スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蘇った思い出

先日図書館に行ったとき、私が好きな作家の一人、重松清氏の「かあちゃん」という小説に目が留まり、借りてきました。

この小説は、オムニバス形式で、中学生、30代の男性、若い教師その他様々な登場人物がそれぞれの母への思いや出来事、また母親像などが書かれた作品で、その中に、認知症になってしまった実の母親を自宅で介護する母のことを、心配しながらもやや冷めた目線で語る女子中学生の話が出てきます。

認知症になってしまった(女子中学生から見た)お祖母ちゃんは子供時代に戻ってしまい、実の娘のことも孫である女子中学生のことも認識できず、1日中炬燵に座って、独自の世界を生きています。
ある日、お祖母ちゃんを庇おうとした女子中学生のお母さんが首と肩を痛めてしまい、お祖母ちゃんの炬燵で少し横になります。
すると、お祖母ちゃんは「風邪がつく、風邪がつく、炬燵で寝ると風邪がつく」と言いながら、布団を探し、お母さんにお布団をかけてあげます。
そして、しばらくすると、おばあちゃんは子守歌を良いながら、お母さんの頭を撫で始めます。

炬燵で寝ると風邪がつく=風邪をひく・・・
このくだりを読んで、ジーンと涙腺緩みました。そして思い出しました。

母が自宅にいた最後の頃、母は「こわい、こわい」と言い続けるので、毎晩母が寝付くまで母の傍にいました。
ある時、母の横で私も居眠りしてしまったのですが、ふと気がついた時に、母が私の頭を撫でて、大丈夫だから、と言っていました。
先程までは、不安がる母に私が手握りながら「大丈夫だから、こわくないから」って言っていたのに・・・

昔のような母親の姿を垣間見えたことがとても嬉しくて、その時にはブログにも書こうと思っていたはずですが、その直後に母が入院してしまい、後は目の前のことを一つ一つこなしていくのが精一杯、忙しくしているうちに、いつの間にか、そんなことがあったことを忘れていたのですね。
小説を読んで、その時のことが蘇ってきました。

今となっては本当に大切な母との思い出だったのに、すっかり忘れていたとは・・・私も薄情な娘です。



スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

4cmの石が!?

母の手術当日の話です。

前回書きましたように、ようやく手術室に入った母、手術は2時間程度で終わると言われていましたが、2時間40分が過ぎ、遅いな~と思い始めた頃、病院から渡されていた携帯電話が鳴り、手術を終えた先生からお話しがありますので、手術室の前でお待ち下さい、との連絡がありました。
手術室から出てこられた先生は、手に透明の瓶を持っていました。

瓶の中には石が見えます・・・ん??4cm位の大きさの(血がついた)石が丸ごと!?
結石は粉々になっているはずなのに、何で丸ごとの石があるのだろう??と思った途端、先生から説明がありました。
内視鏡を入れたところ、2つある石の1つが膀胱の入り口を塞いでいて、内視鏡が中まで入っていかず、また、内視鏡につけられたレンズで映せる範囲より石の方が大きくて、画面には石しか映らない、という状況だったそうです。
全身麻酔ですし、手術のやり直しはしたくなかった先生は、その最初の石を仕方なく鉗子で取り出しました、と説明してくださいました。

え!? この石を鉗子で取り出した!?尿道からですよね?(とは先生に確認はしませんでしたが
本当にビックリしました。
もちろん母は全身麻酔でしたが、咄嗟に「痛かっただろうな~」と思ってしまいました。

人間の体って凄いですね。4cmの石が出せちゃうのですね。

手術は、そのあと2つめの石を砕いて体外に出し膀胱内は綺麗になったとのこと、ただ、膀胱自体がかなり萎縮しているとの説明も先生からありました。
術後は多少発熱がありましたが、留置のカテーテルも2日後には問題なく抜け、尾籠な話ですが・・・母のあんなに綺麗な色の尿を見たのは久しぶりでした。

入院前の予定どおり、術後5日で先生から退院OKの連絡があったときには本当にホッとしました。

手術のあった1週間は疲れましたが、普段より母の傍にいる時間が長く、母の様子をよく見ることができたので、また母に対する新たな思いもありました。これはまた次回にします。






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

気を取り直して再開

すっかりブログの世界から遠ざかってしまいました。

母には毎週末会いに行っていましたが、話しかけても肩や手を触っても、全然反応せず無表情で、私自身の気持ちがすっかり落ち込んでしまっていました。
それに加え、10月初めから仕事が非常に忙しくて肩こりと眼精疲労がひどく、仕事以外でPCを使わないようにしていたので、皆様のところにも長い間ご無沙汰していました。

いろいろご心配いただきましたが、母の手術は11月1日に無事終わり、11月5日に退院できました。

それにしても、分かってはいるものの、大きな病院というのは本当に全く時間が読めないものですね。

10月31日の朝10時までに入院して下さい、との連絡が病院からあったので、当日は時間どおりに手続きを済ませ、母は病室に入り、担当看護師さんや薬剤師さんからの説明を受けました。
「あとは麻酔科の先生からお話がありますからお待ち下さい」と言われましたが、先生が現れる気配はなし。
2時半頃になって、ようやく看護師さんが「先生は7時頃にならないと来られないそうです」と言われ、ガクッ・・・
一旦自宅に戻って出直すことにしました。

結局、7時になっても手術の際に担当される先生は忙しくて代理の先生が来られ、数分間の説明と同意書への署名で終わりました。

翌日の手術は、午前中の2番目ですから朝9時頃にはいらして下さい、と言われ、朝9時前から母の病室で待機。
手術室への搬送は午後1時半頃になります、と言われたのがお昼過ぎでした。

待っている間に救急車の音が何度も聞こえ、ドクターヘリも一度飛んできた様子だったので、手術の予定がどんどん遅れていったのでしょう。
仕方がないですが、疲れました。

手術が終わってビックリしたことがあったのですが、それは次に書きます。

気を取り直して、また、いろんなことをボチボチと書いていきたいと思いますので、宜しくお願いします♪

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。