スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お買い物ツアー

運動会に続き、今度は「買い物ツアー」のお知らせが、ホームから送られてきました。
施設から車で10分位のところにあるショッピングセンター(といっても、スーパーマーケット、100円ショップや雑貨のお店等数店舗の規模なのですが)にお買い物に出かけるようです。
希望する家族は現地で合流して一緒にどうぞ、ということなので、平日の午前中なのですが、とにかくホームのイベントは一通り参加してみたいし、休暇も余っているし、ということで来週6日に行ってこようと思います。

母は1年前の11月7日にショートステイ先から入院、転院、そして今のホームに入所しましたので、町の空気に触れるのはちょうど1年ぶりとなります。
お店に並べられた商品に反応するか、何か買いたいと言い出すか、母の反応はどうだろうかと、楽しみでもあり、そして、当然ですが、少しでも体調が悪ければ外出中止になるので、元気に出かけられるよう願っています。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

お洒落を忘れずに

朝晩だいぶ冷え込むようになり、セーターやジャケットもウールものの出番となりましたね。

ここでも何度か書きましたが、母は小柄でとても痩せている上に、身体にピッタリした服が好きでした。
認知症がかなり進んでも、ふんわり大きな服は「ブカブカ~」と嫌がっていました。
なので、昨年自宅にいた頃に着ていたセーターやカーディガンは子供服のようなサイズです。
自分自身で着られる時は良かったのですが、今はホームで着替えもスタッフの方にお任せです。
もう少しゆとりのある服でないと着せる方も大変と思い、日曜日に母の服を買いに出かけました。

ラッキーなことに、クライマックスシリーズでの巨人軍優勝(すみません、野球に詳しくないので間違っているかも)セールを市内のイトーヨーカドーでやっていました。衣料は1割・2割引きです♪

ホームの入所者の方々の服装は様々で、ブラウスやシャツとズボンといった普段着の方も、そして、スウェットの上下を着た方も沢山いらっしゃいます。
しかし、母は元々洋服を買うのが大好きで、それなりにこだわりを持っていましたので、殆ど外出はなく、ホームの中だけで生活するようになった今でも、「寝間着起き間着」みたいな格好は、させたくないと思います。

今となっては、母が自分の服をどの程度認識しているのか分かりませんし、ホームのスタッフの方々にしてみれば、スウェット上下の方が着せやすく取り扱いがし易いかもしれません。
私の自己満足だけ、と言われればそうかもしれませんが、母には出来るだけ綺麗な色の、少し流行も取り入れたお洒落な服を着てほしいのです。
ホームから、扱いにくいので楽な服装に、と言われればそれに従いますが(そういうことはまず言わない施設だと思いますが)、それまでは、出来るだけ母にもお洒落をさせたいと思います。

ということで、とりあえず、落ち着いた紫色の七分袖のケープ式カーデガン、アーガイル模様が入った明るい小豆色のセーター、グレーのレッグウォーマー等々数点買ってきました。
ズボンだけは、オムツのこともあるので、総ゴムの大きめのスラックスですが・・・

私も母譲りで、洋服を見るのは大好きです。自分の冬物も買いたくなりました





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

特養ホームの運動会

この2週間、怒涛のように押し寄せる仕事の大波と格闘していました~
仕事の8割以上はPCを使うため、休日出勤や残業の長時間労働で眼精疲労・頭痛に悩まされ・・・ブログの世界ともすっかりご無沙汰してしまいました。
少し仕事が落ち着いてきましたので、また宜しくお願いします♪

そんな中、先の三連休に行われた母のホームでの運動会には、何とか参加してきました。
時機を逸してしまった感じですが・・・まずは運動会のご報告を。

ホーム隣接のグラウンドで行われた運動会は、入所者の6-7割が参加、赤組と白組に分けられ、頭には紅白のハチマキ、腕には応援用のボンボンをはめて入場してきました。入場といっても、ほとんどが車椅子の方でスタッフに連れてこられるので、入場行進?には結構時間がかかり、最初の方に連れてこられたおばあちゃんは、待つのに飽きてしまったのか、自分で車椅子を動かして退場・・・なんて、ご愛敬?の場面もありました

開会宣言の後、昨年の優勝者(白組)の優勝カップ返還や選手宣誓が、スタッフの介助はあるものの入所者の方々で行われ、なかなか本格的です。驚いたことに、運動会は、このホームの開設以来毎年行われているそうです。

競技ですが、オモチャの刀での風船割り競争、仮装競争、パン食い(掴み)競争が、入所者参加で、
飴探し競争と一輪運搬車でのボール運び競争が、スタッフと入所者家族参加で行われました。
競争と言っても、スタートからゴールまで10m程、車椅子の方も歩ける方も全員スタッフが付き添って行われ、訳が分からない~といった感じの方もいらっしゃいましたが、本気になって風船を割ったり、袋のままぶら下げられたパンは手で取っても良いのですが、昔ながらのパン食い競争のように、口でパンを加えようと必死になったり、スタッフを一生懸命応援したり・・・といろんな入所者のお姿を拝見して、微笑ましくもあり、またちょっと感動的でもありました。

