スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷い悩む

先週木曜日、母は泌尿器科を再受診しました。

先々週の受診から1週間、その間熱が上がったり下がったり、また血尿も続いていましたが、エコー検査の結果、腎臓の腫れが治まっていました。
レントゲンで、母の膀胱内の結石は3.5cm大の小判型2個と分かりました。

泌尿器科の先生とお話した結果、まず、結石の除去については、結石が大きすぎることと、本人がじっと体を静止させていられないことが理由で「体外衝撃波結石粉砕術」は無理だと分かりました。
また、膀胱の内壁にかなりの浮腫が見られる等膀胱自体の状態が良くないので、開腹手術の場合、傷口の縫合から感染症を引き起こす可能性もあり、開腹手術はお勧めできないとのことでした。

残る方法は、別の大学病院にある粉砕ドリルのような機械で少しずつ結石を削っていくしかありません。
その場合はその大学病院に入院して治療することになりますが、入院治療にどの程度の期間がかかるのか、1回の入院で全て取りきることができるのかは分かりません。

また、先生も首をかしげておられましたが、腎臓は腫れがひいており、また膀胱が原因で発熱するとは考えられないので、熱の原因が特定できず、熱が安定しない今の状態では、大学病院で治療は引き受けてもらえないかもしれない、ということでした。
母の熱は、体温調節が上手くできないため、「こもり熱」のような気もしますが、それにしては38度を超えるのは高すぎるような・・・

今回は、合計1000cc程度の生理食塩水を注入して膀胱内を洗浄しました。
前回、母は熱のせいか大人しくしていたのですが、今回は、腕に力を入れて抵抗?するので、ホームの付き添いの看護師さんと妹と私の3人がかりで母の手足を押さえていました。
母にしてみれば訳が分からないことをされて嫌に決まっています・・・可哀想ですが、治療のためですから仕方がありません。
2回の洗浄でもなかなか膀胱内がきれいにならないため、今週もう一度先生に診ていただくことになりました。

結石について痛みはないと先生は仰いますが、内壁が弱っている状態で結石があれば、ちょっとしたことで傷付き出血しやすくなります。
普通の状態であれば、結石を取らないという選択肢はないのですが、今の母の状態で、大学病院に入院して治療を受けることが母にとって本当に良いのかどうか・・・正直悩むところです。
どちらにするのかは、私と妹とで決めるしかありません。

先生は結論を急ぐ必要はないと仰いますし、もう少し母の状態が安定するのを待ちつつ考えていくしかなさそうです。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

泌尿器科受診・・・母は頑張りました

木曜日、母は泌尿器科を受診しました。

初診は予約が出来ないので、9時前の受付開始時間に私が受付けを済ませ、9時半に母が到着したものの、先生の診察を受けたのは12時近くでした
待つ間、母は熱もあり、お腹も膨らんでいて、眉間にシワを寄せて目を閉じたままでした。

以下、私自身の備忘録のため詳細に書きますが、きれいな話ではないので適当に読み飛ばしてくださいませ~

尿検査の結果、ひどい血尿ではあるものの、膿尿を示す値が低いので細菌感染はしていないと思うとのこと。
そして、エコー検査の結果、母の膀胱内にはヘドロのような血の固まりが相当量あると思われ、これにより左右の腎臓が腫れて水腎症になっているということでした。

更に詳しく調べるためには内視鏡検査ですが、まず溜まった血の固まりを出さないと検査が出来ないということで、膀胱内の洗浄を先生にしていただきました。
ざっと数えても1500cc以上の生理食塩水を繰り返し注入して洗浄しましたが、母はよく耐えたと思います。

内視鏡検査は私も立ち会いましたが、膀胱内壁にはかなりの浮腫が見られ、また、膀胱内に2cm以上の大きな石が2つあることが分かりました。
膀胱結石です。

結局、昨日の診察では、熱が一定ではなく上下することから、膀胱結石や水腎症による発熱だとは考えにくく、熱については抗生物質をしばらく投与して様子を見ることとなり、レントゲンを撮って石の大きさを確認し、今後どうするかを決めるため、1週間後に再受診となりました。婦人科受診は見合わせました。

待ち時間が長くて母はさぞ辛かったと思いますが、担当の先生は優しく時間をかけて丁寧に対応してくださり、良い先生をご紹介いただけたと思います。
何より、エコー検査、膀胱内洗浄、2度に渡る内視鏡検査、レントゲン、と2時間近くに渡りましたが、母は良く頑張りました。
ホームに戻る頃には、お腹の不快感がなくなったためか、眉間のしわもなくなり、穏やかな顔つきになっていました。

結石をどうするか、ですが、取るのであれば、開腹手術、又は体外から衝撃波を加えて粉砕する方法ですが、石がかなり大きいため、大学病院でなければ置いていない特殊な機械を使うことになるようです。
先生によれば、石は大きいものの尿管ではなく膀胱内なので痛みを感じることはないそうです。

結石を残すことで母に生じる症状、結石を取る手術による母への影響、どちらが良いのかとても悩むところです。

皆様には大変ご心配いただき、どうもありがとうございました。
とりあえず原因が分かってきましたので、少しだけ安心しました。
今後どうするのか、先生や妹と相談の上決めていくことになると思います。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

歩いたご褒美?

