スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

手術

今、我が家は台風15号の暴風域の真っただ中外はもの凄い風が吹いています

今日は母の大学病院受診を予定していたので、台風が接近する中、病院に行って来ました。

私としては、母の状態と結石除去手術を天秤にかけ、先生からいろいろ話を聞いた上で、どうするか決めるつもりで出かけました。
先生からは、開腹手術は無く、内視鏡でレーザーにより結石を粉砕し、石を綺麗に取り除いた後、膀胱内の腫瘍等の有無を見るため細胞診を行いたい、問題がなければ入院は5日程度、石の状態が分からないものの、それほど困難な手術ではないこと等、丁寧な説明がありました。

母への負担は大きくないこと、手術後に細胞診等膀胱の検査を詳しく受けられる=母の今一番弱い部分を詳しく診てもらえる、ということで手術を受けることに決めました。
先生の説明を聞いて、自分でも拍子抜けするくらい、すんなりと手術を受け入れる気持になりました。
今日の先生からの説明で私自身が安心できたからだと思います。

前の病院の先生が悪かった訳では決してなく、自分で手術をしないのでどうしても仮定や推測の話になってしまい、それで私も妹も決心が着けられなかったのだと、今日やっと分かりました。

10月31日入院、11月1日に手術と決まりました。
皆さまにはいろいろご心配いただきまして、ありがとうございました。

あと1カ月余りありますが、無事手術を終え、母のお腹を早くすっきりさせてあげたいと、私自身の気持ちもようやく落ち着きました。







にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

改心

先月から、夫が足の指が痺れると言っていました。まさか痛風??
病院で検査を受け、先週土曜日に結果が出ました。
尿酸値は正常ではあるもののギリギリ、LDL(悪玉)コレステロール値が高めでした。その他肝機能や中性脂肪値、血圧等は問題なしでした。
先生の診断は、足指の痺れは尿酸値とは関係なく、恐らく神経系のものではないかと・・・結局良く分かりませんでした。

しかし、良く分かったことが一つ!
尿酸値と悪玉コレステロールが高めの原因は、明らかに昨年から続いている飲み過ぎと食べ過ぎです。
体重も3キロ・・・と本人は言っていますが、私は絶対それ以上と思っています!・・・増えてしまいました。

家でも食事の時にお酒は飲みますが、特に昨年から会社関係のお付き合いで、回数も量もかなり増えていて、私も気になっていました。
昨年から仕事が少し変わり、それなりにストレスがあるのだろうと、あまり煩くは言わないようにしていましたが、体は正直です。夫も、自分で分かっていながらも、ついつい・・・という感じだったのでしょう。

翌月曜日の明け方、私は寝ていて全く気がつかなかったのですが、急に冷や汗が吹き出し、脈拍が極端に落ち、心配になって一度起きたそうです。
朝になって、夫は胸のあたりに違和感があると言い、循環器内科を受診しました。
結局は、心電図、負荷心電図、レントゲン検査の結果、全て異常所見無しで、自律神経失調による一過性のもの、という診断でしたので、とりあえず一安心です。

しかし、これらの症状は、もう少し体をケアしなさい!という「警告」だと思います。
さすがにマズイと思ったらしく、夫は、平日家ではお酒を飲まない休肝日を作り、食事も制限してダイエットするそうです。
ようやく「改心」してくれました
実は、私はかなりの意志薄弱人間ですが、夫は決めたことはやり抜くタイプなので、まぁ、何キロ落とせるか、見ものです。
本人がその気になるまで非常に時間がかかるのだけが問題なのです・・・(苦笑)

で、偉そうに言っている私ですが、8月の夏祭りまで、若い人達に気力体力で負けまい?と沢山飲み・食べていたツケが今頃になって回ってきたようで、ウエスト周りがキツイと感じているこの頃です
私もちょっとだけ!?改心しようかと^^;;;







にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

大学病院へ

昨日、母の泌尿器科受診に付き添ってきました。
レントゲン検査の結果、膀胱内の石の大きさは3ヶ月前と比べてほとんど変わっていませんでした。

先生からは、結石を取るために砕石装置を使った内視鏡手術を大学病院で受けるか、このままにしておくか・・・石の大きさや本人の体力を考えたとき、手術をそんなに先延ばしにはできないこと、そして、血尿や発熱の原因=膀胱結石が分かっているのに、その原因を取り除かないで、また血尿がひどくなったからと受診されても、こちらもこれ以上のことはできない、というお話しがありました。
原因を取り除かずにまた症状が悪化したから何とかしてくれと言われても困る、というのは確かにそのとおりです。

大学病院への入院は本当は避けたい、しかし、このままでは爆弾を抱えたようなもので、またあのひどい血尿や発熱が繰り返される可能性があります。
先生は、石も成長するし血尿も間違いなく起こるでしょうと。

結局、大学病院への紹介状を先生に書いていただくことにしました。
先生は、手術をお願いします、という形で紹介状を書く、と仰っていましたが、大学病院で担当医の先生の見解、内視鏡手術のリスク等をまた詳しく聞いた上で、そこで最終判断をしようと決めました。

何だか昨日は、帰宅後強い疲労感を感じ、頭痛がしました。迷いながら決断したことがストレスになったのでしょうか。
でも、なるようにしかなりません。一晩寝たらスッキリしました(苦笑)

妹と相談の上、今月中遅くとも来月初めには大学病院で母を診てもらうつもりです。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。