既に我が家で待機してくれていました。
車椅子に敷いた大判のバスタオルを担架がわりにして、妹夫婦と私の3人で母を持ち上げて、車椅子から居間のソファーへ移動し、高校生の甥っ子が、すかさず車椅子を居間まで運んでくれました。

この甥っ子は、母にとっての初孫で、ちょうど母が仕事を辞めた直後に生まれたので、当時の母にとってこの甥っ子と過ごすことが何よりの楽しみだったと思います。
叔母バカながら(笑)とても優しい性格の子で、母に何度も呼びかけたり話しかけたり、母との写真も沢山撮ってくれました。

母を挟んで妹と甥っ子長男
20121013_S.jpg


部活を終えて中学生の甥っ子次男も合流し、母は2人から呼びかけられると目で追うような反応をしました。

途中、母を寝かせて少し休ませ、妹が1回オムツ交換をしてくれ、祖母(母の実母)の写真を母に見せたり、写真を撮ったり・・・午後2時半の介護タクシーお迎えまでの時間は、あっという間に過ぎてしまいました。

母は、笑うことも声を出すこともありませんでしたが、皆が話したり笑ったり、その楽しい雰囲気をきっと心地よいと感じてくれた、と信じたいです。

ここのところ一番気になっていた母の一時帰宅が無事済み、安堵するとともに、私にとって良い思い出ができたことがとても嬉しいです。







FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

未知との遭遇

3日前の朝、出勤のため家を出た途端、左胸に違和感がありました。初めての感覚です。
息苦しいわけではありませんが、胸を強く締め付けられるような圧迫されるような感じです。

急に仕事を休むわけにはいかないので、そのまま出勤し、ネットでいろいろ調べてみたところ、
「微小血管狭心症」に行き当たりました。初めて聞く病名です。

微小血管狭心症とは・・・女性ホルモンのエストロゲンには血管を広げる働きがありますが、更年期になるとエストロゲンが減少するため、血管が収縮しやすい状態になり、ストレス等が加わったときなどに心筋の細い血管が収縮して、胸痛を起こす、のだそうです。
また、痛みは数分で消失することが多いが半日~1日継続することもある、とされていて、確かに私の場合も夕方まで締め付けられる感じが強くありましたが、帰宅する頃には違和感が薄れてきて、翌日以降は何ともありません。

自己診断はNGですが、症状といい、40~60歳代の女性の約14%が経験するそうなので、当たりかもしれません。
今度また同じような症状が出たら、病院に行こうと思いますが、普通の狭心症と異なり、心電図や心臓カテーテルの検査をしても分からないことが多いそうです。

頭も体もお肌も目も・・・全て着実に衰えてきています。
知らない病気や経験したことのない症状、まさに未知との遭遇です(これ自体古いですね・・・笑)



FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。