スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ユニットケア移行後(備忘録その2)

3月から新しく始まったユニットケアは、入所者10人で1ユニット(ホーム全体では8ユニット+ショートステイ用に1ユニット)、母がいるユニットの入所者の方々の状態は様々です。
移転前に、各ユニットへは入所者の性別、年齢、状態ともバラバラに、全体的にバランス良く配置させていただくとの説明がホームの方からありましたが、そのとおりで、母のユニットでは、男性2人女性8人、母を含めた73歳の女性が3人で多分一番若く、最年長は93歳の女性です。
自力で問題なく歩ける方1名、介添えして歩行が出来る方が2名、車椅子6名、寝たきりで胃ろうの方が1名で、食事は、全介助が母1人、自力で食事が出来る方が3名、一部介助や見守りが必要な方が5名ですが、この一部介助の方々にかなりの差があります。
スタッフの方が促さないと食べなかったり、気がつくと手で食べていたり、お椀が傾いて中身が床にこぼれているのに気がつかなかったり等々、スタッフの方はあっちこっちと飛び回り本当に大変だなぁ~と母の食介に行く度に思います。

また、ある女性が食事を済ませたもののお茶を残して席を立つと、
「あらら~○○さん、お茶を飲まないとお食事は終わらないですよ、お食事が終わらないでお部屋には戻れませんよね、ほら、皆さんまだお食事中でしょ、(そして小声で)そうは問屋が卸しませんよ~」と、水分摂取にかなり神経を払っているので、笑いながらさりげなく席に連れ戻したり、
いつも「お家に帰りたい」と歩き回っている女性が、食事が終わって「じゃあ私は家に帰らないと」と席を立つと、
「いや~○○さんがいなくなると寂しくなるから、もうちょっとここにいてくれません?そうそう、帰る前にこれ手伝ってくれると助かるわ」と、やはりさりげなく腕を取ってキッチンに連れてきたり、
母の食介をしながら、そんなやりとりに苦笑したり感心したり・・・
もちろん笑って済ませられることの方が少ないと思いますが、新しい形で始まった母と母のご近所の皆さんの生活を垣間見たような気になり、とにかくスタッフの方々が皆明るく対応してくださるだけでも、身内を預けている家族にとっては安心材料の1つとなります。

あのお仲間のおじさんの奥様は、母とは別の階のユニットに入られたので、以前のように毎週お会いすることはなくなったのですが、有り難いことに時々母のいるユニットを訪ねてきて下さいます。
先週もお昼前に来て下さり、「(私がいなかった)先々週よりお母さん顔色が良いね」と、こちらが嬉しくなるようなことを言ってくださいました。

ユニットケアに移行して間もなく3ヶ月が経ちます。
私自身は仕事に追われ、体調を崩し、精神的に落ち込んでいた時でしたが、時は淡々と過ぎていき、
母のホームでは全体的に落ち着いた生活のペースが出来つつあると思いますが、移転後に1つ気に入らないことがあります。
次回はそれについて・・





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

ユニットケア移行後(備忘録その1)

3月1日のホーム引っ越し後、ブログ更新が滞り、母のその後の様子も記録できなかったので、備忘録としてちょっと書いておこうと思います。

引っ越し後間もなく、母の車椅子が新しくなりました。
小柄な母に合わせて椅子の幅が狭くなり体にピッタリです。
また、背もたれとイスの部分は今までのビニールレザーからメッシュのナイロン生地になったので、体がずれ難くなり、傾斜のために脇に当てていた体位変換用パッドも今はほとんど使わなくなりました。
ホームの備品ではなく母専用の車椅子を購入した方が良いかもしれないと思っていましたが、新しい車椅子は母に合っているようなので、暫く様子を見ることにします。

現在の母の部屋です。

haharoom1

ホームで用意してくれたチェストの他にもう1つ簡易チェストを入れ、自宅で母が使っていた椅子を持ち込み、ベッド脇にもサイドチェストを置きました。
壁には、お習字の作品とイベントの時の母の写真が飾ってあります。
写真には写っていませんがサイドチェストには、プリザーブドフラワーが置いてあり、ベッドの反対側、母の目線の高さに、妹の子供達や花などの写真を貼ってあります。
まだ何となく殺風景です。もう少し色のあるお部屋にしたい、和物のタペストリーとかあればいいな~と思っています。

ここ1~2カ月困ったことがあります。母の歯ぎしりです。
母にとって「オムツ替え」は一番嫌なことで、そのストレスからでしょう、オムツ替えの後に歯ぎしりするようになってしまいました。
私が母に会いに行くのは午前中のオムツ替えが終わった後で、毎回ではありませんが「ギリギリ」している事が多いです。
母に「歯痛くない?」「歯が折れちゃうから」と言っても無視・・・と言うか、歯ぎしりは無意識にやっているので、母は何を言われているのか分からないのでしょう。
昼食の介助をし、とりとめもない話をしていると大抵はいつのまにか歯ぎしりは治まりますが、ご機嫌の悪い時には私が帰るまでずーっと止まらないこともあります。
ホームの看護師さんから、前から歯ぎしりの癖がありましたか?と聞かれましたが、以前からしていた訳ではありません。
歯医者さんによる口腔ケアも定期的にお願いしていますが、このまま歯ぎしりが止まらないと、歯がボロボロになってしまうかもしれません。歯医者さんに相談してみようと思っています。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

ボチボチと

またしばらく間があいてしまいました。皆さんのところにもすっかりご無沙汰しています。

4月にひいた風邪の治りが悪く、GW頃になってやっと咳が治まりました。体が丈夫なだけが取り柄の私には珍しいことです。
また、この歳で「5月病」というわけではないでしょうが、先月来訳もなくどうにも気分が鬱々として何事にもやる気が起きず、表面上はいつもどおり仕事と家事を淡々とこなし、母のところにも変わらずに通ってはいたのですが、時々衝動的に、全てを投げ出したい、ひきこもりたい、なんて思ったり、妙に全てが空しくなり孤独感や焦りを感じたり・・・不安定な日々が続いていました。

考えてみれば、とても我が儘な話です。
母を自宅で介護していた頃は、常に時間に追われて全てが精神的にも肉体的にもギリギリの生活、1週間先のことを考えることさえままならなかったのに、今は自分のために自由に時間が使えるようになったのですから、こんなことを言っては申し訳ない、罰が当たりますね・・・

そんなこんなで悶々とした日が続いていたのですが、初夏らしい日が続き、新緑や周りの花々を愛でる余裕が出てきて、やっと気持ちが前向きになってきました。

母の日に、プリザーブドフラワーのカーネーションを母のところに持っていきました。
母はご機嫌がイマイチで、お花には見向きもしませんでしたが(苦笑)、こんなことにめげてはいられませんね。
またボチボチとやっていきますので、宜しくお願いします。


hahanohi



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。