紅組の母は、最初は状況が分からず表情も硬かったのですが、周りで歓声が上がるので、つられて段々笑うようになり、言葉も出るようになってきました。
状況が理解できなくても、何か周りで楽しいことが起こっている、皆が笑っている、そう感じられるようにすることがやはりとても大切なのだなぁ~とまたまた納得です。

母は最後のパン食い(掴み)競争に参加しました。妹が母に付き添って車椅子を押し、私はゴール側でカメラ構えていました(笑)
スタートラインに立ったとき、妹が母に「頑張って早く動くよ~パン取るんだよ!」と声をかけたら、母は「お~」と・・・「えいえいおう」という掛け声の代わりでしょうか(笑)
競争で取ったメロンパンを母はずーっと握りしめていました

運動会1

運動会は母の紅組の勝利でした
そして、表彰式で突然母の名前を呼ばれてビックリ!「新人賞」をいただきました。
新しい入所者の方が毎年いただけるのでしょうが、参加した家族としても嬉しいものです。
賞品はバスタオル、参加した家族への参加賞は、キッチンペーパーやスポンジ・洗剤等のセット商品、実用的でなかなかGoodな選択です。

企画・準備の段階から最後の片づけまで、通常の介護の仕事と平行して行わなければならず、スタッフの方々は本当に本当に大変だったと思いますが、それを感じさせないよう場を盛り上げ、参加者を励まし、笑いを誘い、皆に楽しんでもらいたい、という気持ちが、こちらにも強く伝わってきました。
私達家族も楽しんで参加することができました。感謝です。
undokai2.jpg





にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

合いの手?相槌?

現在の母のコミュニケーション能力ですが、
自分が嫌なことは、首を振る、コワイ又は嫌と言う言葉等で意思表示ができます。
ホーム入所時は、何か聞かれてもほとんど黙っていましたが、最近は「分からない」「どっちでもいい」と言葉が出るようになりました。
特に「分からない」は良く言います。
これは母自身が聞かれている内容が分からないのか、自分の答えが分からない(言葉が見つからないのか、状態が分からないのか)のか、その判断に結構迷います。
最高に調子の良いときは、例えば、紅茶はミルク?レモン?と聞かれ、ミルクと答えられることがあります。
意味が良く分からないながらも、自分から話し出すこともあり、また、唐突に何か思い出したように単語が出てくることあります。

母に会いに行くと、どうしても、私が一方的に喋るような感じになってしまいますが、最近、言葉が出てくるようになったので、上手いタイミングで合いの手?が入ります。

食介をしながら、
私「このおかず、もうちょっとお汁が少ない方が食べやすいよね」母「そうそう」
私「もっとお茶を飲まないと、干からびてミイラになっちゃうよ」母「そうそう」
私「今日はあのおじさん(例のお仲間のおじさん)が来ていないから静かだね」母「そうそう」等々
この週末、母「そうそう」の連発でした。

そして、極めつけが・・・
私「あのね~時々、●●のお義母さん(●●は私の結婚後の名字で、義母のことは昔から母とこう呼んでいます)と一緒に出かけると疲れちゃうことがあるのよね」母「私も」
あまりのタイミングの良さに、苦笑です

母の合いの手?相槌?なかなか楽しいです



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

お出かけ延期

母が音楽に対して良い反応を示し、また、食事量も増えてだいぶ体つきがしっかりしてきたので、日によって状態が異なる身体の傾斜がない時であれば、数時間程度の外出は可能ではないかと、しばらく前から妹と話していました。
そして、例年市内で秋に開催される邦楽の演奏会があるので、妹と2人で母をこれに連れていこうかと考えていました。

が・・・新型インフルエンザの感染者数拡大が収まりません。
邦楽演奏会は10月後半にあるのですが、私の住む市でも小・中学校で一部学級閉鎖が出ているそうです。
この時期に人が集まるところに母を連れていき、万が一感染した状態でホームに戻ったら大変なことになると思い、外出は当分見送ることにしました。
母の食介のとき、「沢山食べて元気になればお出かけができるから」と言うと、母はとても嬉しそうに頷いていたので、残念ですが、仕方がありません。
来年暖かくなってお花が綺麗に咲く頃にお出かけ、を次の目標にしたいと思います。

話変わって・・・ホームより、10月10日に運動会を催しますので、是非ご参加下さい、とのお知らせがきました。
はて、特養ホームでの運動会?・・・どんなことをするのだろう、入所者の方が参加できるようなプログラムがあるのかしら、と興味津々です。もちろん、参加して様子をまたご報告します。






にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。