スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

嘘つきは泥棒・・・

昨日は母の病院で病棟別のお誕生日会がありました。母は1月生まれなので、主役の一人です。

食事の時と同じように車椅子で動ける患者さんがデイルームに集められ、68歳から91歳まで主役6人が皆さんの前に並んで祝ってもらいました。
母はプレゼントをいただくときには小声で「ありがとうございます」と言い、Happy Birthdayの歌も時々一緒に口ずさんでいて、少し離れたところで様子を見ていた私は嬉しかったです。
諺かるた取り(母が取ったカードは何と!「憎まれっ子世に憚る」でした)をし、おやつを食べてお誕生日会は終わり、母と病室に戻りました。

ふと見ると母のズボンが汚れています。オムツからウン漏れがあったので、ヘルパーさんにオムツ交換をお願いしました。
母は、オムツ交換が大嫌いで、日によってはすんなりと行えることもありますが、抵抗が激しかったり、交換後に不機嫌、不穏になったりすることもあります。昨日は、まさに「ダメ」な日でした。

交換後、「もうイヤだ」「怖い」を繰り返し、その後「一緒に帰るって言ったのに」と私の手を力一杯掴んで放さなくなりました。
私はいつも病院から帰るとき、母に「先生の言うとおりに訓練して、頑張って早く元気になって、一緒にお家に帰ろうね」と必ず言っています。
母は大抵うなずいたり、手を振ってくれていましたが、昨日は「誰かが私を捨てにきた」「一緒に帰るって言ったのに」を繰り返し、折れそうなほど細い母のどこにこんな力があるのかというほどの強さで私の手やセーターを掴むばかりです

しばらくすると、母は「それじゃあ泥棒だ」と言い出しました。
おそらく母の頭の中では、「一緒に家に帰ろうって言ったのに今一緒に帰れないなんて → 嘘つき → 嘘つきは泥棒のはじまり → 泥棒・・・」ということで、私は泥棒になったのだと思います。

お誕生日会で少し嬉しそうな顔を見せていた母ですが、まるで無かったことのようになってしまいました。
母に「泥棒(=嘘つき)」と言われ、かなりこたえました・・・仕方がないですが。。。


にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

心因性

先日、転院後、初めて母のバルーンカテーテル(膀胱留置用カテーテル)が抜かれました。
ヘルパーさんに頻繁にトイレに連れて行ってもらったものの、母は排泄ができませんでした。私も一緒にトイレに付いていきましたが、やはりダメでした。

初日1日尿が出ず、夜間再びバルーンカテーテルを入れられた母は、その際、大暴れだったそうですが、そうでしょう本人は状況が理解できず、何されるか分かっていないのですから、怖くて暴れたのだと思います。

2日目やはり全く尿が出ず、看護師さんから、このままでは危険なのでまたバルーンカテーテルを入れること、抜き・入れが母にとって非常にストレスになりかえって良くないので、また暫く入れたままの状態で様子を見ます、との説明がありました。昼間はトイレで、人手がなくなる夜間のみオムツでいければ理想なのですが、とも・・・

その後先生から、自力で排尿できないのは心因性のものと思われるので、また気長に様子を見ながら、バルーンカテーテルを抜くことを試してみる、とのお話がありました。

バルーンカテーテルは尿路感染を起こしやすく、母は既に転院1週間前に一度尿路感染で発熱しています。今の病院は管理がよく行き届いているので、感染するような状態前に定期的に交換してくれるとは思いますが、心配です。

腎機能の問題ではなく、心因性なのであれば、今の病院に慣れ、精神的に安定し、リハビリをして歩けるようになって・・・と良い方向に進めば、また自力で排尿できるようになるのでしょうか。

心因性・・・想像ですが、最初に救急搬送された病院で、母がトイレに行きたいと言ったとき、看護師さんから「オムツの中で」と言われたそうで、そのことが引き金になっているのかもしれない、と思います。その後全く尿が出なくなってバルーンカテーテルの挿入となり現在に至っているので・・・かなり進んだ認知症であってもトイレだけは自力で出来ていた母にとって、「オムツの中で」は相当なショックで、我慢しているうちに出なくなり、感覚も分からなくなり・・・なのかと思っています。

以前、絵莉さんから、これが認知症の現実なんだな・・・とのコメントをいただきましたが、まさにそのとおり。悔しいです。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

ささやかな喜びを

2009年、嬉しいこと・喜べることが少しでも多くありますように・・・今年もよろしくお願いいたします!

お正月、母宛に数は少ないですが年賀状が届きました。母の病気・事情が分かっている方からはもちろんですが、そうでない方からも・・・母のことを覚えていてくださるだけでも有難いと感じます。

以前書きましたが、母のことを気にかけて今でも定期的に電話下さる母の学生時代からの友人I子ちゃんからもピンク色の可愛い年賀状をいただき、早速母に見せに病院に持っていきました。

母は昨年からほとんど字が書けなくなっていましたが、読むことはまだ出来ます(というか、出来ることが今回あらためて分かってちょっと嬉しかったです)。母は、送ってくださった方の名前を読んでみたり、(銀行等からのお知らせはがきのように)四隅から剥がそうとしたり・・・何なんでしょうね・・・そして、I子ちゃんからの年賀状をずーっと握っていました。

新しい年を迎えるにあたり、母のことを考えると不安で落ち着かない気分の私でしたが、母が穏やかに年賀状を嬉しそうに見ている様子を目にしてとても嬉しく、これが私へのお年玉かな~と。

今までも心がけてきたつもりですが・・・小さなことにも喜びを感じて、心穏やかに、できれば笑って楽しく(欲張り過ぎ?)また一年頑張りたいと思います♪



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。