スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あれから1年

この間から、母と自分のことをあれこれ考えていたら、何となくブログもアップ出来ずに暫く間があいてしまいました

というのも、明日は3月7日、一年前の3月7日に母の胃瘻造設手術を行いました。
口を開けない母に開口器が使われ、歯が1本折れ、母の「何でこんな目に会うの」と言わんばかりの恨めしそうな顔・・・思い出す度に何とも言えない思いに駆られます。

あれから1年、嫌がる時には唸るような声を出しますが、それ以外で母の声を聞くことはありません。
表情も乏しくなり、母の目を見てその日のご機嫌や調子を私なりに判断するようになりました。
週末母に会いに行きますが、食事介助が無くなり、マッサージや爪切り、耳掃除、最近ではホットタオルパック等をして、あとは、あまり反応のない母の手を握りながらとりとめもなく話しかける・・・毎土曜日の午前中はそんな感じで過ぎていきます。

時々、母は何を思っているだろうか、と考えます。

胃瘻にしてしまったこと、1人で施設に置いておかれて、自分の思うようにならない今の状態、きっと怒っているでしょう。
こんなはずじゃなかった、ポックリ逝きたいって昔から言っていたでしょ・・・そんなこと言うのではないかなぁと思います。
それでも、どんな状態であれ母の存在は私の心の拠り所で、母にとっては非常に不本意であっても勘弁して欲しい、もう暫くは頑張ってほしいと思っています。

母が認知症になるまで、母にはいろんな我が儘を言ったり、ちゃっかり甘えてきましたが、これが私の最大で最後の我が儘なのでしょう。

以前、夫に「もし私が認知症になったら、迷うことなくさっさとグループホーム等に入れて欲しいし、食事が食べられなくなったらそのまま自然の成り行きに任せてほしい、何かあっても決して延命処置はしないでほしい」と話したことがあります。
夫から「それはこちら(自分)に任せてもらう。その時の自分の気持ちに従って判断する」と言われました。
その時は、それでは私の意思はどうなるの!?と思いましたが、私が母に対してしていることも同じなのですね。

間もなく私達日本人が決して忘れられない3月11日という悲しい日がやってきますが、私にとっては3月7日も生涯忘れられない日です。




FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。