昨日土曜日、母のところに行ってきました。
また尾籠な話になりますが、膿のような尿、血尿、そして発熱等々・母の調子は良くありません。
もどかしいですが、母は19日木曜日に泌尿器科と婦人科を受診することになりました。
今は仕事が忙しくないので休みが取り易く助かります。

落ち込みもありますが、前へ前へ・・・

昨日、3月に入院してから止めていた週末の8キロウォーキングを再開しました。

私の住むところは、箱根の麓の小さな町ですから、少し歩けば畑がいっぱいあり、これまでもウォーキングの際に畑の野菜の育ち具合を週末ごとにチェックするのが楽しみの1つでした>自分のお腹に入るわけではないのですが(笑)

昨日もウォーキングの途中、畑を眺めながら夫と話をしていたところ、畑で作業をされていた男性が話しかけてきました。
育てている野菜や果物のこと、また、それらを盗っていく不届き者がいる等世間話をしているうちに、その男性は、私が子供の頃から知っている近所のおばさんの同級生だということが分かりました(田舎は本当に狭いです!)。
こちらの氏素性が分かっておじさんは安心?したのか、畑で取れた蕗とエシャロットを沢山くださいました。
これからいろいろ収穫出来るから、また取りにお出で~という有り難いお言葉と共に♪

夫が背負っていたリュックサックは蕗とエシャロットでいっぱいとなり(笑)、とても食べきれないので、帰ってきてからご近所にもおすそ分けしました。

yasai1.jpg


エシャロットはそのまま酢みそで、蕗は薄甘く煮て晩酌の友となりましたが、取りたての野菜はやはりとても美味しかったです。
(蕗は煮る以外にどんな食べ方があるのでしょう?)

気分を盛り上げるため、体調復活を確認するための久しぶりのウォーキングは、季節が良くなり、花や木々を愛でながら歩くのだけでも気持ち良かったのですが、思わぬご褒美をいただきました。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

→続きを読む

テーマ : 日々のつれづれ
ジャンル : 日記

再び病院へ

義母との四国旅行は、何とか無事済ませることができました(ホッ・・・)

義母が胃腸の調子を崩したり、私の予想どおり夫と義母との親子喧嘩もありましたが、終わってみれば結果オーライ義母も満足してくれたようです。

旅行から帰るのを待っていたかのように、母の調子が思わしくありません。
旅行の最終日、携帯電話が鳴りホームからの電話である表示を見て、心臓がドッキリ・・・血尿が出ているので、しばらくカテーテルを入れて様子を見ます、という連絡で、翌日母のところに行きました。
相変わらず言葉は一切発しませんが、丁度お風呂上がりだったので、爪を切ったり腕をマッサージしたりしてきました。

尾籠な話になりますが・・・
その時は尿の色もそれほど変わってはいないように見えましたが、先週土曜日にまた母のところに行き、驚きました。
カテーテルを通して溜められていた尿の色が、あまりにどす黒いのです。
私がホームに来たことを知った看護師さんがすぐ母の部屋に来てくださったので、話をしました。

結論としては、ここ2日ほどひどい血尿であることから今止血剤を使用しているものの、早急に泌尿器科を受診した方が良いとのこと、また、帯下の異常も見られるので、あわせて婦人科の受診も、ということでした。

看護師さんと暫く話しているうちに、ここのところ母が言葉を発せず反応悪く、表情も硬いのは、何か泌尿器系等の問題から不快感、違和感を母自身が感じていて、それを訴えることができないので、ご機嫌が悪くなっている可能性もある、と思うようになりました。看護師さんも同じご意見でした。
もちろん、それが全てではなく、第一には胃ろう手術が引き金となって心を閉ざしてしまったのだと私は思っていますが、母の身体的な痛みや不快感を取り除くことが今は最優先事項です。

週明けに、ホームの方で病院と受診予約等調整をしてくださることになりました。
診察や検査、そして何らかの治療が必要になったとき、母に恐怖心や不安感を抱かせない、できるだけ精神的な負担をかけないで、と願うばかりです。とても難しいことですが・・・



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。