スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

決断とその後の思い

先週の木曜日24日に、母のホームで先生と面談をしてきました。

まず、筋肉の硬縮もあって口が開かなくなって食べ物・飲み物を摂取することが困難になったために、栄養も水分も不足し、体重の減少や体力の低下、血尿、微熱等々の症状が出ている、とのお話がありました。

母が口を開けにくくなってから数週間、このままでは危機的と私自身感じてはいましたが、あらためて先生から現状を告げられるとその重大さにショックを受けました。

母の今の状態で何ができるか、どうしたらいいか・・・点滴では到底栄養も水分も追いつかず、経鼻経管栄養は、と仰る先生に、私は、経鼻経管では手がまだ動く母はその苦しさに管を取ってしまう可能性が高いです!と。

先生は暫し沈黙・・・私は思わず「あとは胃ろうでしょうか」と言っていました。
先生「胃ろうね・・・あれも今いろいろ問題になりつつあってね・・・」
私「胃ろうに賛否両論があることは重々分かっています。欧米では原則、認知症患者には胃ろうはしないことも分かっています。」

先生は、お母さん何歳だっけ?と言いながら手元の資料を見、「74歳・・・若いね、昨日の朝日新聞にも記事が出ていたんだけどね」
私も読んでいました。朝日新聞に長く掲載されている「患者を生きる」のシリーズ、奇しくも、2月23・24日の記事は、60代で認知症になった女性が最終的にはご主人の判断で胃ろうを選択、そのご主人は、自分のために奥様に胃ろうをさせたのではないか、と悩まれていました。

結論として、母には胃ろうをしてもらうことを決断しました。

母自身は、その母(私の祖母)が寝たきりとなり、仕事をしながらの介護を経験したためか、私はポックリ逝きたいと昔から言っていましたので、母が自分の意思表示が出来たなら、胃ろうの選択はしてほしくなかったと思います。
それは分かります。私自身も老後は自然の成り行きに任せ、決して余計なことはしてくれるな、と思っています。

入所時からお世話になっている看護師さんのお言葉は
「語弊がある言い方かもしれないけれど、お母さんがもっともっと高齢だったら、人工的な処置はせずに自然に任せるという方法もあります。でもお母さんは若すぎる。まだまだ出来ることもあります。娘さんたちにとっては、どんな状態であれお母さんの存在が心の支えでしょ。今は栄養と水分をちゃんと摂取できるようにして、体力を回復することが第一。体力が回復してくれば、また口からの食事ができるようになるかもしれません。今出来る最善の選択は胃ろうだと思いますよ。またこれからいろいろ試していきましょう」
でした。

私の気持ちを代弁してくださっていました。

胃ろう造設後は、胃ろうで必要な栄養や水分は摂取し、口腔ケアとマッサージは続け、おやつ時に口から母が好きそうなものを食べさせる、という方向で話し合いは終わり、出来るだけ早い時期に病院に入院、胃ろう造設手術をすることになりました。

昨日、食介に行きました。

最初は頬のマッサージをし、口内も歯茎にそってマッサージをしましたが、食事はデザートのババロアを舐めるように少々だけ、母は元気なく眠そうにしていました。

胃ろう、これしか選択はないのだ思います。

でも、やりきれない、というか、迷う余地はないのに、気分が重いです。
母が口を開けられなくなったのも、実は母の意思なのではないか、などとあり得ないことまで考えたり。。。
多分、私自身の気持が、胃ろう、というところまできてしまった状況、話の展開に追いつけていないために、心がザワザワしているのでしょう。

今週、造設手術に先立ち、一度病院で受診をすることになっています。
私の気持ちはともかく、今は母の体のために、粛々と手続きを進めます。







にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

主治医との面談

まほさん、まつこさん、うさぎさん、みかんさん、hiroさん、非公開さん
いつも温かい励ましのコメントをくださり、どうもありがとうございます。

お一人ずつお返事しなければならないところですが・・・
実は、昨日母のホームから連絡があり、主治医の先生が、食事形態のこと等一度家族と面談がしたい、とのことで、急遽明日の朝、ホームで先生とお会いすることになりました。

連絡を下さった相談員の方は、食事形態のこと等としか仰りませんでしたが、これまで大抵のことは看護師さんを通してこちらの希望を伝えたり、先生からのお話を伝えられていたので、先生が直接家族と話したい、ということは「胃ろう」の話ではないかと思っています。

ついにその時が来たのかもしれません。
ただ、母は、飲み込みがそれほど悪いわけではないので、口が開けるようなればまだまだ口から食べることができると思うのです。
好きな味だって分かるので、好きなものを食べさせてあげたいのです。
しかし、今のような口の開きでは十分な栄養が摂取できないことも事実です。悩ましいです。
胃ろうと経口摂取の両方は出来ないのかと、素人考えで思ってしまいます。

まずは明日先生のお話を聞いてきます。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

口内マッサージ

先週金曜日に、母のホームから連絡がありました。

看護師さんのお話では、
2日間母が口を開けずに、食事がほとんど取れておらず、エンシュアや飲み物を飲ませるのが精一杯であること、
そして、ホームの主治医は、グラついている前歯3本を抜歯してしまった方がむしろ良いのではないか、
一方の歯科の先生は、上の歯を抜いてしまうと、下の歯が上の歯茎に食い込んでしまうので、今抜くのは良くない、というご意見であること、

