スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

その後

母のこと、皆様からご心配いただきまして、どうもありがとうございました。

今日、妹に母の様子を見に行ってもらいました。
今朝、熱は37度台に下がり小康状態、抜いてしまわないよう点滴は足の甲から、気だるいのか目は閉じたままですが、声をかけると一瞬うっすら目をあけたそうです。

看護師さんやスタッフの方から「(経口摂取の際)むせたりしないよう十分に注意していたつもりなのですが・・・」と言われたそうですが、スタッフの方々が日頃から注意深く母のケアをしてくださっていること、そして、唾液等でも誤嚥が起こることは妹も私も分かっている旨、妹が看護師さんに話をしてくれました。

皆さんが書き込んでくださったように、口で味わうことは大切で、誤嚥の問題を除けば、母にとって良い刺激となるはずです。
今回のことで、今後経口摂取は取り止め、となって欲しくないなぁ・・・と思っていますが、今から先のことを考えても仕方がありません。

とりあえず母は小康状態を保っているようですので、少し安心、このまま落ち着いて快復に向かってくれれば、と思います。

お騒がせしてすみません(汗






FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

誤嚥

今日、母のいるホームから連絡がありました。
39度の高熱が出ており、誤嚥によるものと診断されたとのことでした。
経口摂取は取り止め、胃ろうの注入も止めて、点滴だけで様子を見ることになりました。
経口摂取といっても、胃ろうでも「味わう」ことを忘れないでほしいとの思いで、1日100~200mlのジュースを飲ませてもらっているだけなのですが、うーーん。。。

土曜日に会いに行ったときは変わりなく、むしろ私の方をよく見てくれて反応の良さを喜んでいたのですが、仕方がありません。
口腔ケアはしてもらっているものの、それだけで完全に防げるものではないでしょうが、誤嚥が繰り返されるのは避けたいです。

熱が下がり、早く母が楽になるよう今は祈るだけです。






FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

頭痛薬

私が絶不調だった間、幸いなことに母の様子は安定していました。
相変わらず口を開くことはありませんが、私の調子が悪くて母にあれこれと話しかける元気がなくても、母の部屋で箏曲のCDを流し、母の手を握ったり腕をさすったりしながら、静かなひとときを過ごすだけで足りる・・・そんな時間が私にとってはむしろ癒しとなったようで、週末母のところにいる間は、不思議なことに頭痛も軽くなっていきました。

そして、ここ2ヶ月の間、もう1つ私の頭痛を治してくれたものがありました。
なんと・・・「韓流ドラマ」です。

韓流ドラマ大好きの知人が一年前に、今まで一度も見たことがない私でも絶対面白いから、と言って貸してくれたDVD「宮」、途中まで見て時間が無くてそのままだったのですが、気力も集中力も無くて全てが億劫だった時、ふと思い出して見始めたら、時間が経つのを忘れて見入ってしましました。そして、そのドラマに出ていた女優さんがとても可愛かったので、試しに彼女が出演している他のドラマを見てみたら、これもまた結構面白い・・・

元々ドラマはあまり見ませんし、特に、複雑な人間関係、苛めや策略等ドロドロとした内容のものは苦手ですが、明るく楽しく笑えて少しハラハラして、そんな韓国ドラマを見ていると、頭痛も暗い気分も暫しの間消えました。
自分でも意外でしたが、子供の頃読んでいた少女漫画みたいな感じ?笑えるほどあり得ない内容のドラマは、むしろ何も考えずに楽しめます。

更年期障害についてネットで少し調べていたら、メンタル面での更年期障害を改善する方法として、熱中できるものを見つける、そしてその1つとして、韓流にはまるのはとっても良い、とありました。韓流スターに夢中になることで女性ホルモンが分泌されるとのこと。

しかし、私には、韓国ドラマに出てくる男性は皆同じに見えて良く分からないのですが(み○○さん、ごめんなさい!!)、女性は皆可愛くて綺麗でオシャレで、そのあたりが見ていて楽しいのです。
なので、私の場合は女性ホルモン分泌とは関係ないと思いますが(苦笑)、夜、時間がある時に、ほんの30分程度見る韓流ドラマ(だから、なかなか前に進めませんが)、私には今有効な頭痛薬のようです。










FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

突然やってきた○○○障害

2ヶ月以上すっかりご無沙汰してしまいました。

これまで健康体であることだけが取り柄の私でしたが、3月から突然調子が悪くなりました。
ひどい頭痛、肩こり、胃の不快感、倦怠感、イライラ、不安感、不眠等々、心身共にこれまでにない絶不調・・・正に典型的な更年期障害です

家と職場の往復は何とかこなすものの、何をするのも億劫で、虚しい、うんざりという気持ちが常にあり、そしてちょっとしたことにイライラしてしまいます。最大の被害者?は夫です

母を特養にお願いし、義母は介護とは無縁の状態、仕事があり不自由のない暮らしが出来て、心配の種となるような子供はおらず・・・今の私はとても恵まれた状況にあるのに、我ながら本当に情けないと思うのですが、虚しさや脱力感が先立ち前向きな思考が出来ない、これではいけないと思い直してみても、また負の方向に引っ張られ、マイナス感情が生まれると余計頭痛が酷くなってくるという繰り返しです。
段々と頭も体も衰えてきて、昔のように効率良く手早く物事が進まない、そんなことはもうずーっと前から分かりきっていることなのに、ここにきて、何故か1つ1つの失敗にガックリとしてしまうのです。

そんな毎日で、皆様のブログからもすっかり足が遠のいてしまっていましたが、友人に紹介してもらった女性専用クリニックで、漢方薬(加味逍遙散・抑肝散)、デパス、マイスリー等を処方して貰い、だいぶ元気になってきました。

先日、クリニックで先生から「あなた疲れた顔してる」と言われたのですが、私より大変な思いをされてこられ、今も日々精神的にも肉体的にも辛い生活を送られている方から比べれば、ホントおこがましいというか甘いのですが、それでも、仕事と家事と母の介護とこれまでそれなりに走り続けてきたので、そりゃー疲れて当然だ!よく頑張ってきたよね、私!という開き直りができるようにもなってきました。

またボチボチと書き綴っていきますので、宜しくお願いします。







FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。