スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚記念日

先週土曜日は26回目の結婚記念日、箱根に行ってきました。

紅葉の盛りは過ぎていましたが、所々で きれいな景色を楽しむことができました。
個人的には、紅葉は赤・黄・緑のコントラストが好きです。

koyo.jpg

以前テレビ番組で、箱根・大涌谷の熱泥泉で作った真っ黒なゆで玉子を見たのですが、何故か?その黒いゆで玉子がどうしても食べてみたくて(笑)大涌谷まで行ってきました。大涌谷は多分小学校の遠足以来です。

tamago2.jpg

5個入り500円(そして玉子が小さい!)のみを販売していて、高い~と思ったのですが、お店の横でゆで玉子を作っている場面を見て納得しました。
玉子が入った籠を 90度の熱泥泉に入れるのも取り出すのも、泥泉の中に渡り板を引き、移動しながら手作業で行います。
あの泥泉の中に落ちたら・・・危険手当が上乗せされてのお値段だと納得しました~
ちなみに、黒ゆで玉子は、仄かに硫黄の香りがしましたが、普通のゆで玉子でした。。。

私の住む町から箱根はとても近いので、あまり考えたことはなかったのですが、箱根は何処に行っても人・人・そして車の渋滞・・・外国人観光客もかなり多く、日本が誇る観光地の一つなのだと再認識しました。

箱根の強羅花扇で温泉三昧~贅沢をしちゃいました。

hanaogi2.jpg

hanaogi1.jpg

翌日、箱根の帰りに母のホームに行ったところ、母はここ暫く治まっていた歯ぎしりをしていて、目が据わったような、顔も強ばった様子でした。
箱根で遊んできた後だけに、またまた良心が咎めます。
母に「今日は●●ちゃん(夫)と私の結婚記念日なんだよね~」と言ってみましたが、無反応・・・(苦笑)

それでも、いつものマッサージと食事介助をしているうちに、表情が穏やかになって歯ぎしりも止み、、笑顔も出るようになりました。

ご機嫌が直って、ホッと安心・・・充実した週末でした。






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : ひとりごとのようなもの
ジャンル : 日記

縮図

土曜日、母のホームに行ったところ、食堂で看護師さんと介護士さんが母をはさんで話をされていました。

母にまた何か問題が?と思ったところ、前日の金曜日、看護師さんが母の左肩に白い粉のようなものがいっぱい溜まっているのに気がつき、頭を調べたところ頭皮が白い粉をふいたような状態に・・・頭皮も潤いを失って乾燥しているためとのことで直ぐにお薬を塗り込んでくださったようです。

看護師さんのお話では、このような状態では痒みが非常に強いはずだそうですが、今の母は自分から言葉で自分の状態を伝えることはかなり難しいです。
入所者のちょっとした変化を見逃さず、直ぐに対応してくださる看護師さんや介護士さんに感謝です。

いつもどおり、母の顔を拭き、マッサージ&クリームを塗り、爪は綺麗になっていたので耳掃除をし、その後、母と一緒に食堂で昼食を待っているうちに、ユニット内の雰囲気がなんとなくいつもとは違うことに気がつきました。

どうやら、入所者のお1人が朝からご機嫌悪くてお部屋から出ようとせず、いつもはお1人で座って食事を食べることができるのに、その日はベッドに寝たきり、介護士さんが食事を介助しなければならなかったようです。
その方は時々キッチンの洗い物を手伝っていらっしゃるので、しっかりとした方だと思っていたのですが。。。

土日のお昼時間帯は、母のユニットでは介護士さんが一人しかいません。
食事の全介助は今母1人だけですが、見守りや一部介助が必要な方が半数以上です。
介護士さんが個室での食介にかかってしまうと、食堂がスタッフ無人となってしまいます。

何かお手伝いした方が?いやいや素人ができることはないのでは・・・と、私が迷っていたところ、先ほどの看護師さんが、助っ人です~と言いながら食堂にやってこられ、皆さんの様子を見回りはじめました。

暫くすると、以前お話ししたユニットのムードメーカー入所者Fさんが、自分の食事を食べ終えた後に、他の方のところに行き、食事の介助をされはじめました。
Fさんは、お身体が不自由で車椅子ですが、右手1本を使っていつも起用にタオルたたみ等のお手伝いもされています。
また、お茶を飲みのこしている他の入所者の方に、「お茶、ちゃんと飲まないと!」とお説教(笑)

そんないつもと少し違う雰囲気に驚いたのか、いつも「お家に帰りたい」とユニット内を歩き回っている女性が、私のところにやってきて「ねぇ、おねえちゃん、お父さんが迎えに来ないから家に連れて帰ってくれない?」
私「お父さんは今お仕事中ですから、もう少しここで待ちましょう。」と、いつも介護士さん達が話しているとおりに誘導(笑)