また頬の筋肉が拘縮しているのも口を開けない(開けられない)原因の1つと考えられるので、毎食時に頬と口の中のマッサージをして様子を見るとともに、今服薬している薬についても 週明けにホームの主治医と再度相談してみる、ということでした。

土曜日母に会いに行ったところ、「スネ夫」の口になっていました。
昼食前にゆっくり頬をマッサージしてみましたが、食事になっても唇は少し開けるものの歯は閉じられたままです。
先々週と全く同じで、食べ物が口に入っていきません。

介護士さんが「今朝は口内のマッサージをしたら口の開きが良くなって少し食べられたので、またやってみましょう」と助け船を出してくださいました。

指を口の中に入れ、歯茎を撫でるようにマッサージをし、最後は奥歯のあたりを少し刺激すると口が開くようになる、とやり方を教えていただきました。
母は少し嫌がり、介護士さんは「ゴメンね、ゴメンね、嫌だね~」と言いながら、手は緩めません。

マッサージの後、母の尖らせた唇は普通の状態に戻り、歯の間が少し開くようになりました。
とにかく母が好きな物から食べさせた方が良いですね、と介護士さんと話し、デザートのババロアから食べさせたところ、自分から口を開くようになりました。
当面、まず、頬と口内マッサージで口を開くようにさせ、母の好きそうな食べ物を食べてもらう、というハード&ソフト作戦で行くしかなさそうです。

母が特に好きだったのは、カボチャと栗で、カボチャのポタージュ、カボチャのプリン・・・何か他に母が食べてくれそうなものはないか・・・と考えていたら、思い出しました。

小布施の栗かのこ、柔らかい栗あんの中に栗がはいったお菓子で、缶に入っています。
この柔らかい栗あんだけなら、母も食べられるのではないかと思い、早速お取り寄せをしてみます。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

一番好きな人にお菓子をあげる日

私が初めて、「バレンタインデー」を知ったのは、小学校5~6年の頃だったと思います。

ある日、母が仕事帰りに、不二家のチョコレートやキャンディーを沢山買ってきました。
地方の小さな町の駅前にある「不二家」は、当時一番好きだったお菓子屋さんで、不二家でケーキやチョコレートを買えることが、それはそれは嬉しかったものです。

前後の記憶は曖昧ですが、母に「こんなに沢山のお菓子どうしたの?今日は何の日?」というようなことを聞いたところ、
母が「今日は、一番好きな人にお菓子をあげる日なんだよ」と言いました。
その母の言葉だけは今でもはっきりと覚えています。

後に、St. Valentine's Dayの意味を知り、そして、あれから何十回もの2月14日、一番好きな人にもそうでもない人にも(笑)チョコを贈ってきたこと、そんな余裕もなかったこと、大人になってからは、母にもチョコを買ってきたことがあったなぁ・・・等々と思い出しつつ、家で楽しむ用のチョコレートを今日買ってきました。

choco2.jpg

さて、週末の母ですが・・・

前回リリーさんにアドバイスいただき、この時期水羊羹がすぐに買えなかったので、とりあえず、漉した練りあんを持っていきました。
先週のように昼食が食べられなくても、このお菓子なら食べてくれるかもしれない!と期待しながら出かけたところ、口の開きは悪いものの歯の隙間から少しずつ食べさせ、時間はかかりましたが7割方食べることができました。
途中、口が開かなくなったのは、あまりお気に召さない味だったらしく、
母に、別の一品を口に持っていき「こっちはどう?これなら食べる?」と話しかけたところ、母は「食べる」とハッキリ言ってくれました。

まだ大丈夫かな・・・やはり、焦らずボチボチと、ですね。




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

悩ましい

土曜日に母のところへ行ってきました。

母は相変わらず唇を尖らせたような状態、そう、「ドラエモン」に出てくる「スネ夫」のような感じの口です。
昼食の介助をしましたが、唇は少し開くものの歯を閉じたままなので食べさせることができません。
いつもなら、母の好きなババロアのようなデザートを唇に少しずつ押しつけているうちに、段々と口が開いてくるのですが、一昨日は全くダメでした。

母に呼びかけると、こちらを向くので、私が口を大きく開けてご飯を食べるフリをしながら、「ご飯食べようね、口を開けてね、口を開けてご飯を食べようね、食べないと元気になれないよ」と話しかけるのですが、私のことをじーっと見ているだけです。
結局小一時間それを繰り返して諦めました。

スタッフの方に聞くと、朝も口を開けずに食べられなかったので、エンシュアリキッドを飲んだとのことでした。
先週からから開口器を使っての口腔ケアが始まりましたが、ひょっとしたら、その影響で、母は口を開けないのかもしれません。
無理矢理口を開けさせられるのですからご機嫌も悪くなるでしょうが、口腔ケアをしない訳にはいかないし、何とかならないものかと、土曜日は沈んだ気分で母のホームを後にしました。

食べられる日もあるので、たまたまダメな日に当たってしまったのかもしれませんが、このままの状態が続くと、次に待っているのは胃ろうしかない・・・と、つい先走った考えが頭の中を駆けめぐります。

出来るだけ母には口から食べてもらいたいので、何とも悩ましいのですが、あれこれ心配だけしていても仕方がありませんね。
気を取り直して、今週はちゃんと食べてくれていることを祈りつつ、何か母が口を開けてくれそうなデザート類でも持ち込んでみようと思います。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。