スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

誤嚥性肺炎

母が誤嚥性肺炎により急遽入院となりました。

お年寄り、認知症患者が誤嚥性肺炎を起こしやすいことは知っていましたが、母の場合、食事の際の飲み込みが悪い、よくむせる等の症状はなく、また、歯の状態が良くないため定期的に歯医者さんで口腔ケアをしてもらっていましたので、驚きと共にショックです
もうそこまで衰えていたのか?口腔ケアが足りないのか?母にとって何かが悪かったためなのか・・・

母はショートステイ先で具合が悪くなり、そのまま救急車で病院に搬送されましたが、大変な興奮状態!
私が仕事先から病院に駆けつける迄の間に既に検査等は終わっていましたが、採血は4人がかりで担当の先生は、説明の際「ここ(手首)、爪でひっかかれちゃいました」と苦笑されてました

私が病室に行ったときには、点滴の針を抜いてしまうため、手は大きなミトン状の手袋がかぶせられていて、看護婦さんから、即、拘束に関する同意書の署名を求められました。母は「何にもしていないのに・・・」と言いながら一生懸命ミトンを外そうとしていました。
あんな大きなミトンをかぶせられたら、私達だってうっとおしくて不快、外したくなりますから、母が嫌がるのは当たり前です。本当に可哀想なのですが、しかし、点滴の針を抜いてしまっては母にとって危険なので、仕方がありません。
介護ではなく医療の場では、拘束もやむを得ないことを実感しました。
落ち着いて針さえ抜かないでいてくれれば、ミトンは外してあげられるのですが。

今の時点では入院がどの程度の期間になるのか未定ですが、拘束、紙オムツ状態が、認知症の母に悪影響を及ぼすことは間違いありません。
一昨日までは一日中母のトイレ対策を考えていましたが(苦笑)、事態は急転。
今は退院後の母の状態が分からないことで、何も考えられなくなってしまいました。
この機会にベッドに変えてしまおう(母は今までずーっとお布団派でした)ぐらいしか思いつきません。
とにかく、できるだけ頻繁に母に会いに行くこと、変わらずに早く家に帰ってこられるよう願うこと、今はそれだけかな・・・




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。


スポンサーサイト

テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

いたちごっこ?

7日ぶりにまた「トイレ外」です
今朝、玄関のところで、んん?と若干の異臭を察知したものの、気のせい?まずは先に新聞を取りに行こうとスリッパを脱いで一歩踏み出した途端・・・今、足で踏んだ上がり框の部分が濡れている
 
我が家は玄関のすぐ横に母の使用するトイレがあり、夜間は分かりやすいように周りの電気はつけっぱなし、トイレのドアは開けておくのですが、トイレをスルーし、玄関の上がり框まで行ってしまいましたうーん・・・予想外の展開、新たな「現場」です。
母は、洋式トイレよりも和式を使用していた期間が圧倒的に長いので、段々、洋式を「トイレ」と思わなくなってきたのかも知れません。

今日から母はショートステイです。週末にかけて自由な時間があるので、皆さまからいただいたアドバイスをもとに、また対策を考えてみます。



にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。


テーマ : 認知症の介護
ジャンル : 福祉・ボランティア

厳しい・・・

先週はなかなか厳しい日々でした~
ある朝、母の様子を見に行ってみると異臭が・・・また、その手の話ですみません

まず母の部屋に置いてあるゴミ箱の中に小、そしてリビングで金魚飼っているのですが、金魚の水替え用に置いてあるバケツに小&大、そして更にトイレにもちゃんと行った形跡があり・・・前の晩寝る前にトイレ誘導したのですが、母にしては珍しく回数が多くその点にも驚きましたが、特に体調不良というわけではなさそうです。
そして、その夜仕事から帰ってきてみると、やはり異臭が・・・今度の現場は台所の片隅でした。

その後も何回か、トイレ外での用足しの日がありまして・・・去年の秋からアチコチに貼ってあるトイレを示した張り紙はもう目に入らないようで、母は夜だけでなく昼間でもトイレが分からなくなってしまうことが増えたみたいです。
とりあえず、母の部屋のゴミ箱、その他「入れ物」らしきものは撤去し、危ない!?と思われる場所にはペット用トイレシートを敷いてみました。

トイレ誘導をきちんとすることはもちろんですが、24時間母に張り付いているわけにはいかず、母の部屋にポータブルトイレを置くことをケアマネさんに早速相談しましたところ、部屋のトイレをトイレとして認識できるなら置いた方が良いけれどその辺どうかしら?とケアマネさんは仰います。うーん。
とても有り難いことに「認知症ネット」掲示板で、いろんな方からアドバイスをいただくことができました。
この週末は、トイレ誘導(ちょっとしつこすぎたのか!?母、時々お怒りモードでした)&母への張り付きで、何とか「トイレ外」を阻止できましたが、またいろいろ対策を考えてみるつもりです。

それにしても、もっと大変な介護をされている方がたくさんいらっしゃることは重々承知で、弱音を吐くのは憚られますが・・・
朝食前と夕食前の1日2回、臭いのキツイあと始末はなかなか厳しいですぅ
何だか自分の周りがいつまでもどこにいても臭っている感じがしていて・・・
そのうち慣れるのかなぁ~って、それはそれで自分が怖いですが・・・




にほんブログ村 介護ブログ 認知症へ
FC2 Blog Ranking
↑励みになりますので、クリック宜しくお願いいたします。


プロフィール

翡翠

Author:翡翠
翡翠(かわせみ)のおばさん
6年余り、アルツハイマー型認知症の実母(要介護4、2009年で72歳)を自宅で介護。
2009年6月、母は特別養護老人ホームに入所。新たなステージの介護に突入しました。
2010年7月、要介護5に。
共働きの夫あり、姑(2009年81才)も同居。子供なし。

好き:
フィッシュ&バードウォッチング、ウォーキング、赤ワイン、食べる、サッカー観戦、旅行

最新記事
最近のコメント
月別アーカイブ
カテゴリー
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。