面倒見が良い人、お説教もしてくれる人、我が儘になっちゃう人、自分の世界に生きている人等々・・・正に現代社会の縮図です。

食後のシャボン玉は不発でしたorz






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

シャボン玉

この週末は、日曜日に母のところに行ってきました。

実は先週ホームから連絡があり、ここのところ母は発熱しやすいとのこと、37度~38度で、直ぐに下がるのですが、また上がってしまうことの繰り返し。
先週2度、回診の先生にも診ていただき、尿検査もしました。
発熱の原因で一番考えられるのは、発汗しやすいのに水分補給が追いつかないためでは、とのことでした。

介護士さん達のお話では、お茶やスポーツドリンク、紅茶、ジュース等色々な種類の飲み物を母に飲まそうとするのですが、なかなか口を開けてくれないことがあるようです。

日曜日はとりあえず、200ml位の小さなパックでプレーンやレモンの紅茶、ロイヤルミルクティー、ココア、グレープ・桃・オレンジ・リンゴのジュース等各種を買い込み、ホームに持っていきました。
介護士さんが、いろんな種類を試して様子をみてくださるということだったので、母がどんな種類の飲み物が気に入るか、また教えていただくようお願いしてきました。

母は、最初に声をかけても無反応で、持っていったパックの飲み物も何が良い?と聞いても答えなし^^;;;
母が好きだろうと思ったロイヤルミルクティーを試しに飲ませてみたところ、1口飲んで、また直ぐ口を開けました。
やっぱり、ちょっと高くて美味しいのは分かるのですね(笑)
お昼はパン粥で牛乳もたっぷり入っていましたが、更にミルクティー250mlも残さず飲んでくれました。

ロイヤルミルクティーでご機嫌になったのか?食事の途中から言葉が出るようになりました。
食後、母に「シャポン玉やってみようか?」と聞くと「いいよ」と一言。
まずは私が吹いてシャボン玉を作って見せ、その後に母にシャボン玉用ストローを加えさせたところ、ぷぅーと膨らんでシャボン玉ができました!
シャボン玉飛んだ~♪とはいかずに、直ぐに消えてしまいましたが、上出来です。

その後は吹く力が上手く出ませんでしたが、1回でもシャボン玉が出来れば言うことなし。
また来週やってみようと思います。





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

心ほんわか週末の出来事

先週金曜日、私のブログに良く来て下さるうさぎさんとリリーさんにお会いすることができました。

娘さんと2人で東京方面にご旅行に来られたうさぎさんを、最終日に東京駅でリリーさんと一緒にお見送りしました。

うさぎさんとは、認知症に関する掲示板を通じて知り合いましたが、私より遥かに大変な介護生活を送っているにもかかわらず、いつもいつも明るく元気に励ましてくださり、ずーっと勇気づけられてきました。
リリーさんと私は、親の介護、同郷、昔の趣味、今回発覚!?した新たな事実と、様々な共通点があり、リリーさんのブログを拝見する度に私はいつも元気をいただき、また、リリーさんが寄せて下さるコメントにいつも救われた気分になるのです。
そんなお2人と、いつかお会いしたいと思っていましたが、思いがけず早く願いが叶いました。

うさぎさんを見送り、リリーさんとは軽くお食事をして別れましたが、帰る道すがら、心がほんわか~温まる思いでした。

認知症の母の介護、書き出したらいくらでも書けるほど(苦笑)辛い思いがありますが、それでも「親の介護」は自分にとって何か大きな意味があるもの、この経験から何かを学びなさい、という天からの、母からのメッセージだと考えようとしてきました。
今回うさぎさんとリリーさんにお会いし、これからまたお付き合いができることは、私への贈り物のようにも思え、介護に限ったことではありませんが、糧とならない経験はない、とあらためて思っています。

そして、翌土曜日は、職場の後輩の結婚披露宴に出席してきました。

お目出度い席は5年ぶりですが、5年前は40代半ばの友人の結婚式で、波瀾万丈な人生を送ってきた友人の新たな門出に、ホッと安心したことしか記憶にありません(苦笑)

しかし、後輩は27歳、20代の新郎新婦の披露宴は、華やかで賑やかで喜びと笑いにあふれ、思わず微笑んでしまうことばかりでした。

新婦のご両親に限りなく?歳が近い私は、自分の若かりし頃をちょっと思い出しながら、後輩の可愛い花嫁姿、幸せいっぱいの新郎新婦の笑顔を見て、ほのぼのとした気分になりました。


更に、翌日曜日も、ちょっと嬉しいことがありましたので、また明日に・・・>シャボン玉飛んだ?!






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

回想法?

認知症の予防や改善に繋がる方法として「回想法」が、最近何度かテレビ番組で取り上げられていました。

義母も回想法を紹介していたテレビ番組で見たそうで、子供の頃に住んでいた場所を訪ねて行くのは脳に良いのよね、と言い出しました。

これには前振りがありまして(笑)
以前から、義母は千葉県の館山市に行きたいと言っていました。
海軍の軍人だった父親の仕事の関係で、義母は小学校低学年まで千葉県館山市に住んでいたそうで、子供の頃に住んでいた家、通った尋常小学校、遊んだ海の辺りを見に行きたいと、度々話していました。

ということで・・・・・・義母の希望を叶えることと、夫も私も有り余る有給休暇消化のため、週末をはさんで、夫と義母と3人で千葉に行ってきました。

途中、海ほたるからの風景、お天気が良くて気持ち良かったです。

羽田空港に頻繁に離着陸する飛行機を海ほたるから眺めていると、旅心を誘われます。
飛行機に乗って何処かに行きたくなりました。

DSC00222bb.jpg


房総では私の大好きな花、コスモスがまだ咲いていました。

DSC00255aa.jpg


さて、義母の館山市内めぐりですが、滞在したホテルから1人で出かけて行きました。

後で、話を聞いたところ、駅前の観光協会を訪ねて応対してくださった方に自分が何故館山を訪れたかを話し、現地の情報を収集し、地元生まれ地元育ちの年配のタクシーの運転手さんを探して案内をお願いしたそうです。

行きたいと思っていたところは大体廻ることができたわ~と義母はご満悦でした。

82歳とは思えない!?その行動力に驚くと共に、話の長~い義母に対し(苦笑)親切丁寧にご対応下さった方々には、ただただ感謝しています。
他所の土地に1人で出かけていった義母から、いつSOSの携帯が鳴るかと気にしていましたが、親切な皆さんばかりで本当に良かったです。

そして、この義母にはまだ回想法等の心理療法は要らないと実感。
本人が望むことを叶えて上げるのが一番でしょう。
もっとも、息子も嫁もそれなりに忙しいので(笑)そうそう、いつも何でも、は出来ませんけど






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

低気圧のち・・・

台風が近づきつつある土曜日、シャボン玉セットを持参して母のところに行ってきました。

ホームの玄関で、あのお仲間のおじさん(Sさん)にお会いしました。
Sさんは、移転後のホームの近くにお住まいで、いつもバイクで奥様に会いにいらっしゃるので、この風雨の中バイクに乗っていらしたのですか、と驚いてお尋ねしたところ、歩いてきたよ~25分位かかったけど、と!
Sさんは母と一歳違いの方ですが、私よりも遥かにお元気です。

いつも母のユニットに入って行くときは、必ず大きな声で挨拶しながら最初に食堂におじゃましますが、大抵入所者の1人の女性が「いつもご苦労さんです」と声をかけてくださいます。この方は母と同じ歳だそうで、ご本人が以前私に話して下さいました。
この方は母にも「●●ちゃん、良かったね、会いに来てくれて良かったね」と話かけてくださいます。
お身体は少し不自由なのですが、明るくてこのユニットのムードメーカーの入所者Fさんです。

さて、今週の母ですが・・・
私の問いかけにはほどんと答えてくれず、私が吹いたシャボン玉にも無反応、母にシャボン玉のストローを銜えさせようとしたところ、首ふって嫌がられてしまいました。
低気圧の時は、やる気が出なくなり体調不良を訴える人が結構いるそうですが、台風の接近で?母も低気圧の影響を受けたのでしょうか。

その後、昼食を食べるにつれ、少しずつ言葉が出るようになってきましたが、今週は吹き戻しの練習も止めることにしました。
昼食後にSさんが母のユニットに来て下さり、母に声をかけたところ、母は笑って「あぁ」と声を出しました。
先ほどの私に対する態度とは大違い!苦笑するばかりですが、他の人にこのような笑顔を見せることができるのなら、それはとても嬉しいことです。

上手くいくのでは、と期待していたシャボン玉作戦は大失敗に終わりましたが、いつもお元気なSさんに母の笑顔を引き出していただき、私も励まされ、また、Fさんには労っていただき、明るい気持ちのままホームを後にしました。

帰り道にあるJAの農産物直売所では、雨の中収穫祭をやっていました。
農直オタクの私はもちろん野菜を買い込みましたが、オマケでクジを引いたところ、1等で新米3kgいただきました♪